日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月29日 (水) | 編集 |
文化祭の準備とかで忙しいですが、自分のやりたいことはやるのが私です。
どちらも一応、やるべきことはやってますし、家にいる時ぐらいは自由にやらせてください。

というわけで、紅夜のバージョンアップ作業中です。

絆などのシステム面を調整。
絆の達成値上昇効果を別途のものとして扱うようにしようかと。

参考にしたのはシルバーレインRPG。
つまり、達成値上昇ではカードを使用してみようかなと。
メイン判定者(行動を行う人)は一回の判定に2枚まで出せ、アシスト(メイン判定者以外の人)は最大で2人がカードを出して支援することができる。
つまり、最高で4枚のカードの数値が判定の達成値に加算される。

攻撃力上昇や、スキル効果の上昇も同一にしてみようか?
ただし、この場合はメイン判定者のみしかカードは出せないといった感じで。

あと、いくつかのカードにエフェクトを入れてみるのもありか。
まんまシルバーレインだね、これ。
でも、あれ面白いからよしとするってことで!


では、絆のほうはどうするのかというと。
こちらは「風の聖痕RPG」「ダブルクロス」などをベースに考えてみる。

「ダブルクロス」のロイスのように、一人の人物に対して「絆」を結ぶ。
そして、その「絆」をひとつ使用することで以下のような様々な効果を得られる。
聖霊覚醒(ようはブレイク)状態や、パートナースキル、カードを新たに引く、判定をやり直すなどに使用。
ここはまだ煮詰める必要性があるかもな。


で、これをもとにスキルも調整が加わるので、キャラクターコンバートなどはほぼ確実?

とりあえず、また動きを見せたら連絡いたします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 うん、あのカードシステムは中々いいと思っていたりする。
 というと、カード自作になるのかな? かな?

 カード作成は、ワードよりエクセルをお奨めしますw
2008/10/29(Wed) 14:08 | URL  | カルディア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。