日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年11月28日 (金) | 編集 |
色々な時間を見つけては製作を進めている紅夜。
本当、暇さえあればスキルのこととか考えたり、世界観について考えているため、そうしていると自分って作る人間なのかなー、とか思い始めてくる今日この頃。

今回は種族について考える。

種族は技能値に大きく関係。
人間は設定上、特徴という特徴は持たないが、あらゆる可能性を秘めているということで技能値の上昇は低いが、デメリットは一切なし。
他の種族に関しては、その種族が得意としそうな技能値(複数)は上昇するが、逆に不得意としそうな技能値は下がる傾向にあるよう設定。

たとえば、獣の因子を宿すセリアンスロープの場合
・獣の血筋を引くため、運動や感覚はそれに近いものとなっているが、反面、先祖が関わりの弱かった魔術的な素質や教養面は低くなってしまう。

といった具合。
ぶっちゃけ、技能値によるバランスを考えるもよし、好みで選んでもよしです。
そのキャラクターが使えるか使えないかはあなたと、あなたのダイス目次第ですから!


その一方で世界観についても調整中。
正直、以前のは急場で仕上げた部分もあったために、ちょっとわかりづらいなーとか、こうすればよかったかなーとか思うところがあったので。

根本的な部分は変わらないと思うけど。

あと、組織およびNPCについても修正・追加などを行っています。
どちらかといえば組織について。

あまり多くならないといいなー、とか思いつつ。


こんな感じで私の製作はちまちまと進んでいく。
製作って、そういうもんだと思いますけどね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。