日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年12月20日 (木) | 編集 |
『ナイトウィザード 2nd Edition』で私が作ったキャラの設定を考えてみた。


名前:カミュ・ラズセルド
クラス:魔剣使い

人間と侵魔の混血児。
そのため、幼い頃は周囲の人間から迫害を受け、時にはウィザードに狙われることも多く、辛い毎日を過ごしていた。
それでも生きてこれたのは優しい母と父が残した魔剣ウィルドの存在があったからこそ。

しかし、ある日、母が村人たちに殺され、カミュもまた殺されそうになる。
そこを助けてくれたのが、たまたま地上に来ていたフール=ムールである。
以来、彼女には助けてもらった恩があるため、頭が上がらない。


その後、ウィザードとして成長する。
目的は自分と同じような境遇の子を増やさないためであり、決して人間や侵魔のためではない。
けれど、理不尽に襲われるイノセントの危機を見逃せない。

普段はぽけ~っとした能天気な性格。
だが、それは他人を油断させるための表の顔でしかなく、戦闘態勢に入ると一転して冷徹な彼女本来の性格が現れる。


・魔剣ウィルド
カミュが持つ魔剣。
かつてはカミュの父が所持していた魔剣であり、現在はその本来の力を封印されている。
というのも、これが解放されればカミュが侵魔として完全に覚醒してしまうため、それを抑えるためにもカミュの父とウィルド自身が力を封印している。
その秘密を魔王の一人、秘密公爵リオン=グンタだけが知っている。
普段は寡黙な男性の姿で常にカミュの傍に控えており、彼女に危険がおよべば、すぐさま自分の身を呈して彼女を守る。



そして、もう一人なにげに作ってみた。
いや、今日はなんだか部活メンバーがキャラ作成ですごい盛り上がってたから。


名前:鷺ノ宮葛葉(さぎのみや くずは)
クラス:侍

赤羽家に仕える侍の女性。
現在は赤羽家長女、くれはの従者として行動している。
くれはとの関係はまるで姉妹のように見える。

また、過去に一時期だけロンギヌスに所属していたことがある。
そのときの関係は今もなお続いており、時折、ロンギヌスからの任務を引き受けていることもある。


性格は生真面目。
古風な言い回しが特徴的で、自分の信念を曲げることを嫌う。



こんな感じ。
葛葉に関してはもう少し、詳しい設定を作ろうかと思ってる。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。