日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月28日 (金) | 編集 |
発売しました、『SDガンダム Gジェネレーション オーバーワールド』
久々に発売前からすごく期待させてもらった作品です。

購入して、序盤をある程度プレイしたので軽く感想などを。
以下、追記よりどうぞ。

まず、戦闘システムはいつも通り、とても安定しています。
油断すれば、どんな強い機体でもあっさり落とされる危険性があります。

さらに最近のシリーズで恒例のジェネレーションブレイクのシステムも健在。
ここは大きく様変わりしたところはなく、今まで通りでとっつきやすいですね。
けど、一つ大きく追加されたのは新システム『オーバーインパクト』

これを発生させると味方ゲストユニット(そのステージで最初から配置されてる、能力など固定のユニット)が、全員、敵勢力に回ります。
同時に、このオーバーインパクトこそが今回のストーリーに関わっているようです。
けど、これはうまく使うこともできます。

たまに一部のユニットは戦艦搭載機扱いなので…その戦艦を落とせば、その機体を捕獲できる、のです。
これで作るのも大変なガンダム系の機体の一部を手に入れることもできるほどです。


あと、今回からマスターユニットにはマスタースキルなるものが付加されてます。
(ゲーム開始時に選んだ原作キャラは、最初から4つのマスタースキルを覚えてます。それ以外は1つで、だんだん覚えていく感じ。ちなみに俺は、最初に選んだのはおとめ座こと、グラハム・エーカーです)
けど、このマスタースキル、今までなかっただけにあんまり意識してないので…けっこう使い忘れてます(汗)


機体数はちゃんと700オーバーでした。
ちなみに皆の(叩く意味合いで)話題のガンダムAGEは、参戦枠は第一世代と第二世代からアセムのみ、のようです。
各作品のMSV関連も…そこまで数は多くなさそう、かも。
これはもう少し進めてみないとわかりませんね。

あと一部機体は前作ワールドなどから修正されたり、戦闘デモに新規に作り直された感じのもありました。



ひとまずそんな感じのGジェネオーバーワールド、どんな結末が待ちうけてるのか、楽しみです。
あとマスターフェニックスの活躍もな!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。