日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年06月29日 (火) | 編集 |
プレイもかなり進んで、あと数シナリオでSIRENも大筋のストーリーは終わりそうです。
やっぱりプレイ動画とかを先に見ていたから、やるべきことがわかっている、というのが
強みになってサクサクとプレイできるところも多かったので。

見ないでやったら、たぶん今頃でようやく中盤辺り……なのかな。
実際のところ、どうかはわからないけど。

ちなみに、残りは須田恭也ラストの終了条件2と竹内多聞の終了条件2のみ。
でも、これが難しいのなんの。
恭也は慣れとタイミングが必要になってくるし、
多聞は強敵との戦いが多いから、うまく戦う場所を選ばないとボコられるし…
やっぱりラストは難易度高いです。

ちなみに、ここまでに何回、ジェノサイドエンドを見たことか。
あのデモシナリオだけ色んなところからルートが流れてくる、驚異の吸収率!


あ、ジェノサイドといっても別に主人公たちが虐殺されるわけじゃなくて…
むしろ最強に等しい存在になったSDKが羽生蛇村の屍人を虐殺するというものです。
ここから異界ジェノサイダーと呼ばれる彼の戦いが始まるんすねー。

なんかホントにここだけは空気が今までのものと一変するという。


さーてシナリオクリアと、その後のアーカイブ集めをせねばな。
スポンサーサイト


2010年06月28日 (月) | 編集 |
須田恭也のシナリオプレイ中、最初の方にいる狙撃手がやたら知覚力高いなーと思ったら
……俺、ライト点けてるじゃん!?
そりゃバレるわ……はははははははっ!

それさえ注意すれば、なんか後は難なく進めたというのはこれ如何に。
ってか、ここまで火掻き棒一本で奮闘する主人公ってどうよ。


で、ちょっと終了条件2の必要行動を満たすために前のシナリオへ飛ぶ。
目的は羽根屍人になった警官を罠にはめて、拳銃を強奪すること。
途中の犬屍人に遭遇しないのと、うまく手順が踏めれば難なくクリアーできるシナリオだった。
しかし、拳銃を手にした時の主人公の顔がキリッとしたものになったのは逆に吹いた。


すでに終盤に入って残ってる操作キャラクターも少なくなったきたから
同じキャラのシナリオが連続で続くのは仕方のないことだな。
まぁ……残ったやつ、ほとんど武器持ってるわけですがっ!


そういや昨日、近所のエンターキングに行ったら、この前まであった
SIREN2が買われてなくなってた。
なんか似たような人がいた、というわけでしょうかっ!


2010年06月26日 (土) | 編集 |
いったい、どれくらいなのだろうとふと思ったSIREN。
いや…これって途中で死んだ場合、その間の時間って記録されてないみたいだから
セーブ画面に記録されてる時間と実際のプレイ時間って違う気がする。

ともあれプレイ日記です。

・須田恭也 SDK! SDK!
進めてたら新しいシナリオが出たのでプレイ
条件は「頭脳屍人(ブレイン)」の撃破なのだけど…こいつがやたら逃げる逃げる。
追いつくのは難しいので、途中で待ち伏せして壁にはめてボコしてやりました。

あと、廃屋の終了条件2もクリアー。
基本は同じなんだけど、ここ狭いからやっぱり慣れない…。


・竹内多聞 ヅラじゃない!
病院の終了条件2を達成するためにプレイ
今回は最後に恩田・姉とのタイマンもないので、あんまり銃弾の残りは気にせずに戦闘。
や、一応、気にしといたほうがいいんですけどね。
復活の早い蜘蛛屍人を最大でも8体しか倒せないので。


・宮田司朗 みっやみっやにしてやんよ!
病院の終了条件2…を達成するためにプレイなんだけど、
実はそのために必要な他シナリオの必要行動をやらないでのゴリ押しプレイという。
ぶっちゃけ宮田先生はゴリ押しでうまくいくことが多い。
そうでもない時も多いが!


・四方田春海 通称:しゅんかいどの
しゅんかいどのの初シナリオ
小学生なんで戦えません。走るスピード遅いです。屍人に触れられたら即死亡。
…というたぶん、全キャラ中でシナリオ数が少なくとも
かなり難しい部類に入るキャラクター。

でも最初のシナリオは廃屋からの脱出なので屍人の数も多くはないのがよかった。
最後のも……ちょっとひやひやしながらもクリアできたし。


というわけで結構、進みましたねー、SIREN。
まだ3日目に入っていないのだけど……!
だんだんと屍人たちもえげつなくなってきた。


2010年06月24日 (木) | 編集 |
ちまちまと進めてる「SIREN」のプレイ日記です。
ほどよく難易度も高いので(ほどよいのかはプレイヤー次第ですが)、久々にやりごたえを感じながらプレイしてます。
ま、ホントに集中力を使うので一日に一気に進めることできないんですが。

マジで、視界ジャックに集中しないといけないところは他の奴に見つかんないか、とか集中力を使うので長時間のプレイができないんですよ……
もう年かな(←おぃ

で、今日はヅラ疑惑があったりする竹内多聞先生の狙撃手を倒すシナリオの終了条件2。
…実はここって終了条件1と2の手順はまったく一緒という。
違うのは、別シナリオで条件を満たすことのみ。
いちいち別のことやんなくていいのが楽だね!


続いて、撲殺天使・宮田先生の病院シナリオ。
初っ端から恩田理沙(主要人物の一人)の屍人とタイマン勝負!
が……この宮田先生はその異名通り、ラチェットスパナ&ネイルハンマーという二つの打撃系武器を持っている。
特にネイルハンマーの威力は終盤に主人公が使える武器を除けば、作品中に手に入る武器の中で最も高い攻撃力を持つ!
負けるわけがねー。とりあえず撲殺!

でも、理沙の笑い声と断末魔は何度聴いても怖い……
幸薄いしな、理沙。

で、他の蜘蛛屍人なんかも撲殺しながら進み、理沙の姉・恩田美奈とタイマン!
やっぱりネイルハンマーで……

ボコる! ボコる!! ボコる!!! 

難なくクリアーです。
でも道中はちょっと時間がかかる。道がちょっと長すぎる。

とりあえず今日はここまでー。


2010年06月23日 (水) | 編集 |
皆さん、この動画を覚えていますか?
(※コメントは非表示推奨です。ぶっちゃけ表示してると見えない)

[続きを読む...]


2010年06月22日 (火) | 編集 |
さて、昨日はあまりに眠気がひどかったのでプレイはおやすみしましたが、
SIRENプレイ日記です。ちまちまと進めております。

ひとまずシナリオセレクトモードが出たので、それを使いながらまずは終了条件2が解放されてるシナリオから進めることにしました。
……まだここらへんは終了条件2も優しいよなー。

なお、このゲームでなにが一番厄介かって……
猟銃でスナイパーやってる屍人ですよ。
こっち見えてるのかって距離で気がついて、その距離で普通に当ててきて(避けるのはほぼ不可能)、ほぼ2発受ければ即死という鬼畜ぶり。
1ステージに1体とかなら、まだ許せるんですけど……2体とかになると、マジ鬼畜!

だけど負けない。俺、絶対にこのゲームをクリアしてみせるんだ!

……と思ったら、俺にとって鬼門のロリコン校長が出てくる先生のシナリオの終了条件2をやらなあかんのか!?
し、仕方ねぇ……何回もやって戦い方も覚えたし……
あ、別シナリオを開始させる条件も満たしとかねえと……また来るのはいい加減にやだしな。
あんなロリコン校長っ!


さて、意外とやってて気がついたのですが、このゲーム屍人を倒すのが終了条件の時よりも
屍人の目をかいくぐってなにかを探し出せ、という条件の時が優しくなるのは気のせいか!
……気のせいだよなー。
まだ一番の鬼門のキャラクターが来てないはずだし。


久々にやりごたえがあっていいです、これ。
最近は少し前のゲームとかをやりたいと思うことが多くなったかも。


2010年06月21日 (月) | 編集 |
アモールが仲間たちの下を離れ、今よりも強くなるための修行の旅に出て二日目。


「み…みず……」

愛に生きるちっちゃなドワーフの戦士は、喉の渇きによって命の危機に晒されていた!
[続きを読む...]


2010年06月20日 (日) | 編集 |
SIRENのプレイについてはちょくちょくと書いていこうと考えた。
目標としては一回のプレイを終えたら、忘れない内に書いておく、的な気持ちで。
というわけで、カテゴリに「SIRENプレイ日記」を増やしておいた!


さて、つい数時間前にロリコン校長が強いって叫んでましたが、
なんとかそのステージはクリア完了しました。

ってか、同行者で小学生がいるんですが、一度、どこかへ隠れてしまうんですよ。
で、しかもある程度いくつか決まった中からランダムに、というの知らず、
スタート地点まで戻っちまったじゃねーか!

けど、追ってくるロリコン校長をうまくかわして、邪魔な屍人はバールで一蹴して
このゲームで厄介な拳銃持ちの屍人は無視してゴリ押しでクリアしました。
まぁ、どうせまた後で終了条件2とか、アーカイブ集めに戻ってきますがね…!


で、その後、撲殺天使・宮田のステージは警官屍人の隙を見計らって
得意の接近戦へと持ち込んで……

打つべし! 打つべし! 打つべし!

一方的にタコ殴りにして勝利。
難なくステージクリアしました。


お次は主人公・須田恭也とツン子・神代美耶子の廃屋からの脱出
タイミング間違えたり、予想外のところで屍人来たり、気づいたら美耶子が~
で、ここは……5回くらいはリトライしただろうか……
でも、なんとかクリア……アーカイブとか全然集めてないけど。

ちなみに廃屋脱出前に、屍人一体と強制戦闘なんですが、
なぜかコイツ美耶子を狙いに行くので、後ろから火掻き棒で殴ってやりました。
これぞ……

美耶子ボンバーー!!

や、偶然の出来事ですが…!


ひとまず今日のプレイはここまで。
集中力持たんよ、ちまちま進めるとしよう。


2010年06月20日 (日) | 編集 |

ロリコン校長、つえぇぇぇっ!!

とりあえず「SIREN」プレイ中、現在のシナリオやってて思ったこと。
学校の先生が主人公なんですが、途中で屍人化した校長がやってくるんですよ。
通称「ロリコン校長」が……強すぎるよ!

攻撃速度が意外と早いし、倒しても回復スピード早いから気づいたら復活してるし!
アレに何回、殺されただろうか……!

は、早くも壁にぶち当たってしまったぜ……!
ロリコン校長の前には、エクスカリバールもただのバールになってしまうのかっ!?

だが負けねぇ。オレは負けねー!


……あ、ちなみに少しだけ消灯プレイしてみました。
うん、意外と怖さ増します。ってか、テレビの灯りが怖いよ!


ホラー苦手な人とか、アクション好きだけど、あんまり戦えないのは
苦手ーって人……とりあえず「SIREN」やりなさい。

お…お前も、こっちの世界にこーいっ!(屍人的意味で)


2010年06月19日 (土) | 編集 |
というわけで、「SIREN」買っちゃった!

もう色々と音楽も聞いてたらやりたくなった。
ひとまずPS2の無印から…2はやるかどうかは保留にしておく。

一時間ちょっとプレイ。
プレイ動画を見てたから、ある程度のことはわかっているので
意外とさくさくとプレイできてます。
操作方法も思ったより難しくないしね~。

しかし、視界ジャックは屍人も動くのでそれに左右されて
うまくみつからないことも多かったりする。
気がついたら見つかってるとか、意外と多かったぜ!
その時は武器持ちのキャラだからよかったものの……武器なしキャラだと、
場合によっては一発アウトじゃねえか…

でも意外とメタルギアとバイオをやったことある人なら
そこそこプレイに慣れるのは早いんじゃないかな。


さ~て、全てのクリア目指してゆっくり頑張ります。


ゆっくり絶望していってね~!


2010年06月18日 (金) | 編集 |
さて、ここ最近はニコニコ動画で「SIREN」シリーズのプレイ動画ばかり見ていました。
本当に暇潰しに見たのが最初なんですけど、これが意外とハマってしまうもので…
見事に画像フォルダにPixivで見つけてきたイラストや、動画ファイルが蔓延してます。

よし、余裕ができたらSIRENプレイする!

とりあえず動画を見た感想などを書いておこうかと。
一応、ゲーム内容にも触れるのでネタバレ注意、ということで気になる人は続きより。
[続きを読む...]


2010年06月16日 (水) | 編集 |
なんの気なしに、今までの自分のPCたちがどういう武器を扱っていたのかを考えてみた。
やっぱり白兵型のキャラを作ることが多いからか、いつも同じ種類の武器じゃなくて
それぞれのキャラクターで色々な武器を扱わせてみたい、という気持ちがあるので。

というわけで、アルアリードのキャラたちだけリストアップしてみたよ!
[続きを読む...]


2010年06月13日 (日) | 編集 |
え~、というわけでまずは12日に行われたTRPGアルアリードのセッション、お疲れさまでした!

今回もまたプレイ中に予想外の事態が巻き起こりましたね~。
いや、あれは誰にも予想できん。ってか、あんなことになるなど誰が思うだろうか!
まぁ、ひとまずきっとアルアリードの歴史に大きく残る大事件? になったとか思いつつ、
その一方で冒険者たちの旅は続きます。続くったら続きます。


で、今回の旅にて愛に生きるドワーフ・アモールにもそれなりに思うところがあったり、
PL的な考えもあってEDでは短い期間ではありますが修行の旅へと出させてもらいました。
アイツ、PT内では最年長ですが、まだまだ強くならなくちゃなーと思った次第で。
みんなのEDを見ながら、ずっとそのことを考えてました。

だから最後に回してもらったんだよ!
なんで、みんなアモールの後だとハードル上がりそうなんて言うんだよ!


ひとまずアモールのお話は次回セッションまでには、こちらのブログに上げようかと。
実はすでにそれを考えた時点でどういう感じのものにするかは決まってましたので。
……なんつーか最近はこう個人的に書くお話が楽しいです。

GMさんはいきなりの無茶なお願い、聞いてくれてありがとうございました。
六花の時も似たようなことをしてしまいましたが、アモールはしっかりと帰って来ます。
どういう風になるかは、実はPL自身もわかってなかったり……

アモールは、すでに俺の手を離れて一人イノシシの如く夕日に向かって走ってるので。
ってか、自分で抑えられるキャラにしろよ、俺!



で、セッション後は一部メンバーと共に夕飯……まぁ、これはよくあるパターンですね。
が、さらにその後、徹夜でカラオケまで。しかも珍しいメンバーで。
久々におおはしゃぎができたので、すごく楽しかったです。

ひとまず大満足。しばらくは授業頑張るぞー、とか俺にしては珍しいことまで考えるほどにやる気が。
でも日曜はほぼ一日、寝て過ごしてました。体力回復です。
明日からまた授業だしな。


最後に、改めて今回の参加者の皆さまはお疲れさまでした!
あとアモールを書いてくれた太子! 本当にありがとう!
絵心がないオレとしては、自分のキャラに絵がつくだけでもすごく嬉しいのです!
最初は大笑いしたけど、あれも感謝の表れさ!




……やー、しかし最近、ホントキャラが濃いなぁ。


2010年06月09日 (水) | 編集 |
最近、ニコニコ動画でPS2ゲームの「SIREN」の実況プレイ動画を
見続けてたせいか、影響されてやってみたいなーとか思うことが多い。

でも我慢です。そんなにお金は使えない。
だから動画で我慢しとく。


難易度は高いけど、ああいう戦えるけど、敵は完全に殺せないアクションゲームとか
たまにはやってみたくなる。あと、ストーリーの難解さも好きなほうだったり。

一つ言えるのは「完全なハッピーエンド」を求める人には向かないストーリー展開です。
ゲームの展開上、幸せとかとはほぼ縁遠い、むしろ絶望的なものばっかですし。
でも、その中で少しでも希望を感じさせてくれるものとか、好きだったりします。

まぁ、どういう展開が好きで、どういう結末が幸せなものだと思うかは人それぞれですね。


あと…あのゲームはなんだかゲーム中で多くは語らず、プレイヤーに物語の展開を考えさせる、というのもあるよう。
一応、ゲーム中にアーカイブっていうアイテムもあって判断材料になるけど、
それを集めるのも大変らしく、加えてそれだけでもわからないところは多いらしいから。
そういうところも俺は好きなんですが!


ああ、ダメだ。こんなことを書くとやりたくなってしまうじゃねーか。

……そのうちやるつもりだけど。


2010年06月02日 (水) | 編集 |
現在、プレイ中のゲーム……

バイオハザード(GCの1リメイク版)

しかも、Wiiで改めて出されたものではなくてまんまGC版です。
でも、中古で元が2000円近く、セールで1400円になって、
使ってなかったポイントで500円引きで……さぁ、いくら!

と、まぁ、そんなノリで買ってきたわけです。
クローゼットのほうに入ってたGCを取り出してきてプレイです。


………プレイ中………


これ、画面が全体的に暗いし、見づらいアングルが逆に恐怖心煽るな。
(アングルが見づらいとか言ったらバイオはプレイしちゃダメなゆとりだと俺は思う)
2002年に出たものとしてはグラフィックは合格というか……当時を考えると、かなり高得点だと思う。

ちなみに1時代のバイオとしてはプレイの基本として

・弾はなるべく節約する(特に強力な武器ほど)
・避けられる戦闘は避ける(進路上で邪魔なのは倒す)
・とりあえず冷静さを失わないこと(これ重要)


な、わけで出てくるゾンビ全部相手にしてたらまずクリア不可能です。
だってゾンビ一体に最低でもハンドガンが7発近く必要になりますからね。
あと、探索が終わった部屋は戻ってこないこと多いですから……
プレイヤーの回避力が試されるゲームである!



今のバイオ5とかに慣れた人には向かないと思う。
全然別のゲームだしねー、セーブの方法も違うし。
でも5は5でアクション性が高くて好きだよ、俺は。


そういうわけでしばらくプレイしてます。
目指せ、無限ロケットランチャー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。