日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月29日 (木) | 編集 |
「幻想協奏曲-Phantasmagoria-」が一応、完成しました。
まだ抜けてる部分はあるのですが、そこはこれからまたちょこちょこと埋めていく感じで進めていきます。

で、昨日は完成してる部分でテストプレイを行いました。

参加メンバーは以下のとおり

GM:柊

PL:みるるぎ
   いぬのやりへい
   カルディア

まずは説明をしながら、思い思いにキャラクター作成を行ってもらう。
いくつか特徴的なクラスがある、私の幻想協奏曲。
思わず再現できそうなキャラクターとか思いついて、盛り上がっておりました。

「装甲騎手と騎士とかだと仮面ライダーできね?」
「お、本当だ」
「邪術士……じゃじゅちゅ……!」
「なんで、みんな覚醒者にしないんだよ!」

こんな感じでしたよ、GMはそれを暖かい笑顔で見守りながら、テストプレイの準備を進める。
次に私が力を入れてるかもしれない、絆システムでNPCたちと絆を結ぶことになったが、ここでも奇跡が起こる。

「このキャラってお父さんっぽいな。GM、関係に家族って?」
「入ってないけど、じゃあクリティカルだしたら家族でw」
「出たー!」
「なにぃ!?」
「うわーん、【感覚】使わなかったー」
「じゃあ、次は○○○(あえての伏せ字)で。関係は……ここでファンブルだしたらすごくない?」
「よし、やってみよう」
「出たー!」
「なにぃ!?」
「気づいたら、女性としか絆が結ばれてなーい!」
「男でハーレムフラグ? それとも、女で百合フラグ?」
「どっちもダメじゃないですかー!」

いやぁ、凄まじかった。
とりあえず、誰がこの奇跡を見せたのかは、あえて秘密にしておこう。
この真実を知りたい人は、私かプレイヤーたちに聞くのがいいかもしれないな。

そんなこんなでキャラクター作成が終了。
続いて、即興で仕上げたが模擬戦闘を含めたテストプレイを行う。

その前にキャラクター紹介
・リリー(エルダー/メイン:魔術師/サブ:邪術士):みるるぎ
・ヴァミット(セラフィム/メイン:代行者/サブ:聖術士):カルディア
・ネシェル(オートマタ/メイン:射手/サブ:精霊使い):いぬのやりへい


戦闘システムはガンドッグifのようなエリア戦闘。
それを自分なりにアレンジを加えたりしながら、まだ未完成ながらもプレイしてみる。

設定としては以下の感じ
テイカー(請負人)のPCたちは、協力して野盗を討伐する依頼を受ける。

エリアを移動しながら、隠れている野盗たちを見つけて攻撃。
野盗たちも瀕死になりながら、PCに攻撃を行うが……

ヴァミット:「愛の自己犠牲!」
カーン
野盗の攻撃はヴァミットには効かなかった。
GM:「かたっ!?」
ネシェル:「ていっ(弓を撃つ)」
GM(野盗A):「ぐはっ!」
GM(野盗B):「ヨアヒム……ヨアヒーム!」

そんなこんなで見事に役割がはっきりしながら、それぞれの活躍を見せるPCたち。
そして、野盗のボスと魔術師が出現

ボス:「フンッ!」
ヴァミット:「スキルを使って……弾いた」
リリー:「MPがぁ~」
ネシェル:「近づかれたら、撃てない~。移動」
敵魔術師:「ロックグレイブ!」
ヴァミット:「避けた」
敵魔術師:「なにぃ!? ハッ、私のMPが切れた。私はもう駄目だ~」
ネシェル:「ちょっ、魔術師逃げるな」
リリー:「フレイムランサー!」
ボス:「スキル使用……効かないな!」
リリー:「ならパートナースキル、○○○使用。これで大ダメージ……って、駄目だぁ~!」
GM:「ダイスを11個近く振って、うち5個が出目1……あれ、なんだろ悲しくなってきた」

こんな感じで戦闘が続くも、PCには決定的な一打を与えられるキャラクターがいなかった!
ボスも攻撃を当てたり、避けたり、受け止めたりとなかなか倒せない。

GM:(……やっぱりボスのバランスはもう少し考えものか)

さすがに、これ以上は不毛な戦いが続きそうな予感がしたことに加え、今回はテストプレイなので、ボスが降参するという形で戦闘終了

こうしてテストプレイは終了


全体的なバランスとしては概ね好評。
攻撃役がいればまた変わったかもしれない。

その後、いくつか相談をしながら、システムの改善点などを考える。

とりあえず、楽しんでもらえたようでなにより。
今回、参加してくださった皆さんには感謝。また次回もよろしく。
参加できなかった皆さんは、次の機会によろしく。

また少しシステムの調整に入ります。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 アタッカーがいないなんて、今までのTRPGでまずなかったような気がするが……いないならいないで、戦闘が長期化するってのがよく分かったww
 ネシェルは安定ダメージでいいとはいえ、決定打としては不足気味。
 リリーはさすが黒魔道士タイプだが、MP消費がネックで対雑魚にそれほど使っていられない。
 うちのヴァミットは攻撃できない。

 ……銃犬ifみたいに、サブキャラはこーゆーとき必須ですね!w
 次はこれでシナリオやるの楽しみにしてまつ。某合宿でもこれかな?ww
2009/01/29(Thu) 14:05 | URL  | カルディア #-[ 編集]
>アタッカーがいない
そういえば、今までは必ず一人はいましたもんね。
それさえあればパーティバランスはちょうどいいってか、望ましい形ですな。

一応、サブキャラ作成という方面も考えておきましょう。
現在は絆システムと戦闘システムを中心に調整中です。
2009/01/29(Thu) 20:23 | URL  | 柊 #-[ 編集]
いやはや、魔法使い二人目だったけど、結構楽しいもんだね~。
とりあえず、サブは普通に攻撃できるキャラにしようかねぇ
2009/02/01(Sun) 00:12 | URL  | 御剣 #Knya96cQ[ 編集]
魔法使いは多彩な属性攻撃ができるからね~。
でも、私自身は攻撃系の魔法使いはあまりやったことがなかったりするのだが。

サブキャラに関してはご自由にどうぞ。
パーティバランスをとるために考えてるものですから。
2009/02/01(Sun) 20:31 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。