日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年03月01日 (月) | 編集 |
ふと、そういや随分前に色んな作品の名言集を載せた記憶があった。
というわけで、また同じことをやってみようかなと思った。

わかりやすくするために

※--------------------------※
「セリフ」
キャラ名/作品名
※--------------------------※

という括りにしておこうと思う。
とりあえず、どれを名言とするかなどは俺個人の独断と偏見混じりなので注意。
あと、場合によっては作品のネタバレが発生する場合もあるので、そこら辺も注意を。

意見は受け付けない……!

では、気になる奴は続きから行くべし!



「人は『誰かのため』に生きることで強さを得る。
 ならば何が正しいのか、何を心に留めるべきなのか……

 それはきっと『誰かのために』を
 『言い訳』にしないことだよ――――


 手に入れたものがどんな結果(こたえ)であれ
 それが…己で選んだ道ならば――――」


ザークシーズ・ブレイク / パンドラハーツ

現在、Gファンタジーで連載中のパンドラハーツより、ザクス兄さんの名言。
というか、この人、普段は道化っぽくおどけた台詞とか
ふざけてばかりだけど、やたら格好よかったり、いい言葉を口にしたり、
そのギャップがすごいキャラを引き立ててます。

普段、何気なく使う「誰かのために」という言葉。
この言葉を聞いた後に考えてみると、また違った見方が見えてくるかも?



「スネーク、これは歴史には記録されない、誰にも伝えられることのない

 彼女の――帰還報告(デブリーフィング)

 全ては国のため、祖国のため、名誉も命も捧げた
 彼女こそが英雄よ。彼女こそが真の――愛国者」


エヴァ / メタルギアソリッド3-スネークイーター-

メタルギアソリッド3のエンディングより。
このシーンは当時プレイ中、涙が堪えられませんでした。
加えて今でも「帰還報告」の部分は記憶に残っています。

メタルギアソリッドは戦争、英雄、生き方については様々な名言を
残してくれています。俺はそこに強い影響を受けてます。

なお、台詞中の「彼女」とは国の為に死んだ「ザ・ボス」のこと
それとこの台詞でエヴァ役の渡辺美佐さんは本当に泣いていたとか、
いないとか……でも、あそこまでの演技だからなぁ。


「諦めない、絶対!」

メアリ・クラリッサ・クリスティ / 漆黒のシャルノス

我らがメアリ嬢の名言。むしろ彼女といったら、これ、でしょう。
どんなに絶望的な状況下でも決して諦めることはしない彼女、
もしかしたらエロゲーの主人公史上、ある意味で一番強いのではと
思わされるほどの頑張りよう。

表情差分の多さもすごかった。
現状、俺的エロゲー主人公ランキングではギー先生とともに
最上位をキープしてます。
メアリ可愛いよ、メアリ。



「繋がる心が、俺の力だ!」

ソラ / キングダムハーツ
ヴェントゥス / キングダムハーツ バース・バイ・スリープ


「心」をテーマに扱うキングダムハーツにおいて、「心」を信じる主人公たちの台詞。
ずっとヴェントゥスだけの台詞かと思ったら、実は1でもソラが言ってました。
さすがスクウェア……いい演出してくれやがるぜ!

でも、ある意味でヴェントゥスが言ったからこそ、ソラが言ったのかもしれない。
……どういう意味って思う人はバース・バイ・スリープを最後までクリアしてください。


「そうだ、レオナルド君。一つだけ認識を改め給え。
 君は卑怯者ではない。何故ならまだ君は諦めきれずにそこに立っているからだ。
 
光に向かって一歩でも進もうとしている限り
人間の魂が真に敗北する事など断じて無い


クラウス・V・ラインヘルツ / 血界戦線

トライガンの作者、内藤泰弘先生の新しい作品「血界戦線」より
とある結社のリーダーが主人公に向けた言葉。こう、ストレートにじゃなくて
少し遠回しに人を奮い立たせる言葉ってよく思いつくなって思う。

ってか、この人の作品はどうしてこう、いちいち台詞がいいんだろ(褒め言葉)



とりあえず今回はここまで。
今回はネタ成分はなしで、真面目方針でいきました。
またなんかあったらご紹介しますゆえ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。