日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月13日 (土) | 編集 |
明日休みだったのに、出勤してくれと言われたの……そう、俺だ!
まぁ、その代わり、月曜日にお休みを頂けましたが。

で、それは置いといて、最近読んだ本のご紹介です。


・確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム
(2011/08/31)
神永 学

商品詳細を見る


「心霊探偵 八雲」シリーズでお馴染みの神永学先生の作品です。
警察で新しく設立された「捜査一課特殊取調対策班」の面々が、一つの事件を別の角度から、数学的なアプローチで謎を解決していこうとする。最初、短編と思いきや、この一冊で起こることは全部繋がりがありました。
あんまり数学は得意じゃないんですが、御子柴の数学的見解はわかりやすかったですし、普通の取り調べとはまた違う数学的な見方、心理学などは面白いなと思いつつ読んでみました。
一方で、力づくや無理矢理に供述させた取り調べの危険さ、痴漢冤罪(実際、冤罪は痴漢に限らないだろう)によって人生がどうなってしまうのか、といった面も見せてくれる作品でもあった。

あと、この作品は八雲と世界観が繋がっており、1シーンだけ八雲と晴香、そして石井さんの3人が特別出演している。
御子柴は八雲が通う大学の教授。あと、八雲と御子柴先生はチェス仲間。
この設定を受けて、漫画版の八雲では9巻に御子柴先生が数コマだけ特別出演しておりまする!


・ゴーストハント3 乙女ノ祈リ

ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)
(2011/03/18)
小野 不由美

商品詳細を見る


ようやっと買って読みました…ゴーストハントの3巻。ペース遅すぎだなぁ。
で、3巻目の今回はスプーン曲げなどで有名なユリ・ゲラーに感化されたゲラリーニとか、怪談・呪いなどゴーストハントらしい単語の数々が出てきて、今回も面白かった。
中盤以降、主人公の麻衣やナルも呪いの対象となって幽霊が目の前に現れた時とかは、けっこうホラーな雰囲気が満載でよかったよ。
このシリーズもそろそろ全巻しっかりと読み切りたいものです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。