日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年11月28日 (水) | 編集 |
着々と進行中のアルアリードSRC。
アイコンがどうしても見つからないので、しばらくそっちは放っておいてデータ作りに励む。


・シンキのデータ暫定的に完成。

既存SRC作品からシンキに近いキャラ、もしくはサムライキャラのデータを参考にして作成。
技もかなりオリジナルを入れて、戦闘アニメに関しては今のところ別作品のものを拝借。


メッセージデータはまだ未完成。
特定キャラに対しての特別メッセージはそれなりに思い浮かぶのだが、通常時のメッセージはどうしようかね~、とか思いながら作成中。




これに加えて、天狼メンバーのデータも作っていたりする私。
リーゼは原作に登場するとしても、団長ディズのデータは使うかな~?
スポンサーサイト


2007年11月23日 (金) | 編集 |
アイコンやデータ関連で少々、進行がストップ中のアルアリードSRC。
とりあえず、今日は大学でもそれが進むように&他の人の意見を取り入れるためにパソコンを持って大学へと向かう私。

あー、重い。
なんてのは重々、承知の上なので気にしない。


データに関してはあまり話せなかったが、今回のメインはキャラクターのアイコン。

いくつかアイコンパックを見て、どれがどのキャラクターにあてはまりそうかを論議。


今回で決まったのはフィリオぐらいか。
ルアヴェンのフードをかぶったキャラというのは、なかなか見つからないものだ。


シンキ?
そんなのとっくに決まっますよ?


2007年11月20日 (火) | 編集 |
パイロットデータはまぁ、それなりの状態なのだが……ここで少々、問題が発生かも。


ユニットデータの武装をいったいどうしようか。
通常武器はそれぞれがよく使ってる武器を持たせればいいし、あとはスキルを当てればいいんだけど、それだと寂しい気もする。


……あ、自分で作ればいいのか。


うん、そうしてしまえ!
でも、あんまりキャラクターのイメージを壊さない程度の武装にしよう。


あと、メッセージも結構、悩んだり。
キャラクターのイメージがぁ~~~~(泣)



先は長いぜ、アルアリードSRC化企画


2007年11月19日 (月) | 編集 |
今宵もまたアルアリードのSRC化の話をメインにしていこうじゃないか~。


とりあえず、またキャラクターの戦闘スタイルなどなど



今回はNPC&敵さん、そしてオマケ


・レイド(魔法攻撃型)
たぶん、前線にはほとんど出ないだろうが、一応。
邪悪なる奇跡による強力な攻撃を得意とし、燃費もそこそこ良い。
グ○ンゾン?
もし戦闘に参加する場合はゲスト扱い。

・アディス(近接攻撃型)
手に持った二つの鎌による近接攻撃をメインに、邪悪な奇跡も多少使えるオールラウンダー的な感じのキャラ。
彼女が登場したシナリオは、やたら彼女が目立ってたからなぁ。

・ライオット(疲労)
燃費が激しい。
さほど強くない邪悪な奇跡一発で、かなりのENを消費する。
もしくは毎ターン一定のENを消費する。
できるなら、序盤のボスキャラ辺りにしておきたい。

・タチ(近接攻撃型)
ジョニーの弟子なので、ジョニーとシンキの中間ぐらいのキャラに。
攻撃力はシンキ以上のジョニー以下、対して回避はジョニー以上のシンキ以下って感じ。
ジョニー、ライコウとのイベントは必須。

・ライコウ(近接攻撃型)
レイドと同じく、一部分ゲスト参戦キャラ。
能力値は全体的に高く、使える武装もそこそこ良いものが揃っている。
ネ○・グラン○ン?

・ムクロ
ゴメン、よく知らないのでスルー。

・ミアリード
基本的に戦闘には参加しない方向性で。
しかし、冒険者たちに重要な情報を与えたりする重要キャラクター。

・ジタン
冒険者たちをサポートしてくれるシーフ。
そこまで強くはないが、あるイベントの時だけは本当の力を垣間見せるかもしれない。

こっから先はボスクラスの敵さんたち


・オセ
位はそこそこだが、仮にも1012の魔王の一角であるため、強い。
なんか己の拳で戦いそうな感じの近接格闘型キャラを想定。

・バルスティン
堅い人。一人での特性はそれだけだろうが、周囲にアルアークの兵士たちを配置して、その連携攻撃を得意とする感じで。
あんまり存在感のなかったボス。

・アレクセイ(吸血鬼)
吸血鬼化したアレクセイ。
本来が回復に特化していたのに対し、攻撃型に変わっている。
それでも回復能力は持つ上、周りに厄介なザコキャラでも配置する。
中盤辺りにボス?

・エリゴール
トゥーレアの眼を治すシナリオの際に登場。
近接格闘型のボス。下半身が馬のため、移動力や運動性もそこそこ高そう。

・レルアス
ご存知、ルアヴェンとのBLが噂される究極生命体さん。
攻撃属性に吸、奪をつけて、原作の吸収能力を再現しようか考え中。
ただし、肉体に負荷が大きいのでターン毎にHPとENを消費する。
でも、きっと最凶のボスキャラになるかもしれない。

・リューガ(ドラゴン)
あんまり目立たずに死んでしまったが、一応。
終盤に登場するにしてはちょっと弱い感じに。
最後はやっぱりテラー・ドラゴンに喰われてしまうのか?

・ハジャ
随分と偉そうなことを言ってた割には、あんまり目立たなかった魔王。
それを払拭するためにも強く。魔王の名に相応しいぐらい強く。
イザヨイを吹っ飛ばすぐらいの勢いで。

・リコ
原作でSP攻撃が主だったため、攻撃属性に減を。

・テラー・ドラゴン
ラスボス。
能力などはまだ未定。


以下、シンキの周りのキャラの能力と設定。
多少、ネタバレみたいなのがあるため、気になる方だけ見てください。
見るのは自己責任で。
[続きを読む...]


2007年11月18日 (日) | 編集 |
カルディアー氏と合同で行っているTRPG「アルアリード」のSRC化企画。

とりあえず、まずはパイロットデータの作成に着手。
それぞれのPCのセッション中の行動や戦闘での活躍などから能力値を考える。
あとは個人的な視点から。


大まかな戦闘スタイルは以下のとおり。

ジョニー(一撃必殺型)
・格闘能力値は全キャラ中トップ。攻撃の要となるように。
 その代わり、燃費が悪く、回避能力も低く設定。
 ライカンの設定に関しては思索中。

シンキ(一撃離脱型)
・攻撃力はジョニーよりも劣るものの、回避は高く。
 これにより攻撃を当てながら、敵の攻撃を避けていくタイプのキャラに。
 防御能力は低く、避けなければダメージ大。

ルーク(後方支援型)
・歌による範囲支援アビリティ持ち。攻撃にも歌を使用。
 あるセッション中、自爆行為を行っていたため、精神コマンドには「自爆」を持たせることに。

ルアヴェン(魔法攻撃型)
・攻撃手段は少ないが、後方からの魔法による攻撃を行うキャラ。
 細かいことはまだ決まっていないため、これについてはまたカルディアー氏との相談して決めることに。

フォルロート(援護型)
・一人ではパッとした活躍はしないが、誰かを援護することで真価を発揮。
 「マスター自重」は絶対にやらせる。

イザヨイ(なんだろな)
・劣化版ジョニー。
 攻撃力は高いのだが、命中値は低いため、当たらない。
 防御力はジョニーほどではないのだが、回避値が低いため、当たる。
 精神コマンドで欠点を補うタイプ。

ハル(万能型)
・攻撃も行え、回復なども行える万能型を想定。

フィリオ(遠距離攻撃型)
・弓による遠距離攻撃を得意とする。
 が、決定的な一打を持たないため、削り役といったところか。
 背景君なので精神コマンド「隠れ身」は絶対。

シーゼル(特殊型)
・ホビットでシーフなので回避能力は全キャラNo.1。
 また、状態異常を与える攻撃方法を持つ。


以下、NPCの皆様。

アレクセイ(回復型)
・回復アビリティによる援護キャラに。
 また、アンデッド系に対して有効な特技を持たせようか考え中。

フィード(壁役)
・高い防御力を誇り、援護防御も持っているので味方を護るタイプに。
 攻撃も強いが、命中値は低い(が、イザヨイほどではない)。

ファランテ(中距離攻撃型)
・鋼糸と聖なる奇跡による中距離からの攻撃を得意とするキャラ。
 ハルとの合体技をやらせてー。

リーゼ(特殊型)
・統率持ちのため、援護攻撃を持つキャラとの相性抜群。
 シンキとの掛け合いなんかをやらせたい。


……と、ここまで来てさすがに多くなりすぎたし、まああんまり決まってないのでほどほどにしておく。

あとはこれらのキャラクターに近いアイコン探しを並行して行おうかと。
きっと、イザヨイが最大の障害になるかと。



うん、頑張ろう。


2007年11月15日 (木) | 編集 |
・戦場の絆


プレイヤー人数が増加したことに伴い、マッチング相手の検索時間の延長と実力差判定の厳格化が行われるようになったらしい。


なんだか今さらと思えてしまう。
前々からプレイヤー人数は多いだろうに、曹長とかで普通に将官戦に巻き込まれてはカモられていたので、さっさとやってくれないかとは考えていた。
で、ここに来ての対応。バンナム遅すぎ。


そして、これがいったい、どこまで信用できるのやら。



・Fate/Unlimited Codes

Fateがアーケードで格闘ゲームになります、来年。
3Dで……。

私としては2Dのほうが好きなんだ。
3Dは奥行きとかあったりして、やりにくかったりするから。
とりあえず、稼動を期待。



こんなものか。


2007年11月14日 (水) | 編集 |
カルディアー氏のSRCでアルアリードを、という記事に一人のSRCプレイヤーでもある私の魂が燃え始めた。


とりあえず、パイロットデータなどから手をつけていこうかと思っている。
まぁ、そこらへんはカルディアー氏などと話をしながらでも。


SRCは知っている人は知っていて、知らない人は本当に知らないからなぁ。
これを機会に部内で布教してみるか?


2007年11月11日 (日) | 編集 |
本日はアルアリードの最終回という予定でしたが、完全に終わりませんでした。
それもこれも、うちの大学の事情のせいです。



ええ、思えば私も去年はこの時期にそんなことをしましたよ。
なにかって……?





推薦入試さ!


ええ、そのせいで学校内に入ることはできず。
到着する直前にGMであるぴろしき氏から、その旨を伝えるメールが届いたのだが、時すでに遅しとはこのことか。

大学近くでどうするか考える。

結果、夢遊猫氏の別宅を借りて行うことに。



というわけで、午後3時よりセッション開始です。


GM
ぴろしき

PC
シンキ(柊)
ルアヴェン&フォルロート(カルディアー)
ハル(夢咲緋炎)
イザヨイ(霜ーヌ)

※場所を提供してくれた夢遊猫氏は、諸事情により参加不可。
感謝です。


オープニング

ハル
アルアーク聖神殿の命により古都ヘルフェンティアへ向かうファランテに同行し、古都へと向かう。

ルアヴェン
師匠ジャスベルから貰った探知機を元に、復活させたレルアスが古都にいることがわかり、今度こそ彼を救うために古都へ。

イザヨイ
蘇ったアンシであるが、主であるハジャからの供給を断たれた彼女の体が崩壊を起こし始め、それを防ぐためにはハジャの魔核が必要なため、そしてハジャとの決着を着けるために古都に向かう。

シンキ
リーゼと共に傭兵稼業をしながら旅をしていたが、その目の前に多くのグレーターデーモンを引き連れたリコ(後にミアリードの変装と判明)と出会い、リーゼが以前に彼女と契約を交わし力を手に入れていたことがわかる。
その契約の代償の証がリーゼに刻まれ、シンキは彼女の契約を破棄させるため、リコが待つ古都へ向かう。


そして、それぞれの想いを胸に秘め、冒険者達は古都ヘルフェンティアに集う。



古都は以前に来た時より静まり返り、空にはドラゴンが飛んでいる状態にあった。


1回目の情報収集フェイズ

トゥーレアのことが心配なシンキはすぐに城へ向かうが、その城門で竜の姿となったリューガに襲われ、リーゼと二人だけでは危険だと判断し、一時撤退する。

一方で、イザヨイは酒場にてリコと遭遇。
彼女はこの街から出られないという話に、私は違和感を覚える。

貧民街ではルアヴェンとハルが、NPCのジタンと出会う。
彼にデーモンのこととレルアスについての情報を仕入れてもらうように頼み、夜にまた再会することを約束する。



2回目の情報収集フェイズ

酒場でリコと対峙するシンキ。
シンキの言葉に激怒したリコは城で待つと言い残し、その場から消える。

イザヨイは中央公園でアークデーモンに襲われるが、アンシがこれを一蹴。
なんか、それ以上に大切な話があった気がするが……忘れた。

ルアヴェン、ハルは約束どおりにジタンに会いに行く。
彼の仕入れた情報によるとレルアスは城の地下牢にいるとのこと。
また、ジタンは地下牢に直接繋がっているルートを教えてくれる。


ここで、プレイヤーにルート選択が迫られる。

正面突破(リューガと戦う)
地下牢へ向かう(???)


イザヨイはリューガを倒してから地下牢へ向かえばいいんじゃないかと提案するが、それはかなり面倒くさいし、無視できるなら無視すればいいのでその提案は却下し、地下牢へ向かう。


地下牢では、そこにあったものを喰らい、自己崩壊を起こし始めているレルアスとリコに遭遇。

いきなり、ボスクラス2体との戦闘です。


リコは戦闘開始、ターン開始に使用できるスキルを使用不可にするという常時スキル持ち。
これによりハルがターン開始に使える支援スキルが使えなくなる。


レルアスは以前に全体攻撃を持っていたため、全員警戒しながら攻撃を行う。
それ以上に厄介だったのではリコ。
彼女の攻撃のほとんどがHPにダメージを与えない分、SPにダメージを与えるという厄介極まりない。

しかし、そのリコは3ターン目で撤退する。

これでボコすのはレルアスのみ!
が、彼もまた厄介で、ターン開始にランダムでなにかしらの効果(ほぼ自分に不利なものが多い)で、なぜかGMの出目がよく、2回ほど全体にダメージが与えられる。


苦戦しながらも、ハルがとどめを刺す。


あれー、本当はルアヴェンがどうにかする必要があるのにー。


まぁ、そんなこんなで元に戻ったレルアスだが、またもや彼は消滅の危機に陥る。

ここで夢咲氏がルアヴェンはエンゲージしていたのでと、レルアスの救済措置をGMに頼み込む。
これを聞き入れたGMは交渉判定に成功すればレルアスを助ける術を教えるとのこと。

しかし、その達成値は20。
ルアヴェンが成功するにはかなり難しい条件。

が、ここでGMの一言。
「じゃあカルディアー、なにか良いことを言ってくれたら達成値を下げますよ」

ようは良いロールプレイをしたら、達成値を下げるとのこと。


が、ここで凄いことが起きる。
カルディアー氏の必死のロールプレイに、全員が笑いを堪える。
終いには爆笑。


ゴメン、カルディアー氏。
あれには耐え切れんかったのです。ごめんなさい。

そして、BLなんて言ってごめんなさい。
もうあのネタは使いません。GMの規制もかかりそうなので。


レルアスを救う方法を手に入れたルアヴェン。
そして、一行はハジャのもとへ向かう。


ハジャ戦

王座の間に続く部屋でハジャと対峙する冒険者たち。
その奥からは竜の咆哮のようなものが聞こえ、シンキの耳にはトゥーレアの声も聞こえてくる。

逃げてくれと彼女は願うが、そんな声を耳にして逃げるわけもなく、トゥーレアを助けるためにシンキは刀を抜く。

うん、その時にロールプレイはしたが、恥ずかしいね。



今回はリコのような特殊能力はないため、ハルが支援スキルを使用。
これによって味方全員の攻撃力と防御力が高められる。

シンキにいたってはプチジョニー状態になっていた。


アンシを救うのに必要なハジャの魔核はイザヨイかアンシのどちらかがハジャを倒さなくては手に入らないらしい。


ま、別にそんなどうでもいいことは置いといて、戦闘開始。


ハジャは全員に攻撃が届く位置へと近づき、強力な攻撃を二連続で仕掛けてくる。
が、ここで二回とクリティカルで避けるという奇跡をシンキが起こす。


他の味方が生死判定を行う中、いまだに生死判定を一回も行っていない。
やべぇ、汚名返上か!?


そして、ハジャをみんなでタコ殴りにする。
とどめはイザヨイ。
条件は満たしたため、ハジャの魔核を手に入れる。



奥へ向かおうとするが、そこへリューガがこちらへ突撃してくる。
それがシンキを襲う瞬間、一体のドラゴンがリューガに喰らいつき、これを一瞬にして粉砕する。


城も崩壊を起こし、シンキたちも巻き込まれそうになるが、巨大な手によって城外へと連れ出される。
これはどうも魔王の一人であるジタンによるもの。


城外でジタン、ミアリード、レルアスと話をする冒険者達の目に、ドラゴンたちを一撃で倒していく巨大なドラゴン『テラー・ドラゴン』とその上に立つリコの姿。


古都を見捨てれば逃げることはできる。
冒険者達に決意を問うミアリード。


彼らはそれぞれの想いを口にし、リコとテラー・ドラゴンに戦いを挑む。
それに力を貸すミアリードだが、人間に過干渉する彼女を他の魔王たちが見逃すわけがなく、彼女は包囲されてしまう。
それでも彼女はリコとテラー・ドラゴンとの決着を冒険者に託し、大勢の魔王にも果敢に立ち向かっていく。


そして、異空間でリコとテラー・ドラゴンと対峙する冒険者達。
ここに最後の決戦が始まろうとしていた。





というところで、待て次回!!
いつになるかは不明です。





よし、それまでに私も頑張ってサイドストーリーを書き上げるとしよう。


2007年11月09日 (金) | 編集 |
なんとか基礎演習のレジュメ作成を終わらせることができた。
あとはこれを明日(もとい今日)、寝坊せずに提出してくれば万事オッケーだ!

やったぞ、私はやったんだ!



さて、話は変わって、今日は部活で各自の作品に対する感想会を行いました。


私の作品は概ね好評。
ただし、以下の部分で不満や要望なども。

・全体的に話が暗い

……これは仕方ないでしょ。
だって、もともと殺戮・バッドエンドっていうテーマなんだし。
暗くなるよな、普通?
私だけじゃないよね。


・元ネタが存在(今回の場合、ヴラド・ツェペシュ)するなら、その詳しい説明を入れたほうがいい。

ああ、確かにこれについてはそうだ。
私の中ではヴラドはメジャーなのだが、やはり一般人ともなるとヴラドなんて知ってる人はそうそういないだろうからな……配慮が足りなかったか。
ちなみに、一部の人は元ネタのヴラドがこの作品に出てきたヴラド(のフェイク)のオリジナルと思っているようだが、オリジナルは他にいるんだぜ?
と言ってみる。


・最後の謎の二人の登場人物

この二人については、もともと私の作品で色々なことをしでかしたり、静観させたりする予定。
私の作品のマスコットキャラみたいなものか。
きっといずれは主役になったり、チョイ役で顔見せしたりする……かも。

そこは、やはり私の気分次第だからなぁ。



ま、こんなものか。
いや、しかし、霜ーヌ。氷室の叩かれ様はすごかった。
仕方がないといえば仕方がないが、あの攻撃が私のほうに飛んでこなくて良かったー。


2007年11月08日 (木) | 編集 |
この先、色々と溜まった鬱憤をぶっちゃけてます。
正直、自分のことなのでそんなもの興味ないって人は見ないように。
混沌としてて、自分でもなにを書いてるのかわからなくなってますから。
[続きを読む...]


2007年11月07日 (水) | 編集 |
基礎演習のレジュメ提出日、今週の金曜。
社会福祉士の受験資格課程のレポート、来週の金曜。
そして、日々の授業(サボり気味)。


うん、真面目にやらないといけないのはわかってる。
わかってはいるんだが……!







遊んだっていいじゃないか!?

もう最近は大学行って、バイト行って、家に帰っての繰り返しなんだよ!
遊ぶ暇もないんだよ!
シンキの話が書けないんだよ!
東方がやりたいんだよ!



泣きたい、私の人生。
とりあえず、死なない程度にこれからも頑張っていきたい。


2007年11月06日 (火) | 編集 |
昨日書いたとおり、早速、東方シリーズを借りてきてインストール。

紅魔郷などをプレイ。
さすがに、昨日のような御剣氏が絶賛したCPUのようなプレイはできるわけがなく。

まぁ、地道にプレイしていきますか。


……と言いたいところだが、すでにこの記事を書いてる時点で午前の二時を回っているという事実。

そして、ここであることに気づいた。



大学の課題が二つもあったことを忘れてたんだぜ!
しかも、今週の金曜と来週の金曜までのものなんだぜ!



マズイな……。


2007年11月04日 (日) | 編集 |
文化祭、2日目。
1日目の記事はどうしたというのはなしで。


今日はシフトは入っていないので、御剣氏と共に廊下にある受付の横の席に座って個人的なことに集中する。

御剣氏は絵を。
私は文章を書いてました。


この時、御剣氏に東方キャラの中国さんの絵を描いてほしいとリクエストし、書いてもらい、その絵を貰いました。
ありがとう、御剣氏よ。
大切にするんだぜ!



で、文化祭が終わって部活の打ち上げ。
私、御剣氏、猫氏、天崎氏の四人で「東方花映塚」をプレイ。

ちなみに、私は「文化帖」を少しやったことがあるだけで、純粋なシューティングゲームとなる東方はこれが初。


ゲームに馴染むためにいくつかのキャラを使ってみる。
初心者ながらも頑張るんだぜ!

そして、小野塚小町を使って頑張る。
そしたら何度も勝ってしまう。


これに他の三人が対抗。
続けざまに私に挑んでくる。

いやいや、これを連続でやるなんて、厳しいから。
ブーンしちゃいますから。



でも、頑張りましたけどね。



他の三人が言うには、私はうまいらしい。
うーん、シューティングゲームの経験なんてほとんどないからなぁ。
うまいといわれても実感はわかない。


だが、これで私が東方の虜になったのは間違いない。
今度、借りて頑張るかなぁ。


2007年11月03日 (土) | 編集 |
というわけで、大学入って初めての文化祭です。

今日――というよりすでに昨日となっておりますが――は準備で大忙しです。
眠かったです。
五時間しか寝てないで、しかも歩いて大学に行く私。
どんだけ自分を虐めてるんだろ。


しかしだね。
途中でバイトに行かなくちゃならなくなったんだけど、なぜかバイトはいつも通りの元気を取り戻していたんだよ。
まぁ、そうじゃないと叱られるしね。



で、家に帰ってからは明日に備えて寝るのが一番なんだろうけど、素直にそうしないのが私の悪いところ。
兼ねてから考えており、それでも書けなかったシンキの話を書き始めました。
だって、大学に向かう途中に思いついちゃったんだから仕方ないじゃないか!


現在、2ページが終わる辺りまで書いた。
でも、これでまだほんの始まり。


さて、書き上げられるか、私。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。