日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月28日 (木) | 編集 |
気づけば一週間以上も放置してしまっていた。

えー、昨日(すでに一昨日)は絆の出撃メンバーによる飲み会でした。
みんな、たいして飲んだわけでもないが、メンバーがメンバーだけにすごい盛り上がりよう。
その中で、やはりというかやりへいだけは空気読まない発言が多い。

その一例

緋炎:「まじめな話、この後どうする?」
少し間をおいて
やりへい:「たこわさ~」

さすが、やりへいだ。どうしようもないぜ!
ちなみに、この部分は何気にプレーヤーで録音していたりする。

その後、数人が明日の用事などで帰り、残ったメンバーでカラオケに向かうことに。

残ったメンバー:私、緋炎、やりへい

ホントは猫氏や仁庭氏も入る予定だったが、諸事情によりキャンセル。
翌日の午前五時まで三人まで歌い明かすのでした。


で、私はバスが動いているわけもなく、歩いて家まで帰る。
一時間ぐらいかかるかと思ったら、そんなにかからず四十分ぐらいでした。

家に着いたのは五時半過ぎ。
そこから寝る。実は翌日にはバイトでした。


昼の十二時に起床し、バイトの時間までぼーっとする。
六時間近くは眠れたので特になにもなく、普通にバイトに出れましたよ。



で、実はここからが本題なんだが……

作品が書けない

ネタはできているのだが、いざ書こうとすると、やる気がおきなかったり。
調子に乗る時は乗れるんだけどなー。

今回も落とすかもしれん。
スポンサーサイト


2008年02月20日 (水) | 編集 |
本日、御剣氏が初GMを務めることとなったTRPG「ガンドッグ」のセッション。
参加人数は8人という、初GMの人にとって(それなりに経験を積んだ人でも大変だが)は大変な人数の中、いざセッションは始まった。

GM
御剣馨

GM補佐
太子

PC
ルガー・ルー(ぴろしき)
メメア(カルディアー)
ルーシー(霜ーヌ)
イワン(夢遊猫)
渚(夢咲緋炎)
ヴォルフ(いぬのやりへい)
アーノルド(仁庭十多)
シュライバー(柊)


ちなみに、私のキャラは私がプレイしてるパソゲー「Dies Irae」のキャラをまんま持ってきました。
いやぁ、ちょうど出来るならやってもいいかなぁって。
で、もう過去にキャラが二人も死んだ私はガンドッグでは悪役しかやらねぇと決めたわけで。

というわけで、悪役です。
今回、任務に参加したのもただの暇つぶし。
なにか殺せるならそれでいいやという投げやり的な対応。


任務の内容はエメラルドの鉱山で行方不明になった採掘員と三人の傭兵の生死の探索。
で、実際に鉱山の中に入ってみると目当ての傭兵二人は発見。
ここで一人は登場することもなく死亡。

しかし、一人は瀕死の状態にあり、メディックが治療することに。
が、ここで私は……


「あ~? 別に殺して楽にさせればいいじゃん? ってか、殺させろ」

完全な悪役発言。
まぁ、結局は助けましたが。


その後、奥でサソリのような化け物と遭遇。
しかし、こちらには恐ろしいまでの戦闘特化野郎どもがいた。


アーノルドのグレネードによる範囲攻撃。
ルガー・ルーのダメペナによる追加ダメージ。
シュライバーの1回の行動で6発ぶち込み。
etc…etc……

たいていの雑魚は行動も出来ずに撃破されていく。


しかし……あー、誰か殺してぇー。


そんなことを考えながら、話は進んでいき、ボスも倒してシナリオ終了。
結局、誰も殺せなかったなぁ……。
うぅ~む、ダメだな、もうガンドッグじゃ普通のプレイができないかもしれん。

だってさ、
良いキャラのロールプレイはフリューゲルの例のあれで満足したし、
戦闘特化型はヴェルナーでやったし、

だったら、あとは完全な悪役しかなくね?
ってか、シュライバー君はもともとそういうキャラです。


く、くくく、くけけけけけけけけけけけけけけ


2008年02月19日 (火) | 編集 |
来る2月27日に「機動戦士ガンダム 戦場の絆」がアップデート

今回の大まかな追加はグレートキャニオンがVer.2になるのと、多くの機体の様々な調整といったところ。


・マップ

グレートキャニオンをVer.2にアップ


・MS

連邦側

・ジム改
ジャンプ、ダッシュの機動による速度増に、全セッティングにおける硬直減
一部、武器のリロード時間の短縮

……やべぇ、やりへいがまた使いたいって言い出すぞ。

・ジム・キャノン
機動セッティングにおける体力値の減
キャノンの威力・命中率など調整
打たれ弱くなった分、武器は性能が上がった模様。

・Ez8を除く格闘機とジム、F2ザク
格闘(主に2撃目と3撃目)の威力低下、タックルの威力低下

・ガンキャノン
基本のキャノンがそれなりに使いやすくなったかと

・ガンタンク
対MS弾の発射間隔が長く


ジオン側

・ザク・キャノン
全セッティングにおいて体力値が増える
他、ジム・キャノンと同じくキャノンの調整。
こちらはさらに重量増加がなしになっている。

・グフ・カスタムを除く格闘機とザク、デザートザク、ザクF2
格闘(主に2撃目と3撃目)の威力低下とタックルの威力低下
ただし、ゴッグの威力低下は2撃目のみで、逆に3撃目は威力が上がっている
デザートザクも下がったのは3撃目のみで、1撃目は威力が上昇

・高機動型ゲルググ
マシンガンのリロード時間短縮

・ドム
拡散ビーム砲の性能をカメラ機能障害に変更

・ドム・キャノン
各キャノンの性能を調整

・ザクタンク
ガンタンクに同じ

・ザクタンクV-6
ザクタンクと同じに加え、ミサイルの追加コスト減&射程距離延長


他には、ブリーフィング時に持っていないカテゴリーを選択した場合はグレーアウト表示となり、他のプレイヤーにも持っていないことがわかるようになる。

いや、これは最初からつけておくべきだったのでは?



こんな感じ。
今回、恩恵を受けたのはやはりFAを除くキャンペーンの支給機体たち。
逆に格闘機が弱体しているが、その弱体がどれほどのものかによってまた変わるだろう。


ちなみに、最近またマッチングがおかしくなっていると思うのは私だけだろうか?
この前もこっちが大きくて大佐なのに、向こうは平然と将官が混じってることがよくある。

ま、私もなんちゃって一等兵で暴れまわってるからなー。
そうそう、そろそろジオンも上等兵になりかねない今日この頃です。

早くグフがほしいよー。
そしたら、やりへいを追い掛け回したいー♪

……猫との一騎打ちも面白そうだな?


2008年02月17日 (日) | 編集 |
16日に行われた私がGMを務めるTRPG「アルシャードガイア」。
プレイリポートは他の人に任せて、私自身は今回登場したNPCの紹介みたいなものでも。


・新宮辰也

新宮家の次男。
当主の補佐役も勤めているが、基本的にはN市内で起こる事件の調査・解決のために奔走している。それは事件後も変わらないが、最近では兄と共に行動している。
その一方では元気になっていく妹に対する、過保護……もとい兄バカぶりを発揮している。
アルシャードガイアにおいて、私が最も初期に生み出したキャラクター。

クラス:ブラックマジシャン/サモナー/ミスティック


・新宮宗矢

新宮家の長男。
ただ純粋に妹を助けるために奈落の力を借り受け事件を起こしたが、アクレイムらによって改心し、現在は贖罪のために辰也と共に様々な事件の解決に尽力している。
弟と同じく兄バカ。
GMのお気に入りキャラの一人でもあったりする。

クラス:ソードマスター/ファイター/ミスティック


・新宮静葉

新宮家の長女。
一年前にクエスターとして覚醒するも、ヴェルスパの力によって未来を夢で見ることができる代わりに命を吸われていたが、日野アキラのガイアの力によってクエスターとしての力を失う。
その後は弱まっていた体も力を取り戻していき、最近は学校に行けるようにもなってきた。
しかし、兄二人の過保護ぶりに少々、困り気味。
一応、陰陽師としての力は持っている。


・藤原政成

N市内で様々な事件などに通じている情報屋の男性。
クエスターや奈落についても知っており、多くのクエスターが彼のところを訪れている。
本人にはクエスターとしての力はない。

クラス:情報屋


・"嘆きの歌姫"リューネ

今回の事件で宗矢に加担していた奈落の使徒。
人間の嘆きを好み、そこから生まれる負の力を吸収することを喜びとしている。
時には他人に変装し、クエスターたちを騙すこともある。
しかし、今回ではなぜか出目が振るわず、ダメな子のフラグが立ってしまっている。


・"破滅の魔刃"ゼツ

リューネと行動を共にする奈落の騎士。
エンデにより奈落と人間の半分に分かたれたため、現在は完全な力を発揮できない。
しかし、それでも力は強いため、生半可な実力では返り討ちにあう恐れがある。
絶対にリューネに従うというようでもなく、分かたれた半身を追い、単独行動をしていることも多い。


・アンフィスバエナ

奈落から産み落とされた魔獣。
その体は大きく、全長を確認できたものはいない。
普段は地中を移動し、クエスターたちの前に姿を現すときは頭を地表に見せる。



・エンデ

クエスターたちの前に現れる謎の少女。
事件や奈落との戦いには深くまで突っ込みはしないが、助言や少しばかり手を貸すことはある。が、これらはすべて彼女の気紛れの性格によって変わるため、いつも助けてくれるというわけではない。
その正体は謎に包まれており、ブルースフィア以外にも多くの世界でその姿を目撃されている。


・シャドウ

ゼツの分かたれた半身。
奈落の騎士となるも強い意志によって人間としての理性を保っていたが、自分ではどうにもすることができない状態にあったところ、エンデによって救われる。
しかし、完全に戻ったわけでもなく、力の半分はゼツに持っていかれている。
現在は奈落の騎士となった時に犯した罪の贖罪と共に、失った力を取り戻すためにゼツを追い続けている。


だいたい、こんな感じか。
次回セッションでもこの中から数名は登場するかと思われる。まだ未定だが。


2008年02月13日 (水) | 編集 |
クレアラルドのキャラ作成とテストプレイの風景を書き込もうと打ち込んだら、間違えて追記のほうの記事を保存を押してしまったから、書いたものが全部消えてしまった……。

さすがにあれを書くのはもう無理。
もういいや、詳しくはぴろしき氏の「狂気の庭」へ。


2008年02月11日 (月) | 編集 |
昨日、今日と腹が痛くて死んでました、柊です。
普通の腹痛じゃなくて、なんだか断続的にくる痛みで、これがキツイのなんの。

今頃になって、ようやく回復してきた。


しかし、この状態で明日のバイトは大丈夫だろうか?
う~ん……最悪、代わってもらうか?


あと、一応、シナリオはほとんど完成。
あとは参加者によって適宜修正などを加えたりするぐらいか。



さて、安静のためにもう少し寝ようかな。


2008年02月07日 (木) | 編集 |
えー、暇だったので出撃してきました。
ジオンと連邦で1回ずつ。

とりあえず、今日はそのことを報告しようかと。


ジオン軍編
タイトル【ジオンさんところのゴッグ君はとても優秀です】

マッチング概要
ジオン・連邦共に一等兵3人、バンナム(二等兵)1人

機体
グフ
ゴッグ(私)
アッガイ
ズゴック

見事にプレイヤーが全員、格闘機という状況

戦闘開始してすぐ、3人で広い左ルート(連邦から見て右ルート)に向かおうとするが、今回はミノフスキー粒子が50%であることを思い出し、私だけは右の谷ルートを歩いて移動することに。

【回り込む!】

……誰も反応してくれねぇよ、ちくしょう。


そんな感じで仲間が戦いを始めた一方で一人、谷側をのっそりのっそりと歩いていく私の目の前に見えたのはどう見てもバンナムなジム・キャノンとなぜか逃げ場のない&狙いにくい場所にいるスナイパー。

……ヒャッホーイ!

ゴッグはいいカモを見つけた。

まず、バンナムを無視してスナイパーに三連撃&QDを決める。
相手、装甲1設定なのだろうが、これで半分以上は耐久力を削る。

ゴッグつえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!
改めてゴッグの強さを認識した瞬間でした。


そのまま、スナイパー、バンナムを狩り、どうしようかと考えていると復活したスナイパーがなにを考えているのか、こっちへ向かってくる。


馬鹿め! 人、それを蛮勇という!


という感じでまたスナイパーを狩る。


しかし、さすがに向こうも必死の抵抗は見せる上に、他の機体が攻めてくる。
一人孤立した私。
そんな私を神は見捨てなかった!

どこかからか飛来してくるミサイル。


バンナムだ、バンナムが助けに来てくれたぞ!

まるで自分が囮になるといわんばかりに、中距離機だというのに敵に向かっていくズゴック。
その間、敵の攻撃を逃れた私は逃げ切る。
が、バンナムといえど身を挺して守ってくれた者を私が見捨てるわけがなく、【もどれ】を連打。
それと同じく、バンナムの【了解!】を連打。

負傷しながらも戻ってきたバンナム。
ありがとう、お前の勇姿は無駄にはしない!

そんなバンナムを追いかけてきた寒冷地ジム。
格闘機3体でボコるが、時間は残り数秒。

落とせないかなーとか思いながら、最後にタックルをかます。


ガトー少佐:敵機撃破!


マジで!?
ちなみに、このとき残り1秒でした。
向こうの寒冷地ジムの人、驚いただろうなー。もしくは泣いたか?


しかし、最近はこうギリギリで落とすことが多くなったな、私。



こんな感じでバンナムと絆を育みながら、取ったランクはS!



続く第二戦目。
さきほどアッガイを選んだ人が今度はザク・キャノンに乗り換える。
同じく、バンナムもザク・キャノンに。

え? 私はもちろん、ゴッグですが?

今度は普通に左ルートを通る。
さすがに今回はスナイパーはおらず、向こうはバンナム以外は格闘と近距離で固めてくる。

グフと共に牽制するが、連撃を入れているとカットされる。

だが、私を舐めるな!

まず陸ガンを連撃&QDで撃破。
その後、寒冷地ジムにタックルをかまされ、窮地に陥るも、起き上がってすぐの無敵時間を利用して格闘攻撃を仕掛ける。
向こうはまたタックルを出そうとしたが、遅い!

ゴッグの爪が寒冷地ジムを粉砕!


すぐに私は拠点に戻り、耐久力を回復する。

そして回復後、一人グフが善戦している場へ向かう。

そこでまた先ほどと同じように陸ガンを3連撃&QDで撃破!
続いて、ジム・コマンドに邪魔されながらも残り耐久力がわずかで壁に向かって必死に後退してる寒冷地ジムをメガ粒子砲で撃破!


そのまま戦闘も終わり、またもやSランクゲット!



はわー、二戦連続でSランクが取れるとは思わなかったぜ。
なんちゃってとはいえ、ここまでやるのは難しいから、これってある意味の快挙?

いやー、爽快爽快。



あ、連邦軍フェリシダ第15MS小隊の皆さん、もしジオン側でメイリン・イナバ【東方の格闘家】を見たらご注意を。

それは私です!



連邦側はマッチングですでに敗北フラグが立っていたので割愛。
みんなで想像してくれ!


2008年02月07日 (木) | 編集 |
本日で19歳となりました、柊です。
別にこれといってなにかが変わったわけでもないんですがねー。

それに誕生日だからといって喜べるものでもない。
1年前のちょうど今日、7年間生活を共にしてきたペットのリスが安らかな眠りについたので、その一周忌でもあるわけです。


そんな喜びと悲しみを抱えながら、また一年、頑張りますかい。


2008年02月06日 (水) | 編集 |
バイトの帰り、TRPGになんだか興味のある友人と話をしていた。
で、一応アニメもやっていたことだし、ナイトウィザードを例にして、どんなキャラクターを作ってみるのかとかで盛り上がってみる。
内容については割愛。


が、これが私にある行動を起こさせる原因になろうとは、誰が思ったであろうか?
私自身も予測していなかった。



帰宅後、色々とやった後、私が出た行動


よし、ナイトウィザードのキャラクターを作ろう!


と、こんな感じで今の今までカイジとかネウロ見ながらキャラクター作成
その間、部誌に載せる作品のことなど忘れて……ちょっ、やめ、物を投げないで!
ごめんなさい!


とりあえず、出来たキャラクターの設定



名前:鶴来 心希(つるぎ しんき)
種族:人間
性別:男
年齢:18
ワークス:高校3年生
髪の色:黒
瞳の色:赤
肌の色:黄
身長:177cm
体重:67kg

ウィザードクラス:侍
スタイルクラス:アタッカー
属性:風/風

コネクション
緋室灯     関係:同行者
柊蓮司     関係:同志
子ノ日はるか  関係:幼馴染み
桐葉輝夜    関係:師匠


はい、名前を見てすぐにわかった人もいるかもしれません。
アルアリードのシンキ君の同一存在です。決して本人ではありませんので、あしからず。
現に年齢も違うしね。

輝明学園秋葉原校に通う高校3年生。部活には特に所属はしていない。
母親は日本に古来から存在する鬼種(侵魔にあらず)で、心希自身もその血をわずかながらではあるが受け継いでいる。そのため、目が赤い。
この辺はアルアリードのシンキと多少、通じるところがある。

現在、家族は健在であるも一人暮らし中。
学園では授業をサボることはたまにあるものの、成績は優秀。
そんな奴が学園のアイドルとも呼ばれる子ノ日はるかと幼馴染で、昼休みなどは時間を共にしていることが周囲からは不思議で仕方ないらしい。
本人は特に気にした様子もない。


それと同時に桐葉輝夜という昔ながらの剣の師がいる。
放課後などは家で一人過ごしているか、町をぶらぶらしているか、輝夜の道場で修練に励んでいるかのいずれかである。


緋室灯、柊蓮司とも面識あり。
特に柊蓮司に至ってはなんともいえない共感を抱いている同志である。



……なんでキャラクター設定だけにはこんなに力が入るんだろうねー。
金余ったからって色々とコネクションとったりしてねー。
完全な攻撃キャラだっていうねー。


カミュよりこっちを使おうかなとか思ったりしてる、今日この頃。


2008年02月04日 (月) | 編集 |
ジョニー氏がGMを務めようと画策中のTRPG「ニルヴァーナ」。
今回はその私のキャラクターを紹介しようかと思う。


名前:エルフィーナ・ドゥンケルハイト
種族:魔族
性別:女性
年齢:??歳(少なくとも200年は生きているが、それ以降は数えるのが面倒でわからない)
クラス:召喚師/魔導師

世界を崩壊へと導いた大事件「ホロコースト」以前から闇の世界に生きる吸血鬼の一族・ドゥンケルハイト家の令嬢であるが、束縛されることを何よりも嫌い、家を飛び出して自由気ままに自らのレガシー・ベルーフェンと各地を旅している。
無論、一箇所に留まることは嫌いで、自分が関わった土地が平穏になったら、すぐに次の場所へ向かうということを繰り返し続けている。
他人に利用されることを最も嫌う。
誰かの企みに力を貸すことよりも、自分で企み、それによって困る人々を見るのが好き。
身長が低いため、一見すると子供に見間違えられることがよくある。
もし、自分を子供扱いした者には相応の処罰を下す。

戦闘においては弓を持つものの、豊富な魔力による召喚術と魔導術を駆使して戦う。
ちなみに、召喚術の媒介となるのは自信のレガシーである。

愛称は「エル」もしくは「エルフィ」であるが、その名は彼女がホロコースト以前、唯一愛した人間の男性のみが呼ぶことを許されている。
その男性はホロコーストですでに死亡している。
彼以外の者が愛称で呼ぶことを激しく嫌い、度が過ぎると本気で殺しにかかる。



ちなみに、余談ではあるがドゥンケルハイトという名はドイツ語で「闇」を意味する。


だいたい、キャラクターはこんな感じだろうか。
一応、ジョニー氏のブログにアップされていた世界観の設定を用いて考えてみました。
そして、次はレガシーの設定を。


名前:ベルーフェン
形状:動物(パンダ)

エルフィーナのレガシー。
パンダと呼ばれる生物の姿をしており、その大きさは小柄なエルフィーナが乗れるくらいある。
普段からエルフィーナの乗り物として活動しているため、必ず町などでは目立つ。
戦闘中の移動、防御などもすべてエルフィーナではなく、このパンダが行う。
召喚術では媒介となり、エルフィーナから魔力を流されることによって、その召喚術に応じた姿形へと変化する。
エルフィーナが現状、最も信頼している相手である。

ちなみに、どうでもいいことだが掛け声は「パンダー!」である。

エルフィーナからもベルーフェンという名前ではなく、パンダと呼ばれることのほうが多い。




他のプレイヤーからはこのパンダのほうが私のキャラクターと思われているかもしれないが、私のキャラクターは吸血鬼少女のエルフィーナであって、パンダじゃありません!
そこんとこ、お忘れなく。

パンダは私の中では最強のネタキャラです。
これ、わかる人にしかわからない。


2008年02月03日 (日) | 編集 |
起きたら外が白いのにビックリ。
こう、寒いと布団から出たくないな。

そんな中、ちまちまとシナリオを作成中。
ハンドアウトとオープニングはある程度、完成。
ミドルとかはもうちょっとかかるかなー。


それとクライマックスでのPCが苦戦するようにちょっとした工夫を取り入れる。

さらに、PCの行動選択によってエンディングが変わるようにする。
ふとしたプレイヤーの一言がすぐにバッドエンディングに直結したり、後先考えずに加護を使いすぎたりすると、駄目なんだぜ?
ご利用は計画的に。
あ、これヒントね。



うむ、さて次のセッション日はいつにしようか。


2008年02月02日 (土) | 編集 |
起きたら2時でした。
まぁ、ここ最近はかなり睡眠時間を削ったりしていたので、仕方ないのかもしれない。
そして、物凄く肩が痛い。


今はTRPG「アルシャードガイア」の次回セッションのシナリオを作成中。
ちなみに、ボスデータはすでに出来てます。
これまでの教訓を活かし、もう本気で殺……ゲフンゲフン……本気で戦いますよ?

あと、前回で問題になった
《フレイヤ》に《ネルガル》を併用した際、《フレイヤ》を《エーギル》で無効化した場合、《ネルガル》の使用は無意味になるのか、という問題についてですが、解決しました。

結果 《ネルガル》は使用されなかったこととなり、所持者に戻ります。

公式のFAQにちゃんと書いてありました。
うん、よくよく考えてみれば以下の図式になるからそうなるはずなんだよね。

ボス・《フレイヤ》を使用し、追加行動を手に入れる
(この時点ではまだ追加行動を手に入れたのみである。攻撃はまだ宣言していない)

ボス・さらに《ネルガル》を宣言

ボス・攻撃を宣言
(ここで判定となる)

PC・《エーギル》を宣言し、《フレイヤ》を打ち消し

つまり、《フレイヤ》を打ち消された場合、この過程の一番目がなくなったこととなるため、ボスは追加行動を得られず、判定前の《ネルガル》を宣言しなかったこととなる。
そのため、《ネルガル》は差し戻されるとなる。

こんな簡単な図式でしたよ。
前回は《ネルガル》は無意味になったとしましたが、今後はそうしません。


また、PCたちがそれぞれ持つパーソナルクエストの達成によって得られる経験点配布は私がGMをつとめるセッションではなしとします。
これはパーソナルクエストがそれぞれ違うため、その内容によって達成が難しいというのと、それに関係したロールプレイをするのは人によっては難しいと判断したためです。


また、シナリオの状況などによっては一部ルールをGMの判断によって改変する可能性もありますので、その時にはご了承ください。



固定された枠にはまるのは嫌いなんですよ、私。


2008年02月01日 (金) | 編集 |
本日、私がGMを務めるTRPG「アルシャードガイア」のセッション日。

シナリオ名は「無限回廊」

GM


プレイヤー
アクレイム(カルディアー)
加東耕平(仁庭十多)
グロスター(御剣馨)
十六夜月夜(霜ーヌ・氷室)
リエン(夢咲緋炎)
日野アキラ(ぴろしき)
シュバルツ(いぬのやりへい)


今回は予定していたとおり、フォートレスルールを組み込んだシナリオ。
まぁ、おおむね成功といったところ。
闘技場システムなどの実装については今しばらくお待ちください。


レポートはしようと思ったが、色々な事情と理由、あと疲れたから割合。
楽しみにしていた人、許せ。
私にだって色々とあるんだ。色々とね。


今回、参加してくださった方、お疲れ様です。
そして、ありがとうございます。
次回セッションにもご期待ください。

ちなみに、次回は2月中旬か下旬ごろを予定。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。