日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月24日 (水) | 編集 |
紅夜の追加要素について、いくつか出しておこうと思う。
いくつかは製作中の段階でカットしたものなどもあり、そして、それからも結構、増えたりしているのでなんかアルシャードっぽくなってきたなぁ、と自分ながらに感じたり。

あんまり大きくなりすぎないように注意しよう。

とりあえず、追加案はまず追加の種族や聖霊の一部を。

・アヤカシ(種族クラス)
鬼や天狗といった妖怪。総称して、アヤカシと呼んでいる。
データ的には前衛向きになるかもしれず、この種族のみ、選択した際のスキル取得でどんな妖怪になるのかが決まる……かもしれない。残念ながら、そこら辺はまだ決まってない。

・ローレライ(種族クラス)
水の中で人知れずに生きていた種族。
過去に他の種族が海を汚すことから袂を分かち、独自の生活を送り続けていた。しかし、中には外世界に興味を持つローレライもおり、基本的にPCはそんな感じになる。

説明不足だったが、紅夜で人間以外の種族はそうだとバレないような工夫をしている。
セリアンスロープだったら、集中することで獣耳や尻尾を隠したり、スピリットは仮初の肉体を持っていたりと、種族によってそれは違う。ギルフォードだけは外見的には人間と大差ないため、うまく誤魔化せさえすれば問題ない。

・ファンタズマ
幻想師と呼ばれる聖霊。
その場には存在しないものを疑似的に具現化させて攻撃したり、
幻を見せて敵をかく乱させたりする能力を操る。

・メサイア
救世主の聖霊。
特殊な武器をひとつだけ取得することができ、また「絆」が増えやすい。
いうなれば、勇者的な立ち位置のクラス。
最初から入れてなかったのは、あえての仕様。

・ゾディアック
星詠み師の聖霊。
星の力を利用した戦い方や、星の動きから探し人を見つけたりすることができる。
聖霊名は「黄道十二宮」を意味する言葉から。

・パラケルスス
錬金術師の聖霊。
その場で様々な物質を生み出し、攻撃・援護の多方面での活躍を可能とするクラス……になる予定。
聖霊名は同名の錬金術師より。


追加クラスについては、今のところはこれらの候補が挙がっている。
ただし、あくまで仮のものなので本当に実装されるかは未定。


他にも現在行っているのは、パートナースキルの大幅改良、フィールド・エフェクト・システムの変更・追加、スキル・アイテムの修正、戦闘システムの見直し。
と……なんか、ほとんど一から見直してる感があるのは気のせいだろうか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 見直す点が多いということは、まだまだ面白くなる要素があるってことですよ!
 作るのは大変でしょうが、その分得るものは必ずあるはずさ(`・ω・´)

 がんばー。
2008/09/24(Wed) 17:30 | URL  | カルディア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。