日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月06日 (月) | 編集 |
諸事情で見ることができなかった『UN-GO』のTV放映版ラストと、劇場版『因果論』をようやく見ることができました。
一応、因果論の方は小説は読んだから内容自体は知ってるけど、やっぱり映像作品としても見たかったからね。

ひとまずTV放映だけを見てるとわからない部分(主に因果論の内容)があるのは確かだけども
全体的にまとまってた良作だと個人的には思いましたよ。
因果と別天王の決着もつけられてますし、探偵物っぽくこれからも真実を追い求めることを決める新十郎とか。

ただ、ラスト3話は別天王の力を使った犯人による入れ替わりトリックとか
様々な人の思惑が折り重なって、なかなか難解な内容でしたね。
…犯人の動機が1番わかりやすかったけどもね!

因果論はやっぱり細部が違う感じに。
さすがにミダマを抜きとられるシーンは全然違いましたね。
でも50分という中でしっかりと一つの物語をやったと思います。
(※一瞬、同じ50分の鴨川デイズも……とか思ったが、ベクトルが違うので比べちゃいけねぇな)


たぶん賛否両論の強い作品(…というかどの作品もそうだと思うけど)ですが、俺個人としてはとても楽しめた作品でした。
漫画版は…読むかどうかは考えておく。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。