日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年03月13日 (土) | 編集 |

空母の甲板にて。
縁に腰を下ろし、煙草を咥えながら釣りに興じている一つの人影があった。
「ふむ……やっぱり釣れないものだ」
リジェス・ラダガスト。
一応、今はこの空母の責任者を任されているはずなのだが、暇さえ見つけては彼はいつもなにかしらやっている。
釣りの前は、食堂の厨房で創作料理などしていた。一度もまともに料理などしたことがないのに、だ。
しかも、必ず傍には「デ○ソース」というビンが置かれていたらしい。おかげで、彼が作る料理はことごとくが赤く、食べる人全員を尋常じゃない辛さで卒倒させたのだという伝説まで作り上げた。

さすがに、あまりにもひどすぎたために、部下の全員から厨房には出入り禁止をくらうことになった。
だから次はこうして釣りを始めた。これなら甲板の隅っこでもできるし、部下には迷惑にならないだろうと考えてのことだ。それに存外、時間を潰せるものである。
「けど、やっぱりなにも釣れないのは寂しいな。というよりも……この海ってなにが釣れるんだ?」
そもそも空母で釣りをする、という考え自体が間違いなのだが、彼はそんなことを気にしない。
ようは暇が潰せればいいのだ。今の彼にとっては、それこそが大事なことだ。

「まぁ……なんだか終わりも近そうな気がしなくもないしね」
ふと、最近はそんなことばかりを思う。
理由はわからない。けど、朝起きた瞬間や夜眠る前などには特にその考えが頭をよぎる。
以前の戦いの後から、だろうか。そうなったのは。
「どちらにせよ、やることは変わらないけどなぁ~」
そう、変わらない。終わりが近かろうが、遠かろうがリジェスにそんなことは関係ない。
それはまだ未来のこと。未来はほんの少しだけ考えておいて、大切なのは今を見つめることだ。
だから、彼は悔いを残さないように『現在』を享受する。

「あ~……けど、不安材料も多いか。まったく嫌になる」
つい先日、なんとか部下数名の問題は全員で解決することができたと思ったら、次は上官と部下一人が行方不明と来たものだ。どうしてこう次から次へと考え、リジェスは軽く肩を落とす。
人間という生き物は、えてして問題にぶつかることが多いものだけど、さすがに気が滅入ってくる。
「まぁ、なんとかなるかな」
根拠のない自信だ。けど、それはいつものこと。
なにごとにも確かな自信というものは危険だ。少しばかりの疑念や不安は大切。

「いやいや、しかし問題は直面したその時に考えるのが一番かぁ。私はぬらりくらりと、今を生きよう」
それが自分だ、と言い聞かせる。
今までもそうしてやってきたのだから、今も、これからもそうして生きる。生き方を変える気はない。
もし、これを演劇に喩えるならば自分は道化師。決して話の中心にはならず、物語の一部として動きながらも時におもしろおかしくな言動で観客を嗤わせ、時に真面目な言葉で観客を驚かせる。
そんな役回り。実に自分に合っている。
この役に誇りを持って、最後まで演じきってみせるとしよう。
そう考えた瞬間、リジェスはあることに気がついた。
「はっ…………!」


それは……

















「フィーーーーーーッシュ!!」


終わり…以下、あとがきに続く


----------------------------------------------------

リジェス「うわぁ、ひどい」

柊「ああ、ひどいなぁ」

リジェス「けど私らしいよね」

柊「だなぁ。よもや、最初はこんなキャラになると思わなかった」

リジェス「その後も紆余曲折を経たからね~」

柊「だってタイムリーすぎるもんだからさ。俺の状態と、セッション日が」

リジェス「はははは、そのカミングアウトはいらないよ」

柊「はははは。しかし、なんだかんだでいいキャラになった。なんていうか俺の新境地を開けた気分だ」

リジェス「GMでさえ私のキャラつかめないときたもんだ。道化師としては大成功じゃないかい?」


柊&リジェス「イェ~~~イ♪」
(ハイタッチしてる二人)


柊「とりあえず最終回、頑張れよな!」

リジェス「オッケィ♪」


……最後までよくわからないキャラを貫き通す男、我らが隊長でした。
最初はどうしてこうなっただけど、回数こなすごとに楽しくて楽しくて仕方がない。
まさかの名言も生まれたしな!
俺、こういうキャラって結構、好きだ!

道化師キャラ、隊長以外でもやりたいなぁ~。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
俺も体長みたいなキャラ好きだ!

総亜「私もだ!」


おっと、血迷った。
確かに最初と比べると、大分キャラの掴みにくい人物になったもんだなぁ。


最終回、共に部隊を引っ張って行こうぜ!
2010/03/13(Sat) 22:47 | URL  | 御剣 #Knya96cQ[ 編集]
「リジェスちゃんは子どもね。まったく、大人の私が隊長に代わって、みんなをきちんと支えてあげないといけないわね」

「でもリジェスちゃん。子どもみたいで頼りないけど、可愛くて私は好きよ? ふふ」

 以上、エルルートからのコメントでしたw

 つーか背後と仲良すぎwww
 キャラとハイタッチする背後はじめてみたぜwww いいぞもっとやれww
2010/03/14(Sun) 02:04 | URL  | カルディア #JalddpaA[ 編集]
隊長からのお言葉
>総亜(御剣)
(スケブを取り出し)

「お前はまだこちらの世界に来るんじゃない!」

正直、ハマると非常に抜け出せなくなるから。


>エルルート(カルディア)
「ははは、エルルート。私はお前とベイカーのこと応援してるぞ~!」
(言いつつ、アグニルート突入に3000点)

「そして息抜きも必要なのだよ。真面目一辺倒じゃやってられないダメな大人なのさ、私は」

……もはや俺の中で隊長が神格化されてる。
そう、俺と隊長はこんなにも仲良しさ~。羨ましいだろ?

ちなみに、「隊長の~~暇潰し」はシリーズ化予定!?
いや……実際、どうなるかは知らない。
2010/03/14(Sun) 16:42 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。