日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月20日 (月) | 編集 |
紅夜兇月譚の戦闘システムを改良中。
敵味方3×3マスのマップにそれぞれ別れ、隊列を組んで戦うという現在のシステムはわかりやすいが、なんていうか躍動感がないのでオーソドックスなSLGのようなスクウェアバトルに変更予定。

それに伴ってスキルの一部を変更するが、それはまたあとで。
今は戦闘システムの基盤をしっかりとしたものにしないと、他のに手を出しても途中でわけわかりなくなりそうなので、一つひとつしっかりとな。

詳しいことが決まり次第、この場を借りて報告はしていこうと思う。


そういえば、ぴろしき氏のブログのほうでアルアリード・リメイクにも動きがあったようで。
錬金術師に様々な生命体の創造スキル追加や、サムライの三つの流派。
なんといっても、その流派の三つ目が最高。

「助仁流」(ジョニー流)

よもや、流派を残すとは、ジョニー恐るべし。
でも、説明を見てみると実際にあったりしたら色々な意味で名を馳せそうだと納得。

思えば、アルアリードはさり気なくサムライが多かったからなぁ。
私の場合はTRPGが初めてということもあり、まだよくわかってなかったので無難にやりたいものを選んだ結果、サムライになったのですが。好きですけどね、刀!

……思えば、シンキって結局、あの後、どういう人生を歩んだんだろ。
実はあんまり深いこと考えてないんだよねー。
まぁ、そこんとこは心の中に留めておくとしよう。

しかし、シンキ以上に思い入れのあるキャラクターはそうそう生まれないだろうな。

よし、やりますかな。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 あれ、サムライってジョニー・シンキの二人だけじゃなかったけ(´・ω・`) そんなに多いと感じたこともなかったんだが……。
 まぁ、基本的にクラスはバラけてたからなぁ。自分以外の誰かがいれば、それで「多い」ってことにはなるかな。

 そういやアルアリって、純粋な魔法使いや、回復役プリーストとかいなかったんだよな。
 よく考えれば前のめりだったんだな、あの頃からwww

 シンキの人生?
 たぶん、女性に翻弄さr(ry
2008/10/21(Tue) 10:59 | URL  | カルディア #-[ 編集]
>サムライ多い
サムライが多いのは、NPCも含めて、ということです。

>前のめりパーティー
まぁ、あの頃はまだ皆がみんな、TRPGをそこまで経験したことないから好きにやった結果なので、問題はないでしょう。
それに、案外なんとかなってましたし。

>シンキの人生
なぜ、そんなギャルゲー主人公のような道を進み始めてしまったのだろうか。悪くないけど。
けど、きっと最後に選ぶのは"彼女"でしょうね。
2008/10/21(Tue) 21:28 | URL  | 柊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。