日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月04日 (木) | 編集 |
そういや今日って「ゴッドイーター」の発売日だったような。
昼頃にそんなこと思ったのが全ての始まりでした。

じゃあどっかの店に行って、良さそうだったら買おうと思った。

その途中、「あ、そういやFate、いま映画やってるんだよな」……そう思ったのです。





結果



「あ、すみません。Fate、学生一枚で(学生証見せつつ」
「はーい」


気づけば映画館内で椅子に座ってる俺がいました。


そんな感じで、感想をいくつか。
正直、今回はネタバレしない気がないので閲覧は注意ですよっと。
あと俺のテンションがハイになってるので見づらいと思いますが!


・オープニング
一度、真っ暗になった画面に静かに浮かび上がってくるUBW(アーチャー版)の詠唱文
……やべぇ、すでに鳥肌が!

で、本編開始。
アニメでやったセイバー召喚などはダイジェストで、本編は言峰教会後のバーサーカー戦から

戦闘シーンやべぇ!?
ってか、バーサーカー改めて俊敏と認識!



・まぁ、劇場版だから出番の少ない人って出るよね!

ライダー、登場時間……何分だ?
開始30分以内に退場か……まぁ、ライダーだし、な

あ、セイバーの戦闘シーンすげぇ。

あとタイガーと桜もほぼ序盤だけの登場です。まぁ、あの二人だし、な。


・キャスター悪女ぶり本領発揮、いるのに空気な葛木先生

そういやアーチャールートはキャスターの悪女っぷりが本領発揮されるんだった。
中盤は本当に悪女っぷりと魔術師っぷりを発揮してくれてます。

そして、その傍にいるのにほとんど台詞のない葛木先生。喋ったの呻き声と、一言二言。
まぁ、それが先生のいいところ、ということで。

ってか、セイバーを辱めるシーンをアニメで見ることになるとは……!
製作スタッフ……本気だな!



・ギャーーーーーーーーー!!

中盤の衝撃シーン。
イリヤ死亡……こうしてアニメで見ると悲惨さと残酷さがよくわかります。

ってか、血! 血が出過ぎだから!!
ギ、ギル、心臓持たないで。ってか、アニメでも心臓って見たくねぇから!

……ちなみに、イリヤとバーサーカーは序盤戦闘シーンとこのシーンのみの登場


この直後の、遠坂が士郎の異常さを問いただすシーンなどはちょっと見てて涙腺緩みました。
……ってか、あれ、似たような光景に覚えがあるような……
…………まぁ、その話は置いといて、な?



・アニキーーーーーーーーー!!

イリヤ死亡後、ランサーの兄貴登場。
…………あれ、もしかして本編はここで初登場? オープニングではそこそこ出番ありましたが。
ダイジェストだけど。

ああ、でも兄貴やっぱりカッコイイです。
不運な目に遭うことの多い人だけど、そんな中でも自分を貫いているというか、周りに流されないというか……
そんなお前、俺の心の兄貴認定!!

最後の遠坂助けるシーンとか、炎の中に消えていくとか……俺に泣けと? そうか、泣けと言うのだな?
……まぁ、本気で泣きかけました



・士郎VSアーチャー

ずっと鳥肌たってた。いや、たたないほうが変だよと言いたくなる。
このアーチャーが自分の本心を語りながら、士郎はそれでも自分の道を貫くという信念をあらわにして、戦うシーン……動きとかすげぇよ。人間じゃねえよお前ら……あ、片方はサーヴァントか。

ってか、決着シーンとか原作のCGまんま。
というより、この映画、ホントにCGそのまんまのシーンがいっぱいあるから、流れた瞬間に鳥肌が。

……士郎に負けた時のアーチャーがどこか笑っているように見えた。泣いた。

ギルの攻撃から士郎を庇うシーンとか、あんたどんだけ男だよ。



・ラスト

アーチャー、いいどこ取りしすぎ♪
士郎、かっこよすぎ♪
セイバーと小次郎の戦い、綺麗すぎ♪


終盤ずっと鳥肌たちまくり。というより、本当に戦闘描写が……すごい。
なんていうかスタッフの本気が感じられる。
声優さんたちもすごい頑張ってる。特にギル。

最後のアーチャーの笑顔にKOされてきました。
いい顔で笑うじゃねえか……




・総評
100分という限られた時間の中にしては、よくできていました。
なんていうか力を入れているのがどのシーンでもよくわかるし、必要な部分は大方、流してるので。
ただ、士郎の過去とか、他の細かい過去についてはそんなにうまく語られないので、先にアニメを見ておくか、ゲームをプレイすることをお勧めする。

シーンが次々に飛ぶことが多いので、見方によっては詰め込んだ感もあるかもしれないけど…
でもいいと思ったよ。必要な部分はちゃんとやってるんだし、ね。

それと戦闘シーンは本当にすごい。動きがあって、迫力が伝わってくる。

加えてCG再現がよくできてるので、それがわかるとさらに楽しめる。
ロー・アイアスVSゲイボルグとか、士郎VSアーチャーとか、士郎VSギルとか…うん、どれもすごかった。


ちなみにPG-12対象の作品。
まぁ、血がいっぱい出ますから! アニメの時以上に血が終始、飛び散ってますから!
そういうの苦手な人は注意。
特にイリヤのシーンは……人によってはマジでトラウマになるかも、ねぇ。


最後は綺麗に終わったので、観て損はしない作品です。



……え? そういえばゴッドイーターはどうしたって?
……ああ、なんか別にいいや。映画観て満足したから
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。