日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年11月11日 (日) | 編集 |
本日はアルアリードの最終回という予定でしたが、完全に終わりませんでした。
それもこれも、うちの大学の事情のせいです。



ええ、思えば私も去年はこの時期にそんなことをしましたよ。
なにかって……?





推薦入試さ!


ええ、そのせいで学校内に入ることはできず。
到着する直前にGMであるぴろしき氏から、その旨を伝えるメールが届いたのだが、時すでに遅しとはこのことか。

大学近くでどうするか考える。

結果、夢遊猫氏の別宅を借りて行うことに。



というわけで、午後3時よりセッション開始です。


GM
ぴろしき

PC
シンキ(柊)
ルアヴェン&フォルロート(カルディアー)
ハル(夢咲緋炎)
イザヨイ(霜ーヌ)

※場所を提供してくれた夢遊猫氏は、諸事情により参加不可。
感謝です。


オープニング

ハル
アルアーク聖神殿の命により古都ヘルフェンティアへ向かうファランテに同行し、古都へと向かう。

ルアヴェン
師匠ジャスベルから貰った探知機を元に、復活させたレルアスが古都にいることがわかり、今度こそ彼を救うために古都へ。

イザヨイ
蘇ったアンシであるが、主であるハジャからの供給を断たれた彼女の体が崩壊を起こし始め、それを防ぐためにはハジャの魔核が必要なため、そしてハジャとの決着を着けるために古都に向かう。

シンキ
リーゼと共に傭兵稼業をしながら旅をしていたが、その目の前に多くのグレーターデーモンを引き連れたリコ(後にミアリードの変装と判明)と出会い、リーゼが以前に彼女と契約を交わし力を手に入れていたことがわかる。
その契約の代償の証がリーゼに刻まれ、シンキは彼女の契約を破棄させるため、リコが待つ古都へ向かう。


そして、それぞれの想いを胸に秘め、冒険者達は古都ヘルフェンティアに集う。



古都は以前に来た時より静まり返り、空にはドラゴンが飛んでいる状態にあった。


1回目の情報収集フェイズ

トゥーレアのことが心配なシンキはすぐに城へ向かうが、その城門で竜の姿となったリューガに襲われ、リーゼと二人だけでは危険だと判断し、一時撤退する。

一方で、イザヨイは酒場にてリコと遭遇。
彼女はこの街から出られないという話に、私は違和感を覚える。

貧民街ではルアヴェンとハルが、NPCのジタンと出会う。
彼にデーモンのこととレルアスについての情報を仕入れてもらうように頼み、夜にまた再会することを約束する。



2回目の情報収集フェイズ

酒場でリコと対峙するシンキ。
シンキの言葉に激怒したリコは城で待つと言い残し、その場から消える。

イザヨイは中央公園でアークデーモンに襲われるが、アンシがこれを一蹴。
なんか、それ以上に大切な話があった気がするが……忘れた。

ルアヴェン、ハルは約束どおりにジタンに会いに行く。
彼の仕入れた情報によるとレルアスは城の地下牢にいるとのこと。
また、ジタンは地下牢に直接繋がっているルートを教えてくれる。


ここで、プレイヤーにルート選択が迫られる。

正面突破(リューガと戦う)
地下牢へ向かう(???)


イザヨイはリューガを倒してから地下牢へ向かえばいいんじゃないかと提案するが、それはかなり面倒くさいし、無視できるなら無視すればいいのでその提案は却下し、地下牢へ向かう。


地下牢では、そこにあったものを喰らい、自己崩壊を起こし始めているレルアスとリコに遭遇。

いきなり、ボスクラス2体との戦闘です。


リコは戦闘開始、ターン開始に使用できるスキルを使用不可にするという常時スキル持ち。
これによりハルがターン開始に使える支援スキルが使えなくなる。


レルアスは以前に全体攻撃を持っていたため、全員警戒しながら攻撃を行う。
それ以上に厄介だったのではリコ。
彼女の攻撃のほとんどがHPにダメージを与えない分、SPにダメージを与えるという厄介極まりない。

しかし、そのリコは3ターン目で撤退する。

これでボコすのはレルアスのみ!
が、彼もまた厄介で、ターン開始にランダムでなにかしらの効果(ほぼ自分に不利なものが多い)で、なぜかGMの出目がよく、2回ほど全体にダメージが与えられる。


苦戦しながらも、ハルがとどめを刺す。


あれー、本当はルアヴェンがどうにかする必要があるのにー。


まぁ、そんなこんなで元に戻ったレルアスだが、またもや彼は消滅の危機に陥る。

ここで夢咲氏がルアヴェンはエンゲージしていたのでと、レルアスの救済措置をGMに頼み込む。
これを聞き入れたGMは交渉判定に成功すればレルアスを助ける術を教えるとのこと。

しかし、その達成値は20。
ルアヴェンが成功するにはかなり難しい条件。

が、ここでGMの一言。
「じゃあカルディアー、なにか良いことを言ってくれたら達成値を下げますよ」

ようは良いロールプレイをしたら、達成値を下げるとのこと。


が、ここで凄いことが起きる。
カルディアー氏の必死のロールプレイに、全員が笑いを堪える。
終いには爆笑。


ゴメン、カルディアー氏。
あれには耐え切れんかったのです。ごめんなさい。

そして、BLなんて言ってごめんなさい。
もうあのネタは使いません。GMの規制もかかりそうなので。


レルアスを救う方法を手に入れたルアヴェン。
そして、一行はハジャのもとへ向かう。


ハジャ戦

王座の間に続く部屋でハジャと対峙する冒険者たち。
その奥からは竜の咆哮のようなものが聞こえ、シンキの耳にはトゥーレアの声も聞こえてくる。

逃げてくれと彼女は願うが、そんな声を耳にして逃げるわけもなく、トゥーレアを助けるためにシンキは刀を抜く。

うん、その時にロールプレイはしたが、恥ずかしいね。



今回はリコのような特殊能力はないため、ハルが支援スキルを使用。
これによって味方全員の攻撃力と防御力が高められる。

シンキにいたってはプチジョニー状態になっていた。


アンシを救うのに必要なハジャの魔核はイザヨイかアンシのどちらかがハジャを倒さなくては手に入らないらしい。


ま、別にそんなどうでもいいことは置いといて、戦闘開始。


ハジャは全員に攻撃が届く位置へと近づき、強力な攻撃を二連続で仕掛けてくる。
が、ここで二回とクリティカルで避けるという奇跡をシンキが起こす。


他の味方が生死判定を行う中、いまだに生死判定を一回も行っていない。
やべぇ、汚名返上か!?


そして、ハジャをみんなでタコ殴りにする。
とどめはイザヨイ。
条件は満たしたため、ハジャの魔核を手に入れる。



奥へ向かおうとするが、そこへリューガがこちらへ突撃してくる。
それがシンキを襲う瞬間、一体のドラゴンがリューガに喰らいつき、これを一瞬にして粉砕する。


城も崩壊を起こし、シンキたちも巻き込まれそうになるが、巨大な手によって城外へと連れ出される。
これはどうも魔王の一人であるジタンによるもの。


城外でジタン、ミアリード、レルアスと話をする冒険者達の目に、ドラゴンたちを一撃で倒していく巨大なドラゴン『テラー・ドラゴン』とその上に立つリコの姿。


古都を見捨てれば逃げることはできる。
冒険者達に決意を問うミアリード。


彼らはそれぞれの想いを口にし、リコとテラー・ドラゴンに戦いを挑む。
それに力を貸すミアリードだが、人間に過干渉する彼女を他の魔王たちが見逃すわけがなく、彼女は包囲されてしまう。
それでも彼女はリコとテラー・ドラゴンとの決着を冒険者に託し、大勢の魔王にも果敢に立ち向かっていく。


そして、異空間でリコとテラー・ドラゴンと対峙する冒険者達。
ここに最後の決戦が始まろうとしていた。





というところで、待て次回!!
いつになるかは不明です。





よし、それまでに私も頑張ってサイドストーリーを書き上げるとしよう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
あれはあれで
 OKだと思うn……イヤイヤだめですが!(笑)
 でもその場のいいネタにはなったから、別にいいと思う!(ぉ)
2007/11/12(Mon) 14:27 | URL  | ラブハート@ルアヴェン背後 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。