日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月14日 (木) | 編集 |
柊「……」

玲亜「久々に呼ばれたと思ってきてみたら、随分とぐったりしてるわね」

柊「ああ、最近……疲れがとれない感じでな。むしろ、眠気がひどい」

玲亜「前者はバイトのし過ぎ、後者はただの睡眠不足が原因だと思うけど?」

柊「ストレートだな、玲亜。人格が変わってから、強気になった」

玲亜「そうさせたのはあなた。それに、もう"私"は私でしかないんだから…どうしようもないのよ」

柊「いや、たしかにそうなんだけどさ……って、そんな話がしたいんじゃない」

玲亜「? よくわからない人。なんだか話してても仕方ないし、私も暇じゃないから帰らせてもらうわ」

柊「あれ……ちょ、待っ……」

玲亜「そうそう、一つだけ言っておいてあげる。人付き合いの鬱憤だけには気をつけなさいね。それじゃ、今度は本当に帰るから」

柊「……なんだかんだで、今の俺の状態の核心を突きやがったな」


まぁ、たしかに彼女の言うとおり。
今日はある人の本性を垣間見たが、いいことなんてこれっぽちもない。
むしろ、その人に対する悪い方向への見方が強まるだけだな。

……俺はそういった傾向が強いからな。
……そう簡単に俺の中での評価は戻ったりしない。

…………誰のことかって?
………………察してくれ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。