日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月28日 (木) | 編集 |
さて、読み終わりましたので記事を書かせてもらおうと思います。
RPF(Role Playing Fiction)というジャンルですが…内容的にカテゴリはTRPGに分けさせてもらってます。

で、その本はこちら


RPF レッドドラゴン 1 第一夜 還り人の島 (星海社FICTIONS)RPF レッドドラゴン 1 第一夜 還り人の島 (星海社FICTIONS)
(2012/06/15)
三田 誠、虚淵 玄 他

商品詳細を見る


Web上で展開されてるもの…なのですが、俺はそちらは見たことがありません。
あ、オープン前のサイトは見たかも。

で、著者、参加者はとても豪華です。
彼らが織りなす物語…わくわくしながら読ませてもらいました。面白かったです。

以下、ネタバレと言うかそんな感じのを含む紹介なので一応、伏せておきます。


・FM(Fiction Master)……三田誠
いわゆるGMですね。
確かFEARの方でも少し関わったりしてたのと、色々な作品を書いてますので文章などはとても安定。
そして、なかなかに序盤からすごい展開を見せてくれてます。

・婁震戒(ロー・チェンシー)……虚淵玄
奈須きのこ曰く、歩くキラーマシーンこと、虚淵玄。
七殺天凌という、意志ある剣(ただし、その声は婁のみに聞こえる)を持つ暗殺者風のキャラクター。
虚淵という人物っぽさが出てる気がするキャラクターです。
合流シーンでいきなりの変化球、その後も表面上は普通に振る舞いつつ、その奥底で他の者を探ったり、はたまた策を使い単独行動を行ったり。

(※ちなみに、他キャラクターもそうだが、PCたちはある目的のために、あくまで表面上の協力関係を築いているにすぎない、が現状)

・スアロー・クラツヴァーリ……奈須きのこ
今回のムードメーカー担当(と個人的に思ってる)。
使った物はすぐに壊れてしまう「粉砕」の呪いにかかってる黒竜騎士スアロー。
粉砕の呪いに加え、序盤で黒竜との契約により、一度に出せるダメージはPC中最高と思われる。
(ただし、今回でその真価を発揮する場面は実践では見られない)
そんな境遇でありながら、底抜けの明るさとクズっぷりを見せてくれるので、かなり面白いキャラクター。
それでいて、奈須らしく…人として、どことなく欠落した部分を持たせてるのも特徴。
あと、万能メイドのメリルさん。メリルさん、まじ万能。

・エィハ……紅玉いづき
魔物と一本のへその緒的な蔦で繋がってる「つながれもの」。
序盤で早速、悲惨な目にあっています。
後述する忌ブキや、革命軍以外の人にはあんまり交流を持とうとしない感じが出てるのがいい。
あと中盤の戦闘で大活躍。
敵が可哀想に思えてくるほどの大活躍。


・忌ブキ……しまどりる
物語の舞台となる島、ニル・カムイに昔から存在してると言われる皇統種(特徴として角がある)の少年。
作中、一番純粋な感じがするキャラクター。されど…このメンバーでそれが吉と出るか、凶と出るか。
その辺りも楽しみな次第であります。
なお、プレイヤーのしまどりるさんは本作のイラストも担当して、いい絵を添えてくれてます。

・???……成田良悟
この人については今回は秘密。これは実際に読んでもらったほうがいいと思う。


物語の内容については第一巻だけあって本当に序盤とも言えるところまで。
それぞれのオープニングから始まって…
狂ったと言われる「赤い竜」を追う、三つの勢力の混成チームとして行動するPCたちの合流。
道中で起こる様々な事件や、それぞれの行動など。
そして最後に起こった、ある展開等、読みごたえはあると思います。

ただ、ルールが独自に作られたもので、作中では詳しくは語られないので
その辺りはたぶん夏発売のキャラクターブック待ちになりそうな予感。
判定とかそういったのはわかったんだけど…技能とかどういうのがあるのかが気になる!
あと、このキャラクターブックはセッション中に使ったBGMを収録したサントラと同梱みたいですね。

ふーむ、どんなものなのだろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 参加プレイヤーがそもそもの宣伝と魅力になる、というのも面白い売り方・展開の仕方だなーって思うw
 
 そしてキャラブックが豪華で吹いた。多く出てるリプレイを、思いっきり豪華にやってみました! 的な印象。
2012/06/29(Fri) 20:58 | URL  | カルディア #wLMIWoss[ 編集]
さすがにこのメンバーで、ひどい内容だったらその場で本を投げ捨てていたかもしれないが…先がどうなるかわからない展開と、各プレイヤーのRPは見てて楽しいです。
なんというか…今回限りの感じだから、派手にやるぜーって感じですね。
2012/06/29(Fri) 21:53 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。