日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月03日 (月) | 編集 |
はい、というわけでなんだかんだと低速プレイ中の漆黒のシャルノス。
第二話を終わらせました。
ネタバレを含むため、未プレイの方などは閲覧に注意。

・シャーリィのために頑張るメアリ
健気ですね。
たぶん、彼女の行動は親友という点を含め、あとは随所に入る回想シーンが関与してるのだろう。
ちなみに、第一話でシャーリィは意識不明になったため、第二話はほとんど出番なし。
あったのは、手紙と回想シーンぐらいか。

・サラマンドラ
"M"に四大もどきと呼ばれる今回の"怪異"
正体はヨゼフ・チャペック。まぁ、第一話から関与してるだろうなってのはわかってたし。
そして、残念だけど一話の鉄枷ジャックのほうが禍々しさとかは上だったし、ゲームパートもそこまで難しくなかったので、なんていうか小物臭が……
いや、"怪異"だから恐ろしいのはたしかなはずなんだけど、どうしてもね。

・"M"
この人、公式のキャラ紹介よくよく見たら、正体のっちゃってるよ!?
いや、第一話からある程度の推測はできるけど、発売前から正体は出てたのね!

と、関係ない話はおいといて……もう一人の主人公とされる"M"。
今作の戦闘は彼の担当。
インガノックのギー先生とは違って、ダークヒーロー的な側面の強い"M"の戦闘シーンはカッコイイです。
むしろ、惚れた。

・ハワードとアーシェリカ
クトゥルフコンビ。アーシェリカは、オーガスト・ダーレスが元ネタ……らしい。
まぁ、そこら辺はあまり気にせずに、楽しみましょう。
ところで、ハワードが随分と現実主義者的に見えるのは気のせいかな?

・プレイ中に思ったこと
メアリ可愛いよ、メアリ。
……大丈夫、俺は正常だ。
主人公だからというのもあるんだろうけど……頑張る彼女の姿に心打たれました。
あと、どんくらいあるのかもわからない表情の多さ。
"怪異"と遭遇した時とかの目を見開いた恐怖の表情とか、意外と好き。

"M"カッコイイよ、"M"。
……大丈夫、俺は正常だ。
もともと、こういったダークヒーローは好きなんです。
なんていうか、言い方はおかしいんだけど正統派じゃないところが。
重苦しい感じが好きだ。だから、よく俺の考えるキャラもそっちに向かうことが多い。

これ、アニメでいけるんじゃねえかなとか思ったり。
走るメアリとか、戦う"M"やモラン大佐とか、鉄枷ジャックとか見てみたい。
……あ、もちろん、原作を損なわない作画とストーリー進行で。

そんなことを思いながらのシャルノス第二話でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。