日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月04日 (月) | 編集 |
ここ一カ月の間に読んだ本のご紹介。

アナザヘヴン〈上〉 (角川ホラー文庫)アナザヘヴン〈上〉 (角川ホラー文庫)
(1999/12)
飯田 譲治、梓 河人 他

商品詳細を見る


2000年に映画にもなったサイコサスペンスのアナザヘヴン。
だいぶ昔……中学か、高校くらいの時にテレビでやってた映画を、最後のほうだけ見た記憶があります。

ひとまず小説のほうは上下巻で、一冊もけっこう厚いので長く読めます。

ストーリー内容は……ここでは書きませんっ。
や、うまく内容を伝えづらいというのもありますが、それなりに全体的にグロテスクな表現があります。
特に……

食事の前後にこれを読むことはお勧めしませんっ!

いや、まじで。




………あれ、内容を書かないと、さすがに感想が言えねぇ。
あー、この小説をかつて一度も読んだことがなく、映画も見てない完全な初見で、上巻を読んだだけで犯人の正体がわかったーという人がいるのだろうか、とだけ言わせてもらおうかな。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。