日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月06日 (日) | 編集 |
合宿のセッションでは幻想協奏曲とダブルクロス3のどちらをやろうか迷ったけど、幻想協奏曲はまだテストや微調整などが必要な状態のため、合宿において俺はダブルクロス3をやることに決定です。

シナリオは以前から計画してある、漆黒のシャルノスをモチーフにしたもので。
……ちなみに、舞台設定は普通に現代日本なのでお間違えなく!

ただ、柊独自の設定をふんだんに交えていくのでその解説なんかとハンドアウトの紹介を先にしておきます。
ハンドアウトについてはなにか気になったり、不明な点ががあればGMに声をかけてみてください。

というわけで、詳しい内容は以下からどうぞ
・レギュレーション
使用ルール:ルールブック1と2
(合宿直前に発売予定の上級ルールブックについては、GMが手に入れたら導入するか検討します)
キャラクター作成:新規キャラクター(作成方法はPLに任せます)
経験点:GMから30点の経験点を与えます
(なるべく、この経験点はキャラ作成時に使いきることを推奨)


・ステージ設定
舞台となるのは現代日本、在間(ありま)市
四方を山と海に囲まれ、他所の町への移動方法は電車や車などのみといった、一種の陸の孤島とも言うべき小さな町。人口は7万人程度……ぶっちゃけ気にする必要なし

ここ一週間近くの間に連続して猟奇的な殺人事件が発生しており、注意が呼びかけられている


・UGNとFHについて
今回、この二つの組織は基本的に出ません。その点はご了承願います。


・ハンドアウト
※指定されたカヴァーやワークスについてはあくまで推奨であるため、別のものをやりたいという場合はGMと応相談

PC①
ロイス:桜庭・愛莉(さくらば・あいり)   推奨感情 P:慈愛/N:悔悟
カヴァー/ワークス:指定なし/指定なし

その日も、いつもと同じ一日だと思っていた。
いつも通りに生活し、幼馴染みの愛莉と同じ時間を共有する。それでよかった。
けれど、愛莉と共に漆黒に彩られた街に迷い込んだことが非日常への第一歩だった。
そこで遭遇した、常識では考えられない異形の存在。
そして、キミは―――
(※年齢設定について16~22の範囲であること推奨)
(また、PC①はOPの時点ではまだオーヴァードとして覚醒していない)


PC②
ロイス:〝鉄枷ジャック〟         推奨感情 P:執着/N:嫌悪
カヴァー/ワークス:指定なし/UGNエージェント

キミはUGNでも、FHでもない組織〝ファントム〟のエージェントだ。
キミのもとへ最近、在間市で噂となっている〝鉄枷ジャック〟の事件をPC③と協力して調査・解決しろとの命令が下された。
亡霊の如く、その命令を遂行することこそがキミに与えられた使命だ。
(※PC③とコンビとして導入となる)
(なお、ワークスについては便宜上UGNエージェントを使用)


PC③
ロイス:PC②              推奨感情 P:連帯感/N:不安
カヴァー/ワークス:指定なし/UGNエージェントorUGNチルドレンorレネゲイドビーイング

これまでキミはPC②と共に数々の任務をこなしてきた。
今回もまたPC②と共にある事件の解決にあたれという命令が与えられた。不安はあるが、それもいつものこと。そして、きっと大丈夫と思うのもいつものこと。
PC②と二人なら今度の任務も乗り越えられるはずだ。
(※PC②とコンビで導入となる)
(なお、ワークスついては便宜上UGNエージェント、UGNチルドレンを使用)


PC④
ロイス:草壁・恒明(くさかべ・つねあき)  推奨感情 P:好奇心/N:猜疑心
カヴァー/ワークス:大学生/指定なし

キミは在間市内にある大学に通っている。
草壁・恒明は大学の中でもキミが一番親しくしている教授だ。けど、今日はなんだか様子がおかしい。
なにかに怯えているような、焦っているような、初めて見る姿だ。
そんな時だ。キミの元に、親友の桜庭・愛莉が意識不明になったという情報が入ったのは……
(PC④はすでにオーヴァードとして覚醒してるが、愛莉はこのことを知りません。
またPC①と互いに知り合いかはPCに一任。また、その場合でもシナリオ開始時にPC①はPC④がオーヴァードであることは知りません)


PC⑤
ロイス:〝事件の犯人〟        推奨感情 P:遺志/N:憎悪
カヴァー/ワークス:探偵or刑事/指定なし

キミのもとに一通の手紙が届いた。差出人は、ここ数日で亡くなった友人からのもの。
友人は〝鉄枷ジャック〟の事件を追い、志半ばでその命を落とした。何者かによって……
その手紙を読んだキミは、友の無念を晴らすべく、〝鉄枷ジャック〟の事件について独自に調査を開始することにした。


ハンドアウトについては以上となります。
PC①~PC④については多少、こちらで設定などを加えておりますが、その点はご了承ください。
なお、ワークスで取得する技能の≪情報:UGN≫は≪情報:ファントム≫に変更です。


・組織"ファントム"について
世界各地で秘密裏に活動を続ける謎の組織。UGN、FHどちらにも加担することなく、独自の目的で活動しているうえに、その存在はほとんど知られていない。
"総帥"なる人物がこの組織をまとめているが、その人物がどのような者なのか、組織の多くの者は知らず、無闇な詮索をするようなものならばたとえメンバーといえど排除される。

主な行動目的は世界の静かなる安寧。人間は人間として、オーヴァードはオーヴァードとして…共存でも、支配でもなく、ただあるがままに今の均衡を保ち、よき隣人として生きること。
そのため、FHなどによるオーヴァードによる犯罪が起きれば亡霊の如く行動し、これを抹消する。
また、UGNの共存などという理念に対しても「甘い考えだ」という意識を持っている。

ファントムの望みは、今のままの世界であることである。


長くなりましたが、とりあえずオリジナルの設定とハンドアウトに関してはこんな感じとなります。
もしなにかあったらGMに連絡を。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。