日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月27日 (水) | 編集 |
今日、昼ごろに買い物にでかける。
ひとまず買ってきたものは、こちら。

エンドブレイカー! 上級ルールブック 山斬烈槍ランスブルグエンドブレイカー! 上級ルールブック 山斬烈槍ランスブルグ
(2011/04/27)
藤澤 さなえ、上村 大 他

商品詳細を見る


本日発売のエンドブレイカー、TRPG版の上級ルールブックです。
公式ルールブックは500円という破格で、今回はB5版でページ数もそこそこありながら2380円。
F.E.A.R.系のはこれくらいで軽く2800~3000円いくので割とお値段はいいほうかも。

PBW版をやってる人には、ハガキ応募でジョブ「天誓騎士」と武器「フレイムソード」が追加される。
商法…と思うかもしれないけど、サプリメントとかにデータを小出しにしてくるF.E.A.R.のよりはまぁ、まだいいほうなんじゃないかなぁと思ったりも…や、別にだからといってF.E.A.R.のほうをどうこう言うつもりはありません。


あと、詳細については伏せときます。
[続きを読む...]
スポンサーサイト


2011年04月27日 (水) | 編集 |
暇な時間を見つけては、新しい自作TRPGのことは考えるも…うまくいかない。
以前に考えたシステムも、見直してみた後、しばらく考えてやっぱりやめたし。

つまり、また0に戻った感じですねー。
オーソドックスなものを作ろうとすると、オリジナリティが感じられないし…
逆にオリジナリティを出し過ぎると色々と飛躍しすぎて、なにがなんんだか訳が分からなくなりそうだし。


ところで、一つ質問。
TRPGで大きくジャンル的なものを考えるとファンタジー、現代物、SF…くらいなのかな(wikipedia調べ)
皆さん的に好きなのはどの辺りなんでしょ?
もしよければ、コメントなりで一言、これが好きとか貰えると参考意見になるやも

やっぱりねー、一人だとこう情報が自分のに限られるという。


なお、幻想協奏曲(通称、ファンタ)を作り直すのもありかなーと思ったけど…
そうした場合、今の俺の心情的に風呂敷広げ過ぎた感もあったので、
一部クラスの削除が確実なわけで
まぁ…そっちもどうするかは考える。

なにか作るって簡単なことじゃないよ、ほんとに。


2011年04月25日 (月) | 編集 |
ひとまず、一週間ほど前に、とある場所に履歴書を送ったけど…
連絡がないということは書類選考で落ちたかな。
こういう時、履歴書返却ならわかりやすいんだけど、向こうで処分ってなると書類選考落ちの判断に日数がかかるから困る。

まぁ、ダメ元で送りつけたので次を探しましょう。
落ちた所を云々と引きずってもしゃーない、次々、これくらいの調子が一番。


2011年04月24日 (日) | 編集 |


人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、
生きているということを実感することもできない。
ハイデガー


※Caution
この記事は23日の夜に行われたアルアリードのオンライセッションに参加した人向けです
一応の説明は入れますが、参加してない人やよくわからない人が見ても混乱する恐れがあります。

閲覧は自己責任でお願いします。
仮に読んで、もしも気分を害した、反論したいといっても私は一切、受け付けません。
あと長くなること必至なので、その辺りも御了承ください。
覚悟と共に読んでください。

なお、コメント等は意図的に受け付けないように設定してます。

(※機会を見て、この記事は削除するかもしれません)
[続きを読む...]


2011年04月21日 (木) | 編集 |
ここで死ぬ運命ではないと…

……って、これはエルシャダイじゃねぇかっ!
まったくゲーム内容とか知らないけど、そろそろ発売らしいけど、すでに発売のかなり前からネタだけが一人歩きしているという現状。
さて、本編はどのような評価がされるのか気になる所。
……まず、プレイはしないと思うけどなっ!!


で、今日の本題はこっちじゃねーっての。
こう、かりかりとマイペースに製作を始めた新しいTRPGのほう。
システム周りをぼちぼちと考えてみる。

やっぱり世界観などは後回し。
よくよく考えたらファンタジーなのか、現代なのか、それともSFとか…そういったものがまったく考えていなかったわけであって、先にシステムの基盤をしっかりさせるべきかなーと思った。
コンセプトは、わかりやすくて、やりやすくっ!
ここだけは製作において一貫してる私です。

や、ほら、TRPGってPSPとかのデジタルゲームではコンピュータが処理してくれる部分も、人の手で行われるから、あまり複雑にしすぎてもGMもPLもオーバーヒートしかねないからね。
まぁ、そんな感じでやりつつ……能力値を考えてーの……

うん、なんだかPBWっぽいシステム周りになったぞwwww

でも、無理ない感じだし、問題ないだろうっ!
というわけで基盤の製作日数……1日
この調子でいけたらいいなぁー。


2011年04月20日 (水) | 編集 |
えー、本日、時間がぽっかりと空いたので午後から部室のほうへ顔出しに行ってきました。
事前連絡? なにそれ、おいしいの?
そんなものなしに行くのが楽しいんだろうがーっ!!

で、まぁ部室にいた瑠久らと4時間ほど話をしてきました。
…さすがに在学中みたいに学校が閉まるまでいるってのはしませんでしたけどもっ!
それでもすでに入ってる一年生とも会って、少しは話ができましたのでよしとしましょう。


なんだかんだで部室のほう、地震被害ひどくなかったみたいです。
置いてあった物もほとんど壊れたりしてなかったし?

しかし、やはりあの空気はいいもんだなぁと思った。
さすがに頻繁に行くのは自粛しておくけどなっ。


2011年04月19日 (火) | 編集 |
こう、仕事探しの合間などにぽっかりと時間が空いたりすると、なにかをしてないと落ち着かない俺。
PBWをやったりもするけど、やはりそればかりだけでは長続きするわけもなく、
こんな時に色々とやってると、こう……創作者としての何かが疼いてくるというか…

なにかを作りたくて仕方なくなったりするわけですっ。

そんなわけで色々とTRPGのことを考えてみようかな、という。
[続きを読む...]


2011年04月12日 (火) | 編集 |
色々なゲームや漫画などによく出てくる『魔王』という存在。
俺がこの単語を聞くと思い出すのは、『LIVE A LIVE』という1994年にスクウェアが出したゲームに出てくる、オルステッドというキャラクター。

俺が知る限り、悲しい経緯で生まれた魔王であると思ってる。

[続きを読む...]


2011年04月11日 (月) | 編集 |
まだ地震には油断できないね。
さっきもまた福島のほうで震度6の地震が起きたし。
…ちょうど外出して、返ってきて、荷物整理してたらなーんかカタカタ言うなぁと思ったら、揺れていたっていうね。

被災地の方は気をつけてーっ!


…で、少し話変わりますが、実はこの土日に色々と体動かしすぎて、
なぜだか左足が猛烈に痛い私です。

歩くだけで痛みが走って、意識しなくとも歩き方がぎこちないものに。
階段を上るのも苦しいんだぜっ!


やっぱ運動は大事かなぁ…


2011年04月07日 (木) | 編集 |
つい先ほど、また大きな地震がありましたね…宮城のほうで震度6強、かぁ。

約一か月前のは昼間だったけれども、今回はまさかの深夜かよ…。
正直、被災地のひとのほうは大丈夫なのかとすげぇ心配になる…。

……実はうちの父方の実家が宮城なもので、すっごい心配なんですよ。
一応、一か月前の震災では早めに連絡が取れたのでよかったんですが…こうなるとまた心配だぁ。


早く収まってほしい。


2011年04月04日 (月) | 編集 |
ここ一カ月の間に読んだ本のご紹介。

アナザヘヴン〈上〉 (角川ホラー文庫)アナザヘヴン〈上〉 (角川ホラー文庫)
(1999/12)
飯田 譲治、梓 河人 他

商品詳細を見る


2000年に映画にもなったサイコサスペンスのアナザヘヴン。
だいぶ昔……中学か、高校くらいの時にテレビでやってた映画を、最後のほうだけ見た記憶があります。

ひとまず小説のほうは上下巻で、一冊もけっこう厚いので長く読めます。

ストーリー内容は……ここでは書きませんっ。
や、うまく内容を伝えづらいというのもありますが、それなりに全体的にグロテスクな表現があります。
特に……

食事の前後にこれを読むことはお勧めしませんっ!

いや、まじで。




………あれ、内容を書かないと、さすがに感想が言えねぇ。
あー、この小説をかつて一度も読んだことがなく、映画も見てない完全な初見で、上巻を読んだだけで犯人の正体がわかったーという人がいるのだろうか、とだけ言わせてもらおうかな。


2011年04月03日 (日) | 編集 |
免許も取ったので、就活に更なる本腰を入れての活動期間です。
でも、まぁ、そればかりだといつぞやみたいにぶっ倒れるかもしれないので、適度に休憩やらなんやらは入れております。

最近の暇つぶし…というか、ニコ動で最近見てるものは……


ホラーゲームの実況プレイ

よく、日本のホラー映画は世界的に評価が高いと聞く。
けど、日本のホラーゲームだって負けてないはず!

でも、さすがにプレイしてる暇がないので、夜中などに実況プレイを見て楽しんでおります。
ホラーゲームはやってる人によって本当に反応が違う。
本気でびびって大声を出す人もいれば、淡々と反応したり、反応しなかったりな人など、様々。

その違いを楽しむのもありです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。