日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月24日 (火) | 編集 |
久方ぶりに紅夜のことでも書こうと思うのだが、その前にちょっと一言。

まぁ、その、なんだ……人ってのは手元にお金があれば使ってしまう生き物なのだよな。
うん、今日で結構な出費をしてしまいました。

だがまぁ、先月もこのくらいの時期に今日以上の出費をしたからな。


で、戯言はここまでにして、紅夜の製作状況でも。


実は未だにクラスが定まりません。

いや、ある程度の方向性はできてるんだがね、色々なものを見ていると、それを再現できそうなクラスをつい考えたくなってしまうのだよ。

で、考えた末に以前に紹介したクラスの一部を削除したり、修正を加えたり、追加したりしてます現在。


あと、聖霊クラスに加えて種族クラスでも加えようかと。

現代物に種族があっていいのかといわれるかもしれないが、そこら辺は別にゴリ押しでなんとでもいけますよ?
それらしい設定でもつければいいんですから。

とりあえず、考えてる種族
(ちなみに、説明は仮なので変わる予定あり)

・人間
言わずもがな、なくちゃ始まらない種族。
能力は平均的で、どのクラスとも相性がいい。

・セリアンスロープ
獣の因子を受け継ぐ、獣人族。
身体的な能力値は高くなる反面、知性は低くなる。

・スプライト
冥界の住人。亡霊や死神などがこれに分類。
知性や精神面は強くなるが、肉体がないためか、身体的能力は低くなる。

・オートマタ
自動人形。造られし生命。
いくつかの種別があり、それによって能力値が変化。
ただし、どれを選んでも意志だけは低くなる。


と、まぁ、今のところはこの四つといったところ。
詳しいことはまた後日にでも紹介するとしよう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
からくりサーカス好きな俺としては、オートマタがめちゃくちゃ気になります(笑)
2008/06/26(Thu) 12:52 | URL  | ジョニー #TSqh09ZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。