日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月07日 (金) | 編集 |
火曜日から急に風邪引いて、水曜の夜まで寝込んでました…冬木です。
しかし、今はすでに回復してます。急な体調不良だったんで、仕事を休みました。

まぁ、それはさておき先日も記事に書いた
『バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション』
キャンペーンモード(ストーリーモード)の方をクリアしました。

というわけで、色々と雑談を交えつつ、感想を述べてみようかなと思います。
ネタバレあるので閲覧は自己責任でお願いします!



本編は12の大きなチャプターに分かれて、外国のドラマ風みたいな感じ。
日本語音声にしてると吹き替えドラマっぽくなるね。
各チャプターの最初には、その前のあらすじ動画が見れるところとかもそれっぽい。

で、話は以前にも話した通り、クイーン・ゼノビアという大型客船という閉鎖空間内で展開していきます。
開始時点ですでにウイルスがばら撒かれてるから、もはや中は地獄の巣窟だぜぇ!
基本の操作キャラはジルだけど、細かいシーンによってはサブストーリーとして違う舞台でクリスや他のキャラクターを操作する場面がある感じで、それぞれをよく考えながらやってると伏線とか、おかしな点を色々と感じてくる。

プレイ中、色々と印象に残ったシーンや敵などのお話

クリーチャー編

・VSメーデーさん
以前にも書いた通り、メーデーさんは外せない。というか、この人、本当に今作一のトラウマメイカー&嫌な敵No1だった。
感染した通信兵長の呟く言葉もそうなんだけど…常に遠くから聞こえて、近づいてくるチェーンソーの音がかなり耳に残る。しかも、メーデーさん動き早いんだよ…。
気づけばもう傍に来てるとか多いし。
ちなみに、ボスとして以外にも何度か登場します。(そちらは言葉は喋らないけども)

・ファルファレロ
一応、分類としては雑魚クリーチャーなんだけども、ハンターの改良種ということで姿が見えなくなる、というステルス機能持ちの厄介な奴。
よく見れば空間が揺らいでたり、時折、姿を見せたり、攻撃前は必ず姿を現すのだけど…ハンター特有の素早さと攻撃力、あと群れを成して襲い掛かられた時の厄介さは恐ろしい。
唯一、助かるのはハンターと違って即死攻撃持ちじゃないこと。
さすがにステルス機能持ちで、即死攻撃持ちだったら

・ウォールブリスター
UE版で追加されたクリーチャー。外見はなんだろ、これ…カエル…?
耐久力はないけど、即死攻撃持ち。初見でちょっと油断した瞬間に食らった。
ジルの体をまるで雑巾のごとく絞って、上半身と下半身が180度回転させられたぜ…
衝撃映像過ぎたわ、さすがに。
とりあえず落ち着いて対処。

・アビス完全体
今作のラスボス。タイラントくらいの大きさで、顔のところに大きな眼球がある。
これが光ると姿を消した後に一瞬にして目の前に現れたり、幻影を出現させてきたりするので慣れるまでかなり厄介。
あと全3段階あって、それぞれで行動パターンも変わる。
何回かリトライしながらやってたけど、ちょっときつくなったので3段階目でもうロケランを使って倒した俺。
が……この後、攻略サイトを見てとんでもないことを知る。

UE版では、ロケランは全周回を通して1回しか入手できず、周回プレイ(難易度を変えても)二度と手に入らない

なん…だと…!?
ま、まぁ……もうそこは使った後だから、しょうがない…なんとかするしかない。
ということで。


シーンで印象に残ったのは、真相が明かされるシーンなどはけっこう印象に残った。
とあるデータがBSAA代表の元に送信される途中で止まったのが、シーンが暗転する直前に再開してたり
一部のキャラクターの行動がなにやらおかしいと感じさせるところなど。
あとはパーカー関係。
特に最後、爆発する船(もう施設爆発とかは定番だね!)から負傷したパーカーを抱えて脱出するのだけど、途中の非常通路で通路が落ちて、パーカーが爆発の中に落ちていった時は
「パァァァァァカァァァァァァッ!?」ってなった。

でも、その後、ちゃっかり落下しただけで生きてて、かつての仲間に救い出されて、生還してたw
嬉しかったけどね!

というか……これ、考えてみるとバイオシリーズとしては珍しく、ほとんどの主要キャラクターが生き残ってる。
名前ありのキャラで生き残ってないのは、レイチェルとラスボス化したジャック・ノーマンくらいか。

で、エンディングの最後は各キャラクターのその後みたいな感じだけど
ジルとクリスのが、5におけるスペンサー邸前のシーンで終わって、「この後に待ち受ける運命を、まだ知らない…」って出た瞬間に、5に繋がることが強く意識されてて、おー、いいなぁってなった。


という感じで、ひとまずバイオハザード リベレーションズUEはキャンペーンモードは無事に終わり。
でも、まだレイドモードが全然残ってるのでそちらを頑張っていきたいと思います。
というわけで皆さんご一緒に

メェェェェェデエェェェエェェェエェ……
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。