日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年08月17日 (金) | 編集 |
なんか、昼近くに起きて飯食ってからずっと「DDD」を読みふけってました。
他にもやることあったんだろうけど……ま、いいか。



じゃ、奈須きのこ氏著「Decoration Disorder Disconnection」。
略して「DDD」2巻の感想みたいなもんいってみよー。






ここから先はネタバレを含みますので、まだ読んでないって人や読み途中な人、ネタバレなんか嫌いだーって人は注意。













まず最初に言っておきたいのは、



日守秋星、いいキャラしすぎです。

今回の表紙も飾ってる彼なんですが、表紙だけを見るとただの悪役キャラにしか見えないのだが、実際にはノリのいい黒コートの旦那でした。
それでも殺人鬼であることに代わりはないけど。

でも、常にハイスピード。だから死なないっていう、彼の不死性については読み終わった今でもまったく理解できてません。


もしかしたら、「DDD」のベストキャラになりかねない?



本編は3分の2近くがアリカ初めての悪魔払いの物語である「S.VS.S」。
一巻ではあんまり出番のなかった霧栖が重要人物に。

瀬倉がシンカーでないことには、すぐに気づいた。
これに関しては注意深く読んでいればわかるはず。

ただ、カズミや瀬倉を悪魔憑きにした男については謎が増えた。
空の境界でいうところの荒耶的キャラなんだけど、その名前に関しては平凡すぎて会った人たちも忘れてしまっているようで。


この話ではカイエがアリカ以外の人とも会って話したりしているのは、なんでか新鮮な感じがして仕方がなかった。


次の「/FOMALHAUT.」。
題名見てもらえればわかるように、日守秋星の話です。
マキナやトモリも登場。
マキナについては今も志倉坂で三人ほどの人間を模倣しながら暮らしているようで、登場する度に容姿が変わっていたり、口調が変わっているのが彼女らしいといえば彼女らしい。


最後に「/Vt.in day dream」。
内容の大半はアリカの夢。
しかし、途中途中でおかしな部分があるのですぐにこのオチに辿り着く人は多いかと。

で、まぁ扉絵は一巻の時のようにカナタが担当しているのだが、いくらなんでも二年間で成長しすぎだよ、お嬢さん。





以下、個人的に面白いと思った場面。


「お、怒られないかな」
カイエの地下室で見れた、マトさんの1シーン。
あくまでアリカの視点からの文章なのだが、あの物騒で銃を乱射しまくるマトさんの意外な一面が見れたり。


「待て話し合おうスタイルの俺」
思わず吹いてしまった1シーン。
いや、普通に読んでればそうでもないんだろうけど、アリカがそうしてるシーンを想像したら笑わずにはいられなくなってしまったんです。


「ほら、オレ明日結婚するんだ、みたいな理由で」
要約すると、死亡フラグみたいな理由かい、アリカ君?


「今だ、所在シールド!」
「しまっ、その手があったか……!」
マトさん、カナタの一瞬の攻防での1シーン。
哀れにもマトさんに盾にされてしまったアリカ君なのであった。
まぁ、夢だからね。




こんなところか。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
読んだ~
彼は滅茶苦茶いいキャラだ。
そして、やっぱり不死の原理はよくわからん。

個人的にはトモリの再登場に感動した。
また登場してほしい~

名乗り方とかもう最高~~
秋星さんも頑張れ!!
2007/08/17(Fri) 22:04 | URL  | ぴろしき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
DDD 2 (講談社BOX) (講談社BOX) 作者: 奈須きのこ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/08/10 メディア: 単行本  フォウマルハウトがちょう格好よかった。でも正直、不死の理由があれではDIOには勝てても範馬勇次郎には負けそう。感想はこちら。 物語は時間軸に沿って語
2007/08/27(Mon) 22:09:02 |  雲上四季
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。