日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年03月04日 (木) | 編集 |
はい、皆さん、こんにちは。……ん、こんばんは、か?
この時期の、この時間帯はわからなくなるね。

で……はい、先日、もう一回劇場版Fate見に行きたいなーとどうしようか悩んでましたが。


行ってきました。

だが、私は謝らない。


しかもちょうど一ヶ月経ってからってのが、なんとも俺らしいというか、なんというか。
前回のを踏まえつつ、今回は軽く細かいところに注意しながら見て、僅かな演出とかを気にしてみました。
まぁ……大半が戦闘シーンならそこまで気にしなくてもいいんだがな!!

けど、一日に一枠とはいえ、こういったアニメ映画で公開してまだ上映中ってことは人気の高さもわかるというもの。

DVDどうっすかなー。
出る時期、特典内容によっては買ってもいいかな。

ところでサントラは出ないんですか?





それ以外のお話

最近、読んだ本

・極限脱出 9時間9人9の扉-オルタナ- 上・下   著:黒田研二

チュンソフトが昨年末に出した同名の脱出ゲームが原作を、
黒田研二が独自解釈と多少の設定変更を加えた小説。

あらすじとしては、『ゼロ』を名乗る人物によって一つの場所に集められた
9人の人間。9時間というタイムリミットの中、出口である『9』の扉を探し出す
『ノナリーゲーム』というものに強制的に参加させられることになる。
けれど、ゲームのルールを違反した者には『死』という罰が与えられる。


実は原作ゲームのほうは前々から気になっていたが、ハードがDSということで見送り状態。
さすがに今の状況でDSを買う気にまではなれないなぁ。
というわけで、wikiなどで調べつつ、この小説で対応。

極限状況下からの脱出と、そこに関わる様々な思惑、というのがなかなか面白かったですよ。
それに原作ゲームとは先述したとおり、設定に関しても変更が加えられてたり、削除することで
逆に読み物としてわかりやすくしたりと配慮がいくつも。
原作の雰囲気を壊さないという点では評価するべき点。

……ああ、原作ゲームもやりたくなってきたな。
だが我慢する。これだけのためにDS買っても……他にやりたいものがないからな、今は。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。