日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月29日 (火) | 編集 |
昨日のことは自分なりの答えを出してきました。
伝えるべき人たちにも、伝えてきました。

僕があと成すべきことは待つことのみ。
ひとまずやるべきことはやったので、塞ぎこむのは止めにします。
周りには迷惑をかけたくないので。

あとは、待つだけだ。
後悔なんてしていない。
スポンサーサイト


2009年09月28日 (月) | 編集 |
図らずとも塞ぎこんでいるかもしれません。

少し、馬鹿なことをしました。
ええ、大学関係のことではないんですけど、別方面で少し……
それでも人に迷惑をかけたことに変わりないんで…
たまにそれを表に出してしまうかも。

部活の人には迷惑をかけるかもしれません。
一部の方々には、もしかしたらお話をするかもしれません。
その時は静かに聞いてくれるなり、叱咤してくれるなりしてやってください。


ひとまず、自分を殴りたい気持ちでいっぱいです。


2009年09月26日 (土) | 編集 |
そういうわけで、ぴろしき氏がGMを務めるDX3における俺のPC、相川創真の設定。
キャラクター作成段階で、すでに頭の中には重度のシスコン兄貴ができあがっており、実際に完成、セッションをしたら、そりゃあもう見事なまでのシスコン兄貴で。
でも、やることはやるっていう、どこの主人公だお前的な。

前置きが長くなってるな。
というわけで、設定紹介いってみよー。
あ、能力値やエフェクトなどのデータ部分は割愛ということで。


【名前】相川・創真(あいかわ・そうま)
【年齢】18歳
【性別】男
【身長】176cm
【体重】68kg
【血液型】A型

【コードネーム】クリムゾン・ジャッジ(真紅の審判者)
【ワークス】なんでも屋
【カヴァー】高校生

【ブリード】ピュア
【シンドローム】ブラム=ストーカー

【覚醒】償い  【衝動】闘争

日本のある町で、高校に通う少年。
授業は必要最低限しか出ておらず、あとはサボって妹の見舞いに行ったりしてる。
それでも悪くない成績を収めてるような奴。

二年前に妹と共に交通事故に巻き込まれ、創真自身はなんとか一命をとりとめる。
しかし、妹はその時に意識不明の状態になってしまい、
強い後悔と“妹を救いたい”という想いからオーヴァードとしての覚醒を果たす。

ブラム=ストーカーに目覚めたのは、事故の際、失った血を取り戻すために他の犠牲者の血を啜って生き長らえたことに起因すると思われる。

オーヴァードとして覚醒してからは、妹の治療費や入院費を稼ぐために様々な仕事に手をつける。
中にはそれこそ犯罪紛いのものまであり、そうした生活の中で創真は世界の闇を知っていく。


・家族構成
※【】内は感情

父、相川・豪(ごう)【執着/嫌悪】
母、相川・初美(はつみ)【遺志/疎外感】
妹、相川・結(ゆい)【庇護/悔悟】

豪は創真たちが幼少の頃から、ろくに家に帰らず家族のことを顧みない人物。
実際、母・初美が死去した時や、結が意識不明の状態にある現在も連絡さえしてこない。
そのため、創真は強く父親のことを嫌悪している。

初美は創真が小学生の頃に病で死去。
その際、創真に「結を守ること」を約束した。それが現在の彼を突き動かすものであり、戦う理由である。

・UGNとの関係
頼まれた時のみ力を貸している状態で、その際には相応の報酬を要求している。
彼にとってUGNに協力することもまた仕事の一環のようなものなのである。

・友人関係
日頃から学校をサボってる創真に友人はほとんどおらず、唯一といってもいい友人は灰塚・流。
最初は疎ましくも思っていたが、最近は親近感を少なからず覚えることもあるので、嫌いではないといったところ。だからといって、別に好きというわけでもない。

・戦闘スタイル
道具に頼らず、独自に培ってきた格闘術を駆使して戦う。
戦いの中でわざと攻撃を受けたりすることで血を撒き、自分の攻撃ではそれを牽制などに使う。
また、相手の血を吸い取り、自身の体力を回復させることも可能。
この時、自身の右手が血で真っ赤に染まるため、コンボ名は≪緋に染まる右手≫

しかし、彼の真の力は追いつめられたときにこそ発揮される。
辺りに巻かれた血に働きかけ、無数の槍を生み出し、それを使って相手を串刺しにする。
創真はこれをドラキュラの元になったという串刺し公にちなんで、≪カズィクル・ベイ≫と呼んでいる。


2009年09月25日 (金) | 編集 |
遅ればせながら旅から帰還。
や……一昨日の時点で帰ってきてたけど、色々とやってたら連絡するのを忘れていた。

ひとまず、ダブルクロスのシナリオはプレイヤーの協力もあったため、
無事に成功させることができた。
参加してくれた皆はお疲れ!

機会があれば、またGMをやってみたいとも思っている。
まー、その前に幻想協奏曲もやらないとなーとは思いつつ……


ひとまず三日間、お疲れ様


2009年09月21日 (月) | 編集 |
ちょっと旅に出ます。
ちゃんと帰ってくるので探さないでください。


とりあえず、色々と頑張って、楽しんできます。


2009年09月19日 (土) | 編集 |
例の日まであと少しなんだけど、まいったことにシナリオが完成してないのが現状。
っていうか、予定から大幅に狂いが発生したりで修正も適宜、加えたので……

と、そうそうダブルクロスの上級ルールブックを買ってきました。
事前にいくつかわかってたけど、追加されたデータは以下の通り

・Dロイス(および、それに付随する新規エフェクト類)
・Sロイス
・ユニークアイテム
・世界観の説明
・Eロイス

とりあえず、例の日におけるシナリオではDロイスは使いません。
(ただし、デッドエンドに進んだ場合に登場するボスには持たせる予定)
(くどいようですがデッドエンドはよほどのことがない限り進むことはありません。が、万が一、進んだ場合は大変なことになりますゆえ)

Sロイスはあってもいいかなとは思うけど。

また、Eロイスに今回のシナリオで使いやすいものがあったのでそれは使います。
といっても、データ的になにかが変わるわけでもなく、演出で使いやすいかったからであって。
ただ、Eロイスは特殊なシステムがあるので、これでボスも無茶ができる……といいな。


とりあえず、現状、レネゲイドビーイング3人の普通の人間PC1人、プレイヤーも1人が参加不能になったことで誰かを入れるか、4人でやるか……


2009年09月13日 (日) | 編集 |
例の日まであと一週間近く。
プレイ予定のダブルクロスも、各PLがキャラクターもできてきたみたいなんで、あとはシナリオの完成と若干の調整を加えるだけとなった。

……ただ、まぁ、明日から授業開始なのでそっちに割ける時間も少なくなるわけですが。
授業は頑張らないと色々と大変なんで俺。

で、シナリオのほうはダブルクロス初参加者もいるので、あまり話が濃くならない……ようにしたいところだけど、元になってるのがシャルノスなので、どこまで濃くなるかは俺にもわからない。
一言いえるのは、普通のダブクロ世界観を頭に入れてやろうとしても無駄無駄ぁってことくらいか。

UGNもFHも出ないし。ってか、俺ってあの組織、どっちも使う気になれないです。
F.E.A.R.よ、すまない。どうしても独自世界観でやりたい俺なんでな。


ちなみに、今回はエンディングが分岐します。
……まぁ、条件は簡単ですのでご安心を。

・グッドエンド……言わずもがな、見事、物語をハッピーエンドで終わらせてください
・ノーマルエンド……ある条件が満たせなかった場合
・バッドエンド……文字通り、なにも言わないよ?
・デッドエンド……存在はするが、よほどのことがない限りはいかないと思う

デッドエンドは、例えるならヴァルキリープロファイルにおけるCエンディング。
さて、これでわかる人は何人いるかな?
ぶっちゃけ、PCがよほどひどい行動ばかりしなければ行くはずがない。

別名「お仕置きで殺しちゃいます♪」エンド

ここまで情報提示してるのは、GMなりの優しさ。
だから、シナリオ中は一切の優しさをなしにしますけどね……!


PLの皆、頑張れ!(爽やかな笑顔で)


2009年09月09日 (水) | 編集 |
というわけで、なんか購入してから三カ月経ってようやく「漆黒のシャルノス」終わりましたー。

赫炎のインガノックとはまた違う、暗さと重さがありながら、その中で暖かさがあって……もー、なんていうか本当にシナリオライターの桜井光氏に一度お会いしたい気分だ。
あと、AKIRA絵師にも。

こうなったらLiar-softにとっか……(謎の圧力で抹消されました)


まぁ、それらは置いといて、感想を残しておきます。
ネタバレ有なので見たい方だけ、どうぞ
[続きを読む...]


2009年09月07日 (月) | 編集 |
ハンドアウトを公開したら反応がすごい、すごい。
さてさて…いったい、誰がどのハンドアウトをやることになるのやら……GMとしても楽しみです。

そして、今日は一部の参加メンバーを呼び……むしろ、俺自身が呼ばれてキャラ作成でした。
とりあえず、キャラ作成についてはそれぞれ自由に。

思えば、それが始まりだったのだろうか。
いや、だが俺は後悔はしていないよ?
だってPCには楽しんでもらいたいから、PCが考えた設定は可能な限り使わせてもらうつもり。

まぁ、こっちで多少の追加設定はあるかもしれないけどね。


で、その結果、あるプレイヤーが生んだキャラクター
[続きを読む...]


2009年09月06日 (日) | 編集 |
合宿のセッションでは幻想協奏曲とダブルクロス3のどちらをやろうか迷ったけど、幻想協奏曲はまだテストや微調整などが必要な状態のため、合宿において俺はダブルクロス3をやることに決定です。

シナリオは以前から計画してある、漆黒のシャルノスをモチーフにしたもので。
……ちなみに、舞台設定は普通に現代日本なのでお間違えなく!

ただ、柊独自の設定をふんだんに交えていくのでその解説なんかとハンドアウトの紹介を先にしておきます。
ハンドアウトについてはなにか気になったり、不明な点ががあればGMに声をかけてみてください。

というわけで、詳しい内容は以下からどうぞ
[続きを読む...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。