日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年07月29日 (火) | 編集 |
最近、一週間に一回、休みのたびに映画を見に行ってる気がする。
そして最近の記事もそればかりになってる気がするが…まぁ、気にするな!

というわけで、今回、観てきたのはタイトルからでもわかります通り

『GODZILLA』

楽しみに待っておりました。
子供の頃はゴジラが大好きで大好きで、10年前に日本の作品が終わりを迎えましたが、こうして長い時を経てハリウッド版で復活。
昔もあった? それはジラじゃ…(←

今回のハリウッド製作で正直、また同じようになるんじゃ…という不安もありましたが
見てきて

これはいいものだ

というのが感想です。
ちょっと詳しい感想をネタバレ有で伏せておきます。(いや、そんなに詳しい感想ではないと思うけど…!)
閲覧は自己責任でお願いします。


・怪獣のデザイン
まずはなんといっても怪獣のデザイン
CMとかでゴジラは顔が映った時に、親と二人で「なんだか顔がスリムな気がするw」というのが正直な感想でした。実際、記憶の中にある昔のゴジラと比べると、スリムというか…スッとした印象。ごめん、すごい抽象的。
でも、全体デザインはちゃんと過去作を踏襲していて、見てて納得できるデザイン。

敵対するムートーのデザインは、こちらはゴジラと対照的に外国的だなと思いました。あと、どことなく虫とか蝙蝠とかが入ってる印象。
一体だけかと思ったらオスとメスがそれぞれ存在するっていうのもなかなかいい設定だと思った。
オスの方はどことなくガメラ作品のギャオスを思わせるな、と思ったりもしたが。


・人間
怪獣映画ではありますが、人間側にもしっかりと焦点が当てられております。むしろ、メインが人間というのは、やはり向こうらしいんだろうか。
主人公は主人公で、とても主人公らしかった。

あと、日本人の芹沢博士を渡辺謙が演じてるのは良かったと思う。変に日系っぽい人だと違和感あるしな。
核を使ってゴジラ、ムートー二体を倒そうとする海軍司令に対して、自然が調和を取るために遣わしたゴジラがきっとムートーを倒してくれると信じるべきだ、という芹沢博士。この2人の会話は、なんだかそのまま、それぞれの国的な考えもある感じだな、と。
芹沢博士の父が、広島原爆の被害者になってると思わしき描写からも、核に対する何らかのメッセージだろうな、と。


・残念な点
少し先に残念な点を挙げるとすれば、ゴジラの登場が遅いことと、戦闘シーンが少ないこと。
前者は人間にも焦点の当ててることと、ムートーが動き始めてからじゃないとゴジラが登場できない点を考えればしょうがないのだが…それでもちょっとメインが登場するまでには時間がかかる。
逆に待たされた分、登場シーンが盛り上がるというのもあるが!

後者は、これは本当に見ている途中で思った。
ゴジラとムートー(♂)が初対面したところで、おぉ、初戦闘来るか!って思ったら、主人公の子供が見ているニュースでその様子が描かれるだけ…というダイジェストっぷりに、えぇ!?となった。
その後も軍隊とムートーやゴジラの戦いの様子などは描かれるが、本格的なゴジラとムートーの戦闘シーンは最終盤までお預けである。
時間の都合もあったのかもしれないが、ハワイでの戦闘シーンをもう少ししっかりとやってほしかったなぁ…と。
そこだけがちょっと不満だった。

・一番熱くなったシーン
やはりなんといってもラストのゴジラVSムートー×2の戦闘シーン。
空を飛ぶオスと、巨体なメスという二体に翻弄されながらも懸命に戦うゴジラの姿は、まさしく俺が昔見てきたゴジラそのものだった。
その傍らでムートー(♀)が産み落とした卵のエサにされる核を回収しようとする主人公ら軍隊。
この卵も主人公がガソリンに点火して大爆発を起こすことで始末し、それを見たムートー(♀)が慌てて戻ったり、嘆いたりするところは生物なんだなぁっていう感想だった。

そして、そんな卵を破壊した主人公を発見したムートー(♀)。
主人公、絶体絶命のピンチ!…というところで、主人公の視界の端に映る青い光。
こ、これはもしや…!と思ったら次第に青い光が増えていって、それがゴジラの背びれからのものだとわかる。


熱線キターーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!
(俺、この日最高のテンションの高まり様である)

実は事前情報とかはまったく仕入れてはいなかったので、熱線が出るのかはわからずだったので、出た時の高揚感はやはり半端ない。

更に、ムートー(♀)に対してのとどめも、首筋に噛みついた後、口を掴んで体内に向けて熱線吐いて内側から破壊していくという凄まじい倒し方。

戦闘シーンが少ないのはやはり残念だったが、この戦闘シーンは大いにありである。


ラストも、ムートーを倒し、自身も倒れたと思われたゴジラが起き上がり、人間に見守られながら海へ帰る、という日本シリーズなどを思わせる描写でいい終わりだった。




全体的にメインとなる怪獣の描写量が足りないなーと思うところもあったけど、それでもとても楽しめる作品でした!
DVDとか出たら買おうかな!って思ってる!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。