日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月31日 (土) | 編集 |
今、銀誓館学園の面々は一つの戦争を前にしている。
海上で復活した「大いなる災い」が、学園のある鎌倉を目指しているのだ。
「大いなる災い」が鎌倉に到達するようなことがあれば、関東一帯は大変なことになる。

そのため、銀誓館学園は「大いなる災い」が一時的に上陸する伊豆半島において、これを倒すことを決意し、学園中の能力者たちにそのことを伝える。

だが、ただ「大いなる災い」を倒せばいいだけではない。
「大いなる災い」の進行の途中には市街地がある。そこに住む人間は一般人ばかり、いかにして彼らの被害を最小限に抑えるかも重要だ。
敵を倒すだけが能力者ではないことを忘れないように。
そして、「大いなる災い」に加担している来訪者・妖狐。
かつての戦争でも銀誓館学園と対立した、この者たちは今回もまた、様々な策をめぐらせているらしい。
彼の者たちの策に如何様にして対応するか、そして、二人の妖狐を捕らえるにはどうするべきか、など「大いなる災い」にかかわる者たちに対しても警戒が必要となる。

最後に、「ゴーストチェイサー」の面々。
彼らは銀誓館学園とは違う勢力として戦争に参加するが、その目的は「大いなる災い」の撃破。
目的が同じであるため、彼らは銀誓館を援護してくれることに違いはないだろう。そして、それはこちらもまた彼らと力を合わせて「大いなる災い」に立ち向かうことを意味している。
彼ら、「ゴーストチェイサー」が天城峠において準備している大がかりな作戦。
「大いなる災い」の力を抑えるこの作戦は、今回の戦争で重要な意味を持つことは明白だ。


来るべき決戦の日は2月8日

-------------------------------

そういうわけで、シルバーレイン恒例のリアルタイムイベントです。
これまでに3度の戦争を経験した銀誓館学園ですが、今回はひとつの土地が戦場ではなく、大いなる災いを取り巻く百鬼夜行の中が戦場となるため、戦場は移動を続けるらしい。
エリアを一度に複数制圧することでこの移動は抑えられるため、ゴーストチェイサーの作戦で大いなる災いを弱らせる天城峠において、いかにうまく大いなる災いの進行を止められるかが重要だと個人的に考える。

なお、このリアルタイムイベント限定でいくつかのポジションと呼ばれる結社が結成されるのだが、私はまだどこに所属しようかは悩んでいます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
大いなる災い、ついに来てしまいましたね。
今回は場合によって二か所同時制圧を目指さなくてはいけないようですし、その時の戦力の分散が怖いところです。
また、天城峠でないと大いなる災いは倒せなさそうな気配がするのが厄介なところですね。
欲を言えば、狐も捕らえて少しでも情報を手にしたいところですが……どうでしょうかね。

私の場合、ポジションは前衛タイプ故にディフェンダーです。
Iniが低い武器を装備して、サーチャーでデメリットを消すとか、ラストスタンドでcp重視装備にしてHPは凌駕を当てにするとかも考えましたが……結局前々からと同じディフェンダーで行くことにしましたよー。
2009/02/01(Sun) 11:10 | URL  | 佐倉 #mQop/nM.[ 編集]
今回は各ポジション間の連携が重要になるのではないかと私は考えてます。
大いなる災いを倒すことも重要ですが、一般人への被害なども出さないようにしなければなりませんし。

私はまだポジションは決めてません。
もしかしたら、リアイベ当日に参加できないかもしれませんので、所属するとしたらコマンダーかメディックにしようかと考えていますが。

なにはともあれ、お互い無事に生還しましょう。
2009/02/01(Sun) 20:28 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。