日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月08日 (日) | 編集 |
無事に、「大いなる災い」との決戦に勝利することができました。
銀誓館学園の皆さん、お疲れ様です。

そして、ゴーストチェイサーの皆さん。
あなたたちの勇気と覚悟がなければ、きっとこの戦いに勝つことはできなかったでしょう。
戦いが終わった後、姿は見えませんでしたが、きっとどこかで再会できることを願っています。


今回の戦い、来訪者の妖狐・文曲の捕縛に成功しました。
長きに渡って因縁深かったのですが、今回でどうなるか、少し気になるところです。
それに、有力な情報を得て、学園と妖狐の間によい関係が築ければと願っています。

我々、銀誓館学園からも犠牲者が出てしまいましたが、それ以上にゴーストチェイサーは尋常ではないでしょう。
失われたはずのメガリス「鉄鎖ドローミ」。
メガリスゴーストを倒すことで再びこれを手にした彼らは、その力を使って大いなる災いを捕縛し、我々を勝利へと導いてくれました。
ですが、「鉄鎖ドローミ」の代償「鎖の長さと拘束時間で、所有者の周囲の人間に不幸が訪れる」によって多くのゴーストチェイサーの命が失われてしまったのも事実。

今回の戦いで命を落とした方々の魂に安らぎを。
ここに冥福をお祈りいたします。
そして、生き残った我々は、今は勝利の喜びを分かち合うとしましょう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
まずは今回お疲れ様でした。
どうやらかなりの激戦だったらしく、重傷者も多かったのではないかという言葉も耳にしますね……。

ゴーストチェイサーの援護と覚悟がなければ勝ち得なかった戦い故に、直に交流できないのがさびしく思いますね。
私は彼らにあそこまで被害が出てしまう結果になるとは思いもよらなかったのですが……これが後々ゴーストチェイサーとの関係に影響することが少々不安になっていたりします。

狐……と友好的な関係を築くのは、どうでしょうかね?
これからの情報次第によりますが、土蜘蛛の時のような追討戦などが起こり得るの可能性もあるんですよね。
(この時、メガリスの破壊を行わない為に死者が多数出る結果となりました)
これを考えてしまうとまた不安に陥ってしまいますが……私が心配性なだけですかね?

と、何はともあれ今はこの勝利の喜びと共に。
眠った命に祈りを捧げます……。
2009/02/08(Sun) 21:45 | URL  | 佐倉 #mQop/nM.[ 編集]
お疲れ様です、佐倉さん。
私は参戦したのは遅かったのですが……たしかに、激しい戦いではありましたね。

ゴーストチェイサーの方々に再び会えることがあれば、その時は今回の感謝の気持ちを忘れずに接すればよいのではと思っています。

狐との友好関係は……私の理想論に近いですね。
たしかに今回の一件で溝は深くなったかもしれませんが、だからといって追討するようなことをすれば、その溝は埋められませんので。
もしかしたら、私は楽観視をしすぎているのかもしれませんね。
2009/02/08(Sun) 23:08 | URL  | 柊 #-[ 編集]
 とりあえず、無事に戦は終えたようで乙!
 今後の展開に期待だなー。
 被害が多いってのも珍しいな。うちのウェブトーク時代は、それほど被害は多くなることなかったものだけどー。最終戦闘除いて。
2009/02/09(Mon) 10:36 | URL  | カルディア #-[ 編集]
今回の戦いで少なからず、死者が出ましたね。
戦闘に参加してた人数はかなりいましたが、やはりその中で死者が出るというのは……なかなか辛いものがありましたよ。
TRPGでは、私も経験ありますしね。

まぁ、たしかに今後どうなるか期待はしています。
2009/02/10(Tue) 00:51 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。