日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年09月09日 (日) | 編集 |
本日は私がGMを務めさせていただく、「アルシャードガイア」の初回セッションでした。

今回の参加ナンバー

GM


PC
FDR-11(マシンヘッド/ファイター) 夢遊猫
日野アキラ(レジェンド/ブラックマジシャン/ホワイトメイジ) ぴろしき


シナリオ「蒼き星の守護者たち」
※アルシャードガイア 基本ルールブックのサンプルシナリオです。


で、アルシャードガイアのサンプルシナリオは基本、最低でも3人でのプレイを想定した内容になっているので、今回は2人しかいないので大幅にモンスターデータの大幅改変などを行いました。


謎の行方不明事件が発生するN県N市。
人々が彫像に変えられるという、この事件の裏に奈落の存在を感じ取り、二人のクエスターがそれぞれの行動を開始した。

FDR-11
サジッタ社の統括本部長・大道善慈が作り出したマシンヘッド。
主人である善慈は、友人である彫刻家・新山巌との連絡がとれなくなり、更には新山との連絡が取れなくなった直後に例の行方不明事件が起こり始めたことから、新山巌が奈落にとり憑かれたと考え、FDR-11に新山巌を助けるという命令を出す。
FDR-11は主人のため、すぐさま行動を開始した。

日野アキラ
魔術師としての素質を持つアキラは、ある日、学校の帰り道を同級生の間宮香澄と共にする。
香澄と別れた直後、彼女の悲鳴を耳にし、駆けつけたアキラが目にしたものは、スペクター・ピグマリオンによって彫像に変えられてしまった香澄の姿だった。



ここからミドルフェイズに入り、まずはピグマリオンが張っている結界を破壊、もしくは侵入の戦闘。
すかさず、FDR-11が登場判定を行い、現場に到着。
FDR-11は結界を破壊する方向で行動を始め、アキラは結界への侵入を試みる。
結果、アキラが結界内への侵入を果たし、次のシーンへ。


ピグマリオンがシャードの加護<マリーシ>で退場し、代わりにザコモンスターの動く彫像が登場。

そこまで強くない、この敵たち。
FDR-11は特技の【なぎ払い】を使って一掃を試みるも……

一体目、回避成功
二体目、回避成功
三体目、命中

【なぎ払い】の意味がない。
すかさず、ここでアキラがダメージを受けた動く彫像に攻撃を仕掛け、撃破。

この後、FDR-11は攻撃を外したり、命中させたり、でも結局はとどめはアキラがもらっていくというパターンで敵撃破。


この間にクエスターたちの自己紹介があったり、情報収集シーンがあったりして、いざピグマリオンが隠れ家としている洋館へ向かう。

洋館に入ったホールで香澄の彫像を見つけた二人だが、ここでモンスターたちの不意討ちにあう。
理知判定を行うも、二人とも失敗したためである。


そして、FDR-11の悲劇はここから始まった。


攻撃を当てようにも、避けようにもファンブルが発生してしまう。
それによって、1度だけFDR-11は戦闘不能となり、ここでブレイク効果を発動。


そのときのGMの心の中。
(やべっ、ちょっと敵のデータ強すぎたか?)
と、ヒヤヒヤしてました。
一応、敵データは弱くしたはずなんですが。


MPもなくなり近接攻撃を行い続けるアキラと、攻撃しても避けられまくるFDR-11。
そんな二人を相手にするドッペルゲンガー。

苦戦しながらも敵を倒した二人の前に、ピグマリオンが登場。
しかし、あまりにも満身創痍状態の二人を見かねたGMは、初回セッションでいきなり死なせるのもなんなので、NPCのマーリンに登場してもらい、二人を回復させる。


傷を癒した二人とピグマリオン、決戦です。
最初のセットアッププロセスで【巨大化】を発動したピグマリオンはHPと攻撃力がアップし、FDR-11を狙うも、ことごとく攻撃が避けられる。
しかも、その内の数回はファンブル。

ピグマリオーン!
さすが、バンナムダイスだ!
ここぞという時にこそ、やらかしてくれるぜ!

FDR-11にシャードの加護<トール>を2回使われて半分以上のHPが削られ、<ヘイムダル>の使いどころを見誤った私のミスでピグマリオン、目立った働きもなく撃破される。


悲しいな、ピグマリオン。
でも、大丈夫。きっといつか……たぶん、報われる日が来る……さ?
ごめん、自信ないや。


まぁ、とりあえず、今回のセッションはこれで終了。
間宮香澄も、新山巌も無事に助けられ、事件は幕を降ろしました。

夢遊猫氏、ぴろしき氏、二人で頑張ってくれました。
次回のシナリオも考えておきますので、機会があれば、今回参加できなかった方々も参加してみてください。
頑張ってGMやりますので。
途中、かみまくりますけど。


それでは、お疲れ様でした。

そして、GMがこんなにもヒヤヒヤするものだと、初めて知った奴がここに。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
FEARの作品はPCが一撃死するのが多いので……

何はともあれ、初のGMお疲れさん♪
GMがおもしろかったのなら何よりです。

PCはおもしろかったよ~
アキラもいい感じのキャラクターが確立できたw
また是非お願いしやす
2007/09/10(Mon) 00:49 | URL  | ぴろしき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。