日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年06月28日 (月) | 編集 |
須田恭也のシナリオプレイ中、最初の方にいる狙撃手がやたら知覚力高いなーと思ったら
……俺、ライト点けてるじゃん!?
そりゃバレるわ……はははははははっ!

それさえ注意すれば、なんか後は難なく進めたというのはこれ如何に。
ってか、ここまで火掻き棒一本で奮闘する主人公ってどうよ。


で、ちょっと終了条件2の必要行動を満たすために前のシナリオへ飛ぶ。
目的は羽根屍人になった警官を罠にはめて、拳銃を強奪すること。
途中の犬屍人に遭遇しないのと、うまく手順が踏めれば難なくクリアーできるシナリオだった。
しかし、拳銃を手にした時の主人公の顔がキリッとしたものになったのは逆に吹いた。


すでに終盤に入って残ってる操作キャラクターも少なくなったきたから
同じキャラのシナリオが連続で続くのは仕方のないことだな。
まぁ……残ったやつ、ほとんど武器持ってるわけですがっ!


そういや昨日、近所のエンターキングに行ったら、この前まであった
SIREN2が買われてなくなってた。
なんか似たような人がいた、というわけでしょうかっ!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。