日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年08月22日 (水) | 編集 |
半年ぶりにSRCシナリオ「獣魔戦機ティーア・ツティーレン」が更新。
長いこと待ち続けた甲斐があった。
ということで、早速プレイ開始。



第14話 合言葉は『やるっきゃない』

始まりとして孝介や警備隊たちの宴会。
そこで色々なキャラの意外な一面が見えたり、見えなかったり。

その後、警備隊のアサルトアーマー強化プランの模擬戦。
戦闘参加メンバーは警備隊メンバーのみ。
今回、ティーアたちはお休みです。


戦闘は大きく三つの段階に分かれて展開。
味方の配置を気をつけ、援護やスペシャルパワーを駆使すれば難なくクリアできる程度の難易度。
警備隊メンバーの経験値稼ぎという意味合いもあるのだろうか。


そして、最後に重要なポジションのキャラであろう和瀬謙吾がようやく登場。
オープニングで出てきてるくせに、14話にして初登場だよ。




14話はこんなものか。
続いて、15話の感想みたいなのいってみよう。




第15話 忍び寄る魔手

前半の会話については省く。
いや、色々と面倒だから。

戦闘は神楽とシュネーを除いた警備隊メンバー。
目的は輸送機の護衛。


今回の戦闘もかなり楽です。
輸送機は警備隊に任せて、敵は神楽一人に任せればOK。
ただし、ボスの双月に関してはスペシャルパワー「心眼」を使用して攻撃を避けながら、当てていかないと負ける可能性あり。


双月の乗り手、神楽となにやら因縁のある人物らしく。
またキャラが増えたなーと思わざるを得ない。
いや、もともとそこまで多くはないんだけどさ。


今回、完全に話にしか参加していない主人公のはずの孝介とティーア。
それと六魔陣勢も一回の登場もしなかったので、ちょっと寂しい。
13話辺りでのエンデの思わせぶりな発言に関することもあんまりなかったしなー。
ってか、エンデを出せ。




次の更新までまた間が空くのだろうが、そこは仕方がない。
だって作者の深影さんも純粋な一般人だからね。
気長に待つとしよう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ややっ。
 SRC、というものをご存知なだけでも、貴重な人材だと思う、私です。私もSRCユーザーです。プレイより作る派ですけれどー。

 ……うん、それだけっ(笑)
2007/08/26(Sun) 22:43 | URL  | カルディアー #-[ 編集]
なんと!?
初めて私以外のSRCユーザーを見つけました。
ちなみに、私はプレイもしますし、ちょこちょことデータを作ったりもしてますよ。

SRCやってる人、あまり見ないからなー。
一人見つかっただけでも凄い嬉しいですよ。
2007/08/26(Sun) 23:44 | URL  | 柊 #az5JVhyA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。