日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年01月30日 (水) | 編集 |
本日はTRPG「ガンドッグ」のセッション日。
バイオハザードっぽいシナリオは今回が最後であるが、惨劇は最後にこそ待ち構えていた。


プレイヤーキャラが7人中、3人死亡。


このことを先に伝えておいて、とりあえずは覚えている範囲でプレイレポートをしてみよう。

プレイヤーたちはそれぞれの目的で多くの資産家たちが集まる豪華客船フリングホルン号へ集う。
ここから情報収集フェイズが始まるのだが、驚くべきことが起こる。

死んだはずのフリューゲル、蔵人、バイパー、ダグラスの四人が登場。
フェニックス計画と呼ばれるもので復活したらしいのだが、その目は一様に空ろといってもよい。


様々な情報を集めたり、因縁のキャラと決闘を約束していたりとしながら、ヘルに精神を乗っ取られたキアーラを助けるためにPCたちは行動を開始。
船倉へ向かい情報を集めようとするのだが、ここで夢遊猫氏がやってしまう。

まさかのファンブル!
これによって警報が鳴り響き、情報収集を断念せざるを得なくなる。
GMもこれには驚きの様子。
まぁ、ファンブルなんて誰も予想できないからなぁ。

その後、再び船倉に向かい、ヴェルナー、十三、メロディの三人で大勢の見張りがいる通路を突破するということでお馴染みのターゲット・レンジ・システム発動。


ここでヴェルナーが大活躍。
成功率が低くなっていくというのに低い出目を出し続け、大して失敗もせずに突破に成功。


で、少し間を飛ばし、クライマックス。
様々な不運が重なりバッドエンドを回避することは不可能となり、プレイヤーたちには船に残って成すべきことを成すか、ここで脱出するか。

ほとんどの人間が残ることを決める中、ヴェルナーはユウトに逃げるように告げる。
希望(ユウトの妹)を守るために戻れと。



……いやぁ、ヴェルナーのプレイヤーは私なんですけどね。
なんかアイツだけは死なせたくありませんでした。
そのために、ヴェルナーは完全に悪役にはなりきれず、なんか最後のほうで改心した悪役っぽくなりました。


で、十三とヴェルナーは互いに蔵人とフリューゲルとの決着をつけにいく。
が、十三は蔵人に破れ、ヴェルナーはフリューゲルに一撃のもとに倒されてしまう。
メロディは十三の仇をとるために果敢に蔵人に立ち向かうが、一歩及ばず、負けてしまう。


その後、残った四人が行動することになるのだが、ここで私はGMにフリューゲルを操作する許可をもらう。
なにをするかといえば、ユウトの前に登場。

復活させられた者の痛みに苦しみながらも、フリューゲルはかつての仲間を思い出し、今もなお戦場に身を置くユウトに言う。

「お前は帰れ。お前は本当はこんな場所にいるべき人間じゃない。それに、大切な人を失うか悲しみを希望に味あわせるんじゃない」

……無駄に熱くなりました、ロールプレイ。
どうしてもユウトだけには幸せなエンディングを迎えてもらいたかったので。
今、思い返してみれば、凄い恥ずかしいんだぜ。


このフリューゲルの言葉にユウトは脱出することを選び、フリューゲルは追ってきたオーガの前で、自らのけじめをつけるべく頭を撃ち抜く。



もう大満足です。
これに気を許した私はもう隅っこで本を読み始めたため、この先の展開ほとんど覚えてません。

まぁ、エンディングはちゃんと見ましたよ?

ヴォルフの場合
無事に生き延びた彼女は、今回のミッションで行動を共にしていた傭兵バディーラから傭兵団に誘われ、その誘いに乗る。
なんだろうなー、ヴォルフはバディーラとフラグたってねぇ?

雪乃の場合
客船の事件のあと、オーガとファントムの行方不明に。
その行方を捜していた雪乃のもとに、ブリッツから連絡が入る。
二人はいつか再開することを約束する。

……雪乃のエンディング、こんな感じだったよな。
ごめん、ちょっと覚えてない。

ルーシーの場合
ヘルとなんか話してた、以上。
しかし、どうしてかアルアリードのイザヨイとアンシと被るんだが?

ユウトの場合
無事に帰ってきたユウトは希望がいるホテルを訪れる。
まず希望の面倒を見てくれたフィオナに礼を言い、そして部屋の中にいたカズマは家庭的な一面を見せる。
そして、希望は船から脱出する際にユウトが無事に帰ってきたら、自分も歩けるように頑張るという約束どおり、まだ少ししか歩けないが一歩ずつ賢明に、しかししっかりとユウトに向かって歩いていく。
私、これを見ていたら泣きそうでした。
こういうのすごく弱いんですよ。
くぅ、いい演出してくれるじゃねえか、GM。

そして、自分のもとまで歩いてきた希望をしっかりと抱きとめるユウト。
もう、いい主人公なんだぜ。
やっぱり生き残らせておいてよかったんだぜ。



しかし、本当に今回は泣けた。
そして、私頑張った。
ありがとう、GM。わがままだったかもしれませんが、フリューゲルを使わせてくれて……。

あー、ガンドッグはしばらくいいかなー?
とりあえず、御剣氏が作成中というシナリオを待つか。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ブリューゲルにはもう感謝感謝っすよ~
2008/01/31(Thu) 06:12 | URL  | 御剣 #Knya96cQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。