日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年03月01日 (木) | 編集 |
はい、続きましてはDVDになりました「猿の惑星・創世記(ジェネシス)」です。

公開当時は「まさか猿の惑星で泣くなんて……」という感想もあったみたいですが、そこは人それぞれです。
確かに感動もあるけど、俺はそれ以上に人間の傲慢さを感じさせられた気がします。
向こうの映画はそういう感じのも多いけどね。

ちなみに…俺、旧作の猿の惑星をしっかりと見た覚えがなかったりします…。
いや、途中途中を見たことはあるんですけど…全部をしっかりと見た、というのがあまり。
ラストとかは覚えてるんだけども。
今度、ちゃんと見るべきだろうか…。

まぁ、話がずれたので戻して、詳しい感想をいきましょう。
今回はガチで本編ネタバレを入れるので、まだ見てないって人は閲覧注意なっ!


とりあえず思ったのが……

スパイダーマンのハリーと、
ロード・オブ・ザ・リングのゴラムと、
ハリー・ポッターのマルフォイの共演だな。



で、とりあえず話の始まりとしては…主人公がアルツハイマーの父親を治すための新薬を開発。
それを実験するために一匹の雌チンパンジーに投与したところから物語は始まる。
ただし、この雌チンパンジーに対しての実験は失敗したが……取り残されていた赤ちゃんチンパンジーを発見した主人公は、処分されるのを防ぐために自宅に連れて帰る。
そしたら、このチンパンジーには新薬の効果が母親より遺伝していて、めきめきと知性を発達させていく。

まぁ、そんな感じで最初の20分くらいで猿側の主人公、シーザーの成長が描かれます。
ちなみに、この間、どうも主人公は会社側での新薬開発はあまりしていなかったと思われ。
ただ、次の段階の新薬研究は個人的にしてたと思われる。


中盤は、まぁテレビ特集とかでも色々とやってたので…
シーザーが事件を起こして、保護施設に入れられてしまうのですが…そこで他の類人猿からの攻撃を受けたり、管理をしてる親子とかから虐待を受けたりして…次第に人間への不信感を募らせていく。
その間、他のチンパンジーで新薬開発をしていた主人公に対しても、心を閉ざしていくシーザー。

やがて、他の類人猿たちのリーダーを屈服させ、仲間にしていくシーザーは人間たちに対して反旗を翻す。

……ぶっちゃけ、ストーリーの全容は特集とか、CMで明かされちゃってますっ!!


で、俺が色々と思ったシーンの数々
ほぼ終盤のシーンばかりです

・マルフォイ、プギャーwww
実際にはマルフォイじゃないですが、マルフォイの役をやってた人で……シーザーを苛めてた保護施設の監視員なんですが、因果応報と言うべきなのでしょう…シーザーや他の猿たちに逆襲されて、感電死しちゃいました。
南無

・猿の大群VS人間
橋の向こうにある森を目指す猿たち、それを阻止し猿たちを排除しようとする人間。
確かに、猿たちは人を殺したりしているので人間側に止める権利はあるかもしれない…
けど、彼らをここまでにしたのは元を辿れば人間である。
自分たちが知性を与えた、それが反旗を翻し手に負えなくなったから殺す。

うん…人間ってすごく傲慢。神様になったつもりでいるかもって思う。
特にジェネシス社の…主人公の上司は特に。
こいつも最終的には、プギャーッとなりますが。

・ゴリラァァァァァァァッ!!?
感動したとすれば、たぶん俺はこのシーンだと思う。
ヘリから攻撃してくる人間に対して、シーザーを守るために盾となり、さらに撃たれながらヘリに向かってジャンプするゴリラ。
ゴリラの捨て身の攻撃によってヘリは橋の端に墜落し、慌ててシーザーがゴリラを担ぎ出すところか、力尽きたゴリラの目をそっと閉じさせる所なんかはまさしく人間と同じだなって思いました。


・そして、旧作・猿の惑星へ……
最後、主人公と別れるシーザー…その一方で、人類滅亡へのカウントダウンが始まっていた。
この辺りは中盤から伏線が張られていますので、見てればすぐにわかります。

自ら作ったものが、猿に知性を与え、自分たちを滅ぼすことになるとは……
ぶっちゃけ大きく考えると、原因は主人公です!!
しかし、それも父を想ってのことという、このジレンマがすごい。


実は2時間くらいやるのかなーと思ったら、1時間40分程度の作品でした。
けど、それでも面白かったよっ!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 情報はまったくなかったんだけれど、とりあえずマルフォイ観たいな!w
 あと、旧作へのつながりもあるのかー。ちょっと面白そう。
2012/03/06(Tue) 17:41 | URL  | カルディア #wLMIWoss[ 編集]
映画としてはよくできてる方です。
ただ、レンタル開始した辺りでとある情報番組での特集でのシーンが中盤までほとんどだったのが…俺的には痛かった!

猿側のリーダーのチンパンジーの名前がすでに旧作繋がりな件。
後で調べてわかりましたが。
2012/03/12(Mon) 22:25 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。