日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年09月15日 (月) | 編集 |
今日は休みだったので、最近、ここに書ける内容を溜めこんでたので一気に大放出です。
まずは最近読んだ本の感想から。…といっても、最近は数がほとんど読めてません。
買ったはいいけど、途中までで積んでたり…そもページを開いてすらいなかったりするのもあります。
なのに本だけは増えていくよ!(


ドラッグオンドラグーン3 ストーリーサイド (GAME NOVELS)ドラッグオンドラグーン3 ストーリーサイド (GAME NOVELS)
(2014/08/28)
映島巡

商品詳細を見る


ドラッグオンドラグーン3の公式ノベライズ本。
内容は序盤から中盤までは本編のDルートを基準に進み、使徒誕生の経緯や登場人物の心情を描いていき、スリイ戦後の教会都市にはAルートにBルートの要素を加えていって結末もそんな感じ。
結末は安定のDODシリーズなのでご安心を(←

なお内容的にゲーム本編では語られてない部分を補完しているけど、中には漫画版のウタヒメファイブの単行本化してない部分のネタバレもあったりだけど、むしろ逆に最終巻が待ち遠しくなったのもある。
あと終盤の展開がAとBルートなので、DOD1にしっかりと繋がる要素がふんだんに出てくる。
契約、天使の教会、封印、女神などなど…。

ただ個人的に思う、DODシリーズ一番の謎は、この世界に災厄を巻き起こす"花"や、それに類する者たちはいったいどこからやってきてるのか。


以上、最近読んだ本の感想でした!
……あれ、おかしいな、もう少し買った本の数はあるはずなのに。
それだけ読めてないということなのかー…ぐはぁ…。

それなのに今日も新しい本を二冊も調達してきている馬鹿です。

今日はもう少し続くんじゃ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。