日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年03月19日 (水) | 編集 |
3月16日、夢遊猫氏の別宅にて行われたアルシャードガイアのセッション。
参加者は以下のとおり。

GM


PC
日野アキラ(レジェンド/ブラックマジシャン/ホワイトメイジ):ぴろしき
FDR-11(マシンヘッド/ファイター/ソードマスター):夢遊猫
アクレイム(リターナー/スカウト/アルケミスト):カルディアー
小鳥遊紅葉(フォックステイル/アーティスト/ホワイトメイジ):御剣馨


ちょっとした雑談の後、セッションは始まった。
今回予告

世界に唄が響き渡る――。
それは滅びを告げる唄にして、嘆きの唄。
少女は望む。
全ての破滅を……。

その絶望に立ち向かうは、ガイアに選ばれし希望の光。

アルシャードガイアRPG
『嘆きの唄、未来紡ぐ希望』

一つの終わりと始まりの物語が、今ここに紡がれる



オープニングフェイズ

最初のオープニングプレイヤーは紅葉。
街中を歩いていた彼女は、ふと雑踏の中に立つ一人の男性を見かける。
男性の名前は草壁厚志(くさかべ あつし)。
すでに死んだ人間であるが、あることが心残りで冥界の閻魔様に無理を言って、一時的に現世へと戻ってきた。
自分が見えて、力になってくれそうな人を探している時に紅葉と出会ったという次第である。

さすがに他の人には見えないのに霊と話しているのは危ないので、場所を移動することに。
ここで出た案が路地裏。
無難なところであるが、ある一人の呟きが……。


「やらないか?」

カルディアー氏の録音に何故か、しっかりと残っているこの部分。
後で聞いてたときに、みんな大爆笑。


と、ちょっと話は脱線したが、厚志の話を聞いた紅葉は彼の頼みを聞き入れ、共に彼の目的地であるC県穂積村へ向かう。


続いてアクレイムのオープニングへ。
未来世界の住人である彼は、時間管理局の上司・時乃奏(ときの かなで)に呼び出しを受け、アクレイムが担当している時代のブルースフィアで奈落の使徒・"嘆きの歌姫"リューネがブルースフィアを奈落に落とす可能性を持つ特異点である説明を受け、それを防いでほしいというもの。
アクレイムがこれを引き受けた後、ちょっとアドリブで某世界の守護者のごとくアクレイムを落とし穴に落とすというものをやってみたり。


三番目はFDR-11。
主人の大道善慈から以前、サジッタ社に援助をしていてくれたC県穂積村の有権者・金成剛三(かなり ごうぞう)が今度はサジッタ社に対して技術と人材提供を申し込んできたため、彼について調査してほしいと頼まれる。
今回はちゃんと搭乗者代わりのエキストラを連れてFDR-11は行動を開始。


最後は日野アキラ。
シャドウと"破滅の魔刃"ゼツの二人が戦う夢を見た彼女は、エンデの導きのもと、C県穂積村へと向かうことになる。
過去の因縁に決着をつけるためにも。

……あれ、なんでアキラのオープニング説明がこんなに短いんだ? うぅ~む


こんな感じでオープニングが終了。



ミドルフェイズ

最初は穂積村へ向かう途中で、敵の襲撃に遭うというシーン。
まず紅葉とアキラの二人が合流するも、二人は後衛タイプであるため、さすがにそれは危ないということでFDR-11が合流する。アクレイムはとりあえず様子見。

多少、苦戦はするも敵を撃退し、アキラと紅葉の二人はFDR-11と別れ、別々に穂積村へ。


先に穂積村に辿り着いたアキラと紅葉は村長に出迎えられた後、それぞれ情報収集を開始。


アクレイムは"嘆きの歌姫"リューネについて調べ、彼女が人間の"悲しみ"の感情を糧にするということ、奈落に落ちる前の感情が力に関与しているということを知る。
そして、金成剛三の家に彼女に似た人物が金成剛三の邸宅に出入りしている情報を手に入れる。

FDR-11は調査対象である金成剛三についての情報を集め、屋敷の中でなにかをしているということと、五年前に穂積村であったダム建設騒動の際に、人を殺したという噂が立ったという情報を得る。


上の二つの情報を手に入れたことで、かつて穂積村の土地を管理していた一族についての情報が開示され、アキラがこれについて調べてみることに。

これにより土地を管理していた一族の夫婦はダム建設に反対で、不可解な死を遂げている。
さらに、その夫婦には一人娘もいた。
娘には恋人がいたが、その恋人もまた不可解な死を遂げる。
そのことに深く悲しんだ娘は池に身を投げ、自殺した。

穂積村は蛇神信仰が強く、この一族はそれを祀り、その力を借りることができるという伝説があった。



必要な情報を手に入れたところで、夕暮れを向かえ、一日目が終了する。
一応、日にちを分けているが、特に関係はないです。
ちょっとやってみたかったのです。

一日目の終わりの時、厚志は紅葉に自分が五年前に金成剛三に殺されたことを語り、恋人であった御澄流音(リューネ)が自殺し、さらには奈落に落ちたことを知り、なんとか彼女の魂を救いたいことを紅葉に頼む。

実は当初、このシーンはなかったが、必要かも知れないと思い、即興で考えました。


翌日、紅葉は厚志のためにも金成剛三邸へ向かう。
その途中でFDR-11とアクレイムの二人と合流する。

剛三邸では金成剛三自身と出会い、なんとか中へ入ろうとするも、剛三は頑として譲らない。
一行はなんとか入ろうとするが、その瞬間、大きな地震と共に森のほうが騒がしくなる。


ここでシーンを切り替え、アキラのシーンに。

森の中を捜索していたアキラは、アンフィスバエナに追われるシャドウと出会う。
ここでアンフィスバエナを追い払うための戦闘に入り、他のキャラも合流する。

相手は一体なので、そこまで苦戦はせずに、アンフィスバエナの撃退に成功。

シャドウと話をして分かれた後、PCたちは操られた村人たちに取り囲まれていることに気づく。


いくつかの判定を行ってもらい、それらに失敗することもなく成功したPCたちは村人たちから逃げ切ることに成功する。


その先で待ち構えていたのは、自らが作り出した奈落の魔物を連れた金成剛三。
三度目の戦闘に入り、多少の苦戦をしながらもこれを倒したPCたち。
その場に現れた"嘆きの歌姫"リューネにより、彼女の復讐対象である金成剛三はアンフィスバエナに喰われ、絶命する。

ここでリューネは厚志を見て、激しく動揺するが、この世界を奈落に落とすために行動する。

それを追いかけるPCたちの前に、エンデとシャドウの二人が登場。
エンデはPCたちのHPとMPを治し、シャドウは共に戦うことを決意する。


そして、PCたちはリューネ、アンフィスバエナ、ゼツの三人と対峙する。


が、その前にGMはエンデの活躍を見せるためにマスターシーンを入れる。
そこではプレイヤーの何気ない発言を採用して、色々なキャラクターを登場させる。
きっと輝いていたのはホバーデストロイヤーとアースクラッシャーの二人。


クライマックスフェイズ


始ってすぐにリューネは《ハイスピードキャスト》で先制を取り、紅葉を攻撃。

FDR-11とアクレイムは前に立つゼツを攻撃。
それに続くようにしてシャドウもゼツを集中狙いする。

そして、残った紅葉とアキラの二人はリューネを説得するために行動する。
まずアキラが結界を張り、紅葉がリューネへとたどり着くまでの道を作り出す。

そして、紅葉が厚志と二人でリューネを説得する。
ここで繰り広げられた紅葉とリューネの頬の叩き合い、実際に見たらすごい光景だろうな~。

リューネの説得に成功し、リューネは行動不能となる。
だが、それをゼツが見逃すわけもなく、ゼツはリューネをも始末するために動き出す。


第二ラウンド目でレジェンドの特技で行動値を上げたゼツは、《ヘルモード》を使用してアキラが形成した結界の中に侵入し、紅葉とリューネのエンゲージに攻撃する。
が、避けられる。

PCたちはまずアンフィスバエナに攻撃を加え、紅葉は援護に専念する。

だがしかし、プレイヤーもGMもなかなかに出目がよく、今回はかなり振り直し系のダイスが使用されていた。


時間がかかるもアンフィスバエナを倒し、ゼツに攻撃を仕掛けるPCたち。
ゼツのHPもほとんどなくなってきたところで、シャドウは《フレイヤ》をアキラに使用。
これでアキラが追加行動可能になり、《ガイア》を《トール》に代えて攻撃を仕掛ける。
ここでGMは面白いことを考え付き、シャドウに《トール》を使わせる。

これでアキラは27D6を振る。

アキラの魔法が炸裂し、彼女の過去の因縁であるゼツは世界から消え去った。


戦いが終わり、厚志によって罪を許されたリューネは奈落の呪縛から解き放たれ、
厚志とリューネの二人は旅立っていった。

そして、エンデはここでPCに一つの運命の選択を提示する。

理想郷アスガルドへの道が開かれ、アスガルドへ向かうか、この世界に残るかを。


この際、アスガルドへ向かった場合はNPCとなることと、使用された経験点は全て払い戻されることを伝え、GMはプレイヤーたちが結論を出すのを待つ。
プレイヤーたちはしばらく悩んだ後、皆それぞれに結論を出す。



アスガルドへ向かう→アキラ、FDR-11、アクレイム
ブルースフィアに残る→紅葉


アクレイムは自分がアスガルドへ向かう代わりに、
こちらの世界のことを双子の弟のファーレイムに託す。
その証として自分が使っていた光刃剣を弟に渡す。

素晴らしい兄弟愛が描かれました。
そして、アクレイムはFDR-11と共にアスガルドを目指す。

アキラは使い魔であった黒猫のペルと自分の財産や住宅を紅葉に託し、
エンデに伝えるべき言葉を告げた後、シャドウと共にアスガルドへ。


そして、扉の向こうに消えていく仲間の姿を見届けた後、
紅葉はエンデと共にN市への帰路についた。



エンディングフェイズ


まずはFDR-11とアクレイム二人のエンディング。
共にアスガルドを目指すことにした二人。
本当にその先にアスガルドがあるかは定かではないが、彼らはそれでも進む。
光の向こう側にアスガルドがあることを信じて。


続いて、紅葉のエンディング。
N市に戻ってきた紅葉はエンデと別れ、託されたアキラの家を目指して歩いている途中、
二人の人物とすれ違う。
それは転生を果たした厚志とリューネの二人。
幸せそうな二人の後ろ姿を見届け、紅葉は歩き出した。


そして、最後にアキラとシャドウのエンディング。
シャドウはアキラにアスガルドへ向かうことを後悔していないかを訊き、アキラはそれに答える。
その答えに満足したのか、シャドウはアキラと二人ならアスガルドが見つけられると口にする。
そして、二人は共に光の道を歩いていく。

ここに一つの終わりと始まりは紡がれ、彼らの物語はこれからも続いていく。


アルシャードガイアRPG
『嘆きの唄、未来紡ぐ希望』 完




  Cast

GameMaster



PlayerCharacter

日野アキラ
(ぴろしき)

FDR-11
(夢遊猫)

 アクレイム
(カルディアー)

小鳥遊紅葉
 (御剣馨)

NonPlayerCharacter

シャドウ
エンデ
草壁厚志
"嘆きの歌姫"リューネ
"破滅の魔刃"ゼツ
アンフィスバエナ
時乃奏
新宮宗矢
新宮辰矢
シンキ
リーゼ
オズ
リリィ
カイゼル
グロスター
ホバーデストロイヤー
アースクラッシャー
黒猫のペル
金成剛三
その他
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
あのビンタはほんとノリでしたww


紅葉は一生懸命な子なんです
2008/03/19(Wed) 22:24 | URL  | 御剣 #Knya96cQ[ 編集]
しかし、あのビンタがあってこそ、あの説得シーンは盛り上がったというもの。

これからも紅葉の活躍に期待してますよ。
2008/03/19(Wed) 23:41 | URL  | 柊 #-[ 編集]
 とりあえず、つっこみひとつ。
===
PlayerCharacter

日野アキラ
(ぴろしき)

FDR-11
(夢遊病)
===
 志村ー! 猫ー!ww 病じゃなーい!ww

 そんなわけで、毎度ながら詳細リポ感謝です。
 これで全体像はかかず、好きなところだけ抽出して私が記事を書けるというものww(ぉ

 エンディングは、かなりシメが良かったぜ!
 これからも期待してます。オズの迷宮とか、まだやり足りないしね。
 今度からは、ファーレイムで参戦だ!ww


2008/03/20(Thu) 10:56 | URL  | カルディア #-[ 編集]
>カルディア
しまったぁー! やっちゃったぜ♪
というわけで、修正しておきました。

エンディングは多少は即興だったのですが、好評だったのがなによりです。

迷宮に関しては多少、調整中。
もう少しお待ちください。
2008/03/20(Thu) 21:00 | URL  | 柊 #-[ 編集]
お疲れさん~
レポ感謝!

ふぅ、アキラ……、途中変なキャラ立ちしたが、いい感じにまとまって一安心だ。
アスガルドに相方と一緒に、着くことを願っているぜ、GMもご苦労さん。
ぶっちゃけ、一年しかTRPGやっていねぇのに、あそこまでのシナリオができたもんだと柊には素直に感心するぜ。っか、オレの成長が遅かったのか? まあ、いいや。楽しいセッションだった。もしアキラが出てくることあったらNPCとして使ってくれよ。
っても、能力重視じゃねぇがな。

さて、オレはこのレポを元に印象に残ったアキラの場面をレポをするかな。
2008/03/21(Fri) 00:07 | URL  | ぴろしき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。