日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月17日 (日) | 編集 |
16日に行われた私がGMを務めるTRPG「アルシャードガイア」。
プレイリポートは他の人に任せて、私自身は今回登場したNPCの紹介みたいなものでも。


・新宮辰也

新宮家の次男。
当主の補佐役も勤めているが、基本的にはN市内で起こる事件の調査・解決のために奔走している。それは事件後も変わらないが、最近では兄と共に行動している。
その一方では元気になっていく妹に対する、過保護……もとい兄バカぶりを発揮している。
アルシャードガイアにおいて、私が最も初期に生み出したキャラクター。

クラス:ブラックマジシャン/サモナー/ミスティック


・新宮宗矢

新宮家の長男。
ただ純粋に妹を助けるために奈落の力を借り受け事件を起こしたが、アクレイムらによって改心し、現在は贖罪のために辰也と共に様々な事件の解決に尽力している。
弟と同じく兄バカ。
GMのお気に入りキャラの一人でもあったりする。

クラス:ソードマスター/ファイター/ミスティック


・新宮静葉

新宮家の長女。
一年前にクエスターとして覚醒するも、ヴェルスパの力によって未来を夢で見ることができる代わりに命を吸われていたが、日野アキラのガイアの力によってクエスターとしての力を失う。
その後は弱まっていた体も力を取り戻していき、最近は学校に行けるようにもなってきた。
しかし、兄二人の過保護ぶりに少々、困り気味。
一応、陰陽師としての力は持っている。


・藤原政成

N市内で様々な事件などに通じている情報屋の男性。
クエスターや奈落についても知っており、多くのクエスターが彼のところを訪れている。
本人にはクエスターとしての力はない。

クラス:情報屋


・"嘆きの歌姫"リューネ

今回の事件で宗矢に加担していた奈落の使徒。
人間の嘆きを好み、そこから生まれる負の力を吸収することを喜びとしている。
時には他人に変装し、クエスターたちを騙すこともある。
しかし、今回ではなぜか出目が振るわず、ダメな子のフラグが立ってしまっている。


・"破滅の魔刃"ゼツ

リューネと行動を共にする奈落の騎士。
エンデにより奈落と人間の半分に分かたれたため、現在は完全な力を発揮できない。
しかし、それでも力は強いため、生半可な実力では返り討ちにあう恐れがある。
絶対にリューネに従うというようでもなく、分かたれた半身を追い、単独行動をしていることも多い。


・アンフィスバエナ

奈落から産み落とされた魔獣。
その体は大きく、全長を確認できたものはいない。
普段は地中を移動し、クエスターたちの前に姿を現すときは頭を地表に見せる。



・エンデ

クエスターたちの前に現れる謎の少女。
事件や奈落との戦いには深くまで突っ込みはしないが、助言や少しばかり手を貸すことはある。が、これらはすべて彼女の気紛れの性格によって変わるため、いつも助けてくれるというわけではない。
その正体は謎に包まれており、ブルースフィア以外にも多くの世界でその姿を目撃されている。


・シャドウ

ゼツの分かたれた半身。
奈落の騎士となるも強い意志によって人間としての理性を保っていたが、自分ではどうにもすることができない状態にあったところ、エンデによって救われる。
しかし、完全に戻ったわけでもなく、力の半分はゼツに持っていかれている。
現在は奈落の騎士となった時に犯した罪の贖罪と共に、失った力を取り戻すためにゼツを追い続けている。


だいたい、こんな感じか。
次回セッションでもこの中から数名は登場するかと思われる。まだ未定だが。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。