日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年06月10日 (日) | 編集 |
現在、夜の三時です。
眠いです。とっても眠いです。

なんで起きてるのかって?
そりゃあ、ふと部活の冊子に出す作品を書き始めたら止まらなくなっちゃったんだから仕方がない。
この調子を崩すとまた書けなくなりそうだから、こうして起きて書いてるって寸法さ。

なら、ブログなんて書いてるなって?
たまに別のことしないと逆に詰まっちゃうのさ。


ちなみに、プロットなんてない。行き当たりばったり。
これでどんな作品が出来上がるのかな!?



以上、なんか馬鹿みたいな一人芝居みたいなの終了。
作品を書いてて三時ってのは本当の話ですよ?
スポンサーサイト


2007年06月10日 (日) | 編集 |
金曜日に部室でゲームをしていました。
正式な名称は覚えてないんですけど、通称は「人狼」。

ルールは簡単。
まずは人狼と村人に分かれます。
村人は自分達のなかに紛れた人狼を殺せば勝利。逆に、人狼は村人を全員、食い殺せば勝利。
互いの勝利の探りあいが鍵になるゲーム。
あと、ポーカーフェイスも。

ちなみに、今回のプレイ人数は14人。
あまりの人の多さに思わず驚き。部室が狭い!?


とりあえず、それは置いといてプレイ開始。
私は殺された人が村人か人狼かを知ることができる『霊能力者』。

1ターン目に私の右隣に座っていたカルディアーがリンチにあって死亡。
そして、夜に霊能力者として確認したところ、なんと村人!?
あー、かわいそうに。
などと思っていたら、次のターンのリンチで殺されました。
しかも決選投票の、大半の人に指差されて。


多数の死者を出しながらも、今回は村人側の勝利ー。


続いて二回目を開始。
今度はハムスター人間という役職が入りました。
なんでも、人狼に殺されない代わり、占い師に選ばれれば殺されるという特殊な役職。生き残れば勝ちらしい。

回ってきて欲しくないなー、とか思っていたら、なんと回ってきたー!?
なに、この巡り合わせ?

よし、ならば極力、発言は控えて生き残ることだけを考えよう。


とか考えていたら、またリンチにあって死にました。
しかも、また大半の人に指を指されて。
なんで? 私ってそんなに怪しいんですか?
ちょっと悲しくて泣けてきましたよ?

結局、村人たちは人狼に喰われて死にましたけどね。
ハムスター人間をリンチにするからだ。


***

その後、今月の冊子の綴じ込みをやった後、みんなでシャドウ・ハンターズをやることになりました。
久々だ。ようやく二週間ほど前に買った四面ダイスが日の目を見た。

一回目。
私はシャドウ勢の人狼。
一人に狙われ始めたところでカードを公開。特殊能力の反撃で無闇に攻撃できないようにしようと思った矢先、ハンター勢のエレンの特殊能力によって反撃が仕様不可能に!?
なんだって!? これじゃ、ただのHP高いだけの狼じゃねえか!
なんとかボコられながらも仲間を判別し、チマチマと戦っていたのだが、ここで仲間が恐ろしいことをしてくれました。
『妖刀マサムネ』と『機関銃』の恐るべきコンボ。
マサムネは射程に他プレイヤーが攻撃しなければならない上、絶対にヒットするというもの。
機関銃は射程内の全員を攻撃するというもの。
そのとき、仲間の射程にいたのはハンター一人と、私!!
こうして人狼は仲間に撃たれ、切り殺されましたとさ。

でも、その仲間がワイトで特殊能力を駆使して頑張ってくれたのでシャドウ勢は勝ちました。
それでも、なんだか釈然としないなぁ。



二戦目はカルディアーが選んだキャラによるプレイ。
ニュートラル勢はなし。ハンターとシャドウの血生臭い殺し合いです。

私は楓花。HPはそこそこだが、特殊能力は使いどころが重要になるもの。


だが、このプレイで恐ろしいことが起きる。
「未知なるもの」というキャラが二体も存在し、見事にハンター勢は騙され、同士討ちに近い状態で負けました。
「未知なるもの」……初めて、その恐ろしさを知った。


三戦目はニュートラルだけでプレイ。
ニュートラルは勝利条件が一人ひとり違うので、相手の行動による推理と言葉による駆け引きがとても重要になってくる。

私が引いたのは……キャサリン!!
わーい、このゲームの中で一番のお気に入り。
これまでニュートラルでは成金強欲野郎とか、自殺願望のジジイばっかりだったからなぁ。
キャサリンは一番最初に死ぬか、最後の二人になるまで生き残ることが勝利条件なんだけど。できれば、生き残らせたいと思いつつ、プレイ開始。

ダメージを食らっても、聖者のローブを奪ったりしながら死にたがりじゃないことをアピール。

だがしかし、キャサリンは悲しき運命から逃れられなかった。
御剣(ペンネーム)が引いた黒のカード、『呪いの人形』の標的にされてしまう。しかも、成功すれば死んでしまう状態。
外れろと願うも、無情にも呪いは成功。
キャサリンは死亡。

そしたら、御剣はなにを思ったのか、キャラクターをオープン。
現れたキャラはアグネス!?
え? それって右隣(つまり、私)が勝てば自分も勝ちってキャラじゃん。
なんでキャサリン狙われたの? なんで?


その後、しばらく私は半狂乱化しました。
私は気に入ったキャラに死なれると狂乱したりする性質なので、注意するべし。


あー、今回はあんまり勝てなかったなぁ。
また今度、頑張るとしよう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。