日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年12月16日 (日) | 編集 |
この記事を読む前に11月11日の記事を読んでいると、内容がよく理解できます。
気になる人は以下のリンクから飛んでください。

アルアリード最終回……じゃないよ!



さぁ、皆さん、心の準備はよろしいですか?
ここから先は泣いても笑っても最終戦闘。
その戦いの果て、いったいどんな結末が待ち受けているのか。

アルアリード最終回、プレイレポート。

やっちゃうんだぜ!!



セッション開始時間は午後3時ごろ。
メンバーは前回同様、以下のとおり。

GM
ぴろしき

PC
シンキ(柊)
ルアヴェン&フォルロート(カルディアー)
ハル=ノア(夢咲緋炎)
イザヨイ(霜ーヌ。氷室)

観客
夢遊猫
緑兎



今回は前回の続きのため、始めからクライマックスシーンです。

相手は神殺しの竜、テラードラゴンと1012の魔王の第五位にして絶望を司る魔王、リコ。

一応、前回の終わりから今回の始まりまで冒険者たちは戦っていたことになっており、みんな満身創痍の状態から始まる。
ここでNPCが戦闘に参加できなくなる&規定ターン数経過で死亡という制限をつけることでPCたちは全回復するという演出が入る。


各NPCが耐えられるターン数
ファランテ:7ターン
ティレジェ:7ターン
アンシ:6ターン
リーゼ:15ターン

リーゼだけ高い。
ただ単に私のダイスがはしったからですが。


1ターン目
ターン開始時にリコが前回のセッションでも使った「ターン開始時のスキルを使用不可にする」スキルを使おうとするが、それを受けるとハルの支援が受けられないので、ルアヴェンはここで前回のセッションでレルアスから受け取ったアイテムを使い、そのスキルを封印する。

続いて、テラードラゴンの咆哮。
これの判定に成功しなければそのターン行動できなくなるというもの。


そんな厄介な能力に悪戦苦闘しながらもリコを集中狙いしてダメージを与えていくPCたち。
しかし、GMとて必死である。
ラストバトルに相応しい戦闘が繰り広げられる。


そして迎えた3ターン目。
異次元であるはずの空間に一つの光が差し込む。

それは、かつてアレクセイ救出シナリオのときに出会った四天使の一人、大地の天使の光だった。
PCたちを助けるため、大地の天使は自動的に敵2体の行動順を最後に回す。


4ターン目。
ほとんどのPCがそれまでにくらったダメージでHPとSPがかなり減っていたが、ここへ今度は水の天使が降らせた雨によってPCたちは全回復する。
さらに、アンシがイザヨイに向かって自分の剣を受け渡す。

これによってイザヨイの攻撃力が格段に上昇する。


5ターン目
風の天使が現れ、リコとテラードラゴンの防御力を0に下げる。

ハルとイザヨイの活躍により、このターンで魔王リコは人間達の前に敗れ去る。

ターン終了時にはティレジェの力により、PCたち全員が再行動可能となる。



そして、アンシの生死がかかった6ターン目。
最後の四天使である火の天使が現れ、全PCの攻撃力に+100。
シンキやハルはスキルなどの修正も加えて、素の攻撃力で200越えを成し遂げる。

ハルの攻撃でテラードラゴンはギリギリまで追い詰められ、最後はシンキが止めを刺すために行動に移る。
1回目は当たるも、2回目はクリティカルが出して攻撃を避ける。

しかし、シンキはフォルロートと命の絆を結んでいるため、さらなるメジャー行動を行う。

3回目の攻撃も避けられ、残る4回目に託される。
が、ここでまたもやGMがクリティカルを出す。


成す術なしと思ったそのとき、リーゼの力によりテラードラゴンは動きを封じられ、さらにファランテの力によりシンキの刀に光の力が宿る。


これによって振るダイスが10D増え、総計で13Dを振ることに。
出目もなかなかよく、与えたダメージは……


266!!


シンキの一撃がテラードラゴンを捉え、神殺しと呼ばれた竜の肉体が消滅する。
それと同時に空間が歪み、PCたちは現実世界へと。


ここでマスターシーンが入る。
PCたちのために600体近くの魔王と戦っていたミアリードだが、第67位のオセを相手したこともあり、疲労の色が見え始める。
そんな彼女に襲い掛かる1体の魔王だが、二つの剣閃が魔王を切り裂く。


ジョニー、タチ登場!!
一同「ジョニイィィィィィィィッ! タチイィィィィィィッッ!!」


さらにシンキとルアヴェンの師匠であるジャスベルと、弟子のエネリオ登場。
シンキ&ルアヴェン「ししょおぉぉぉぉぉぉっ! エネリオォォォォォォッ!」


ミアリードを癒すためにアレクセイ、フィードも登場。
さらにテンションが上がっていくプレイヤーたち。


そんな彼らに13位の魔王が相手をしようとするが、その前に立ち塞がる影。

「どれ、ではワシが相手をしようかの」

シンキ「ライコウきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


「祭りと聞いてやってきましたー⊂二二二( ^ω^)二⊃<ブーン♪」

ちょっ、ティスタメイズ(アルアーク聖神殿の兵士)、お前らw


「まったくアルアークの連中と共に戦うことになるとはね」
「はぁ、はぁ……! ええい、私はギャグキャラではない!」

アディス&ライオット登場!
ってか、相変わらず疲弊してんな、ライオット!
そんなお前が大好きだ!


第一期のキャラ、ヴァル、オリアス、ボティス、アスロト、エルトンも登場。


そして、どこからか聞こえてくる演奏と共に血の風の傭兵団もとい……

血の風の合奏団が登場!
ルークが来てくれたぜ!



シュティア、シーゼルも魔王たちと戦っている。



第一期メンバーやNPCが勢揃いだな!?
こういう展開、大好きだぜ!!




って、フィリオは……?
とか思っていると、続いてシンキたちのシーンへ移る。


肩口から血を流し、シンキに助けを求めるトゥーレイア。
そこへGMが。

「それじゃあシンキ、知覚で判定して」

は? え……ちょ、えぇっ!?
ここでそうきましたかー!!


というわけで、心臓バクバクさせながらダイスを振る。

達成値は18で成功!

今のトゥーレイアはテラードラゴンの意識が残った状態であることが判明し、シンキに二つの選択が迫られる。

1.テラードラゴンを倒すため、トゥーレイアを殺す
2.トゥーレイアを生かすため、テラードラゴンを見逃す


皆が逃げるテラードラゴンを見て武器を抜く中、シンキはそれを制し、静かにトゥーレイアの前まで歩み寄る。


そして、選択する。
殺すでもなく、見逃すわけでもなく、ただ自分の想いに従い。

3.トゥーレイアを助ける

という、自分が導き出した答えを。


黙ってトゥーレイアの頭を撫でるシンキ。
テラードラゴンはそれを振り払おうとするが、トゥーレイアの強い意志が表面化する。
あと少しでトゥーレイアからテラードラゴンを追い出せるらしく、トゥーレイアはシンキに手を差し出し、願う。

「少しでいいです。力を、貸してください」、と。

それに応えるべく、シンキはトゥーレイアの手を握り、
「わかった。俺がついてる」
(短い言葉なんだけど、あー、やっぱりロールプレイは恥ずかしい!)


ここで抵抗判定を行う。

出目は15で、これまた成功!


見事、トゥーレイアの体からテラードラゴンが抜け出す。
そして、飛んで逃げようとするテラードラゴンを、一本の矢が貫く。

え?
矢って、まさか……


こちらに駆け寄ってくる一人のエルフの少年。


フィリオ、キタァァァァァァァァァァァァァァッ!!

エアーマンと、背景と呼ばれ、あまり出番のなかった彼がここで登場!
すっげぇ、カッコイイぜ、フィリオ!


そして、悪夢は終わりを告げた。



Ending

イザヨイ

戦いは終わり、アンシの体の崩壊も収まった。
そして、アンシはイザヨイに問う。

人として共に生きるか、魔族として共に生きるか。

イザヨイの答えなど決まっていた。
彼は、人間として共に生きていこうとアンシに告げる。


ハル

戦いが終わった後、ハルのもとに一通の手紙が届く。

「また自分探しの旅に出ようと思う ファランテ」

そんな馬鹿なことを彼女が許すわけもなく、すぐにファランテを追いかける。
思いのほか遠くにはいってなかったらしく、すぐにファランテを捕まえる。

きっとこの作品で一番、お似合いの恋人たちの未来を願って……。


ルアヴェン

リコの魔核により、元のホムンクルスに戻ることに成功したレルアス。
動けるようになった彼は、自分をあんな姿にした組織ヨルムンガンドを潰すべく、一人静かに旅立とうとしていた。
そんな彼にルアヴェンは語る。

「一緒に行こう」と。

……こりゃ、完全にルアヴェンとレルアスのBLフラグは完成したな。
まぁ、綺麗に収まったから良しとしよう。



シンキ

壊滅的な打撃を受け、王も女王も行方不明となった古都ヘルフェンティア。
しかし、生き残っていた王女ネフィリアが新たな女王として即位し、トゥーレイアは従姉妹である彼女を支えようと努力する。
だが、帝国からの戦争が控えていた。

そんな中、シンキはリーゼと共にヘルフェンティアの兵士として戦うことを決める。
今度こそ、その手にしたものを失くさないために。


命を奪うためではなく、戦いを終わらせるために、シンキは新たな戦場へと向かった。



THE END



こうしてアルアリードはハッピーエンドで終わりました。
このレポート、後半のほうはちょっと私なりの解釈が入ったり、表現を加えたりしていますがそこは軽く受け流してもらって構いませんので。

アルアリード、長いようで短かった。
今、思えば初期の頃のシンキはバンナムダイス、背景、生き返れないという駄目な奴だった。


だが、しかし、彼はきっとどっかに出てくる。
具体的にいえばアルシャー……(謎の圧力によってもみ消されました)。



GMぴろしき氏、素晴らしい物語をありがとうございました!
そして、お疲れ様です!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
サンキュー&お疲れ
戦闘重視のセッションでしたが、楽しんでいただけたようで何よりです。

シンキの活躍はすごかったね~、今後の物語は各人がおのおの思い描いた形でいいよ~

それじゃあ、次もまたよろしく~

2007/12/16(Sun) 23:26 | URL  | ぴろしき #-[ 編集]
フィリオォォォォォオオオオwwww

とんでもねぇ、何この背景くんやってくれるじゃないかぁ!
2007/12/17(Mon) 01:02 | URL  | 御剣 #Knya96cQ[ 編集]
 レポート乙!
 アルシャのシンキも期待してるぜ!
2007/12/17(Mon) 12:17 | URL  | ルアヴェン背後 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。