日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年06月29日 (金) | 編集 |
カプコン公式ホームページでプロモーション映像を試聴。

途中のキャラ紹介で、まだ発表されてないキャラらしきシルエットもいくつか確認。
とりあえず、現時点ではっきりしているものと、私がプロモーション映像から確認できたものと、確定ではないがそれらしきキャラと判断したのを列挙。

公式サイトで発表済み

・藤村大河
・衛宮士郎
・遠坂凛
・間桐桜
・イリヤ
・セイバー
・アーチャー
・ライダー
・ランサー
・キャスター
・バーサーカー
・アサシン
・ライオンセイバー

以上、13名

プロモーション映像で確認したもの。
※注意 これは私が見て、このキャラじゃないかと思ったものなので確証はなし。

・間桐慎二
・葛木宗一郎
・黒桜
・ギルガメッシュ
・カレン
・真アサシン
・黒セイバー(?)

あと一人いるんだけど、位置が悪くて確認できず。
しかし、カレンが確認できたからたぶん、バゼットだとは思うんだけど。

それと、カレンが出るとなるとホロウ以降のストーリーになるのだろうか?
つまり、言峰は出ない可能性が高い、と。
って、じゃあアヴェンジャーは?


うーん、更なる情報公開を期待。
スポンサーサイト


2007年06月26日 (火) | 編集 |
今日も先輩方と戦場の絆をプレイしにゲーセンへ。

メンバーは、
シンキ
ファンブルねこ
ミラクルにゃんこ
ラブハート
しいな
ヘ・タレー

以上の六名


一回目の出撃は8vs8。
初めてのニューヤークでいきなりか!
とか思いながらも、ガンタンクを出すためにジム・キャノンに搭乗。
拠点からあまり離れずに、みんなを援護。
あまりの混戦具合に思わず興奮してしまいましたよ。

8vs8はなんだか取得ポイントが高かったな。


その後、ガンタンクが支給されたので慣れるためにも使用。
基本はジム・キャノンと一緒なんだけど、私的にはこっちのほうが使いやすいような気がする。
結構、距離を置けば戦えるし。
ただ、近づかれたら逃げるしかなくなるんだけど。


三回目の出撃で、私はやってはいけないことをやってしまった。
拠点を一回、破壊してから修復完了後にもう一度、撃破をしたらあと三十秒近く残して戦闘が終了。
イヤホンからファンブルねこやミラクルにゃんこの悲鳴が響く。

なんでだろうとか思ったら、なんと二度目の拠点撃破でジオン軍のゲージがゼロになってしまったのだった。

他の方には悪いことをしました。

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいごめんなさい、ごめんなさい。


今度からはジオン軍のゲージにも気をつけながら拠点を破壊するように気をつけておこう。


四回目の出撃は、またもや8vs8。
この戦闘は本当にひどかった。
敵はほとんどが少佐とか中佐とか、大将とかってありえないでしょ?
頑張って戦ったけど、なんとか善戦したって感じで敗北。

とりあえず、陸戦型ガンダムは配給。
一等兵までもうすぐ。


最近は、本当に「戦場の絆」への出費が激しい。
楽しいからいいんだけどさ。もうちょっと値下がりしてもらいたいってのも本音。


2007年06月23日 (土) | 編集 |
今日も今日とて部室でゲームをプレイ。

ゲームは「人狼」。
以前のものとは違うタイプのものだが、基本的なルールなどは一緒。
違うのは、誰かが殺された時、その人の役職が公開されることぐらいか。

一回目、私は初めての村人。
次々に他の村人が喰われていったり、リンチにあって死んだり、ハンターが占い師を道連れにしたりと色々ありながらも、私にしては珍しく長生き。
残り村人が3、人狼2の状況で、昼の投票に。
もし、ここで村人が死ねば人狼の勝ち。

投票の結果は……
私に三票。
まぁ、人狼が二人もいるんだから仕方ないよな。


というわけで、一回目は人狼サイドの勝利で終了。



続いて第二回目。
私の役職は占い師。
一夜に一度、他プレイヤーを人狼か人間かを判断できる村人サイドの重要役職。
ちなみに、今回からハンターに代わってキューピッドという役職を追加。
これは誰か二人を恋人にできるというもので、恋人同士はどちらか一方が死ねば、もう一方も死ぬというもの。


他の村人が喰い殺されたり、リンチされて死んでいく中、私は人狼の一人を見つけ出して退治に成功するも、次の夜に食い殺されました。
あー、珍しく喰い殺されて死んだ。

次の昼の投票で残りの人狼が殺され、恋人とキューピッドの三人が生き残ったことで村人の勝利。
こんな綺麗な勝利、初めて見たなー。


三回目。
私の今度の役職は魔女。
人狼に殺された人を生き返らせる秘薬か、誰か一人を殺せる毒薬を一回だけ使える役。うまく立ち回れば、人狼を毒薬で殺せるので、他の人の役の見極めが重要。
とか言ってるみるが、悲劇は起こった。

一日目の夜は誰が人狼かもわからないので薬を使わないのでおいたのだが、次の昼の投票で約半数に指をさされて袋叩きに。
薬を使う暇もない。

というわけで、途中から私はレフェリー側に。
いや、だってねぇ……。

ゲームの経過を見て、号令をかけていくのだが、全員の役職を把握しているので誰が殺されたーとか、あの人まだ生き残ってるーなど見ていて面白い。


今回、キューピッドは村人と人狼を恋人に。
この場合、恋人の二人は協力して自分達以外の全員を殺すことが勝利条件に。だから、それ以外は負けに等しい……のだと思う。

結果は人狼が二人に、人狼と恋人状態の村人一人。
こうなると、恋人は勝利とは言えないので、片方の人狼の一人勝ちなのかな。


ま、結果なんていいや。
レフェリーを思う存分に楽しめたので。



次は定番ともいえる、シャドウハンターズを。

一回目の私のキャラはハンターの楓花。
……気のせいだろうか?
ハンターになると、この楓花かグレゴールが来る確率が高いのだが。
もっと他のキャラも来ようよ。
でも、どちらかといえばシャドウ側のほうがいい。みんな、強いから。


とりあえず、適当にプレイ。
仲間を把握しようにもオババカードが引けない(引かない)でわからないので、もう無差別に攻撃開始。ちょうど、機関銃も持ってたことだし。
でも、そんな行動が祟ったのか、狙われて死亡。
別にいいか。他の人が勝てばいいんだしね。


そんなで流れを見ていると、他のハンター勢が頑張ってくれて、ハンターの勝利。


続いて、第二回目。
今回の勢力配分はハンター3、シャドウ2、ニュートラル3。
私が引いたカードはグレゴール。
……もう嫌だ。またハンターだし、こいつ嫌いだし。
そんなことを心の中で思いながらプレイ開始。

またオババをほとんど引かずに、今度は敵がその正体を現すまでアイテム集めに勤しんだり。
正直なことを言ってしまえば、最初のほうで「いにしえの祭壇」にしか行けなかっただけだけど。


死にかけになった究極霊魂が姿を現したところで「希望と絶望の森」の効果で撃破。
その後、ワイトが登場。ワイトは特殊能力が場合によってはかなりの脅威となるのでグレゴールの特殊能力を使って、次の自ターンまで全てのダメージを無効化する保険をかけておく。
その間に色々と戦闘が起こって、ワイトはあと4ダメージで倒されるところまで追い詰められる。
「いにしえの祭壇」に移動した私は、他の人が持っていた「ロンギヌスの槍」(ハンターで正体を公開していれば、攻撃成功時にダメージ+2の効果)を手に入れ、ワイトを攻撃。

これで倒せる! と思ってダイスを振ったら、なんとこんな土壇場でのファンブル!?
うわあぁぁぁぁぁぁ! なにやってんのさ!?

次にワイトの攻撃で6ダメージという大ダメージを受けるも、他のハンターの攻撃によってワイトは倒され、ハンターの勝利。


グレゴール、今回は活躍。
途中、光臨が引けたのが最大の勝因か?


2007年06月21日 (木) | 編集 |
今日、大学に暇つぶしにと漫画を数冊、鞄に入れておいて後で見てみたら、一冊だけ汚れててショック!!

うわー、なぜだー。
他のは無事なのに、この一冊だけが被害に遭うなんて、なぜなんだー。

仕方ないので、帰りにエンターキングに寄ってもう一冊購入。
さて、この残ってしまったほうはどうしようか。


明日は漫画版ひぐらしの罪滅ぼし二巻の発売日だー。
部活のミーティングが終わったら買いに行くとしよう。

うーん、さすがに三ヶ月近く経つと授業が退屈&面倒になってくる。
こんなんでやっていけるかな?


2007年06月20日 (水) | 編集 |
締め切り、明後日だけど……たぶん、間に合わない。
あの土曜日の奇跡はその日限りのものでした。
話の内容は仕上がってるんだけど、納得のいく文章に仕上げられないんだよなー。

こんなダメな自分に泣けてきた。


2007年06月17日 (日) | 編集 |
うわっ、気づけば一週間も放置してた。
書くことも色々とあった気がするけど、今さら遅いか。


というわけで、今回はここ最近プレイしたSRCシナリオの感想とかを。


「万華の境~阿呆鳥~」
作者:ゼアルさん

公開された第二話までプレイ。
幻洸さん作「万華の境」のサイドストーリー的なシナリオ。
戦闘システムは基本のもの。本家にあったコンボシステムはない。
代わりにスペシャルパワーは普通に使用可能。


第二話のラストでは本家の物語と関わりのある展開があったのはよかった。
これから先でも、こんな感じのものがあることを期待。



ちなみに、万華の境は私も結構、影響を受けていたりする。


2007年06月10日 (日) | 編集 |
現在、夜の三時です。
眠いです。とっても眠いです。

なんで起きてるのかって?
そりゃあ、ふと部活の冊子に出す作品を書き始めたら止まらなくなっちゃったんだから仕方がない。
この調子を崩すとまた書けなくなりそうだから、こうして起きて書いてるって寸法さ。

なら、ブログなんて書いてるなって?
たまに別のことしないと逆に詰まっちゃうのさ。


ちなみに、プロットなんてない。行き当たりばったり。
これでどんな作品が出来上がるのかな!?



以上、なんか馬鹿みたいな一人芝居みたいなの終了。
作品を書いてて三時ってのは本当の話ですよ?


2007年06月10日 (日) | 編集 |
金曜日に部室でゲームをしていました。
正式な名称は覚えてないんですけど、通称は「人狼」。

ルールは簡単。
まずは人狼と村人に分かれます。
村人は自分達のなかに紛れた人狼を殺せば勝利。逆に、人狼は村人を全員、食い殺せば勝利。
互いの勝利の探りあいが鍵になるゲーム。
あと、ポーカーフェイスも。

ちなみに、今回のプレイ人数は14人。
あまりの人の多さに思わず驚き。部室が狭い!?


とりあえず、それは置いといてプレイ開始。
私は殺された人が村人か人狼かを知ることができる『霊能力者』。

1ターン目に私の右隣に座っていたカルディアーがリンチにあって死亡。
そして、夜に霊能力者として確認したところ、なんと村人!?
あー、かわいそうに。
などと思っていたら、次のターンのリンチで殺されました。
しかも決選投票の、大半の人に指差されて。


多数の死者を出しながらも、今回は村人側の勝利ー。


続いて二回目を開始。
今度はハムスター人間という役職が入りました。
なんでも、人狼に殺されない代わり、占い師に選ばれれば殺されるという特殊な役職。生き残れば勝ちらしい。

回ってきて欲しくないなー、とか思っていたら、なんと回ってきたー!?
なに、この巡り合わせ?

よし、ならば極力、発言は控えて生き残ることだけを考えよう。


とか考えていたら、またリンチにあって死にました。
しかも、また大半の人に指を指されて。
なんで? 私ってそんなに怪しいんですか?
ちょっと悲しくて泣けてきましたよ?

結局、村人たちは人狼に喰われて死にましたけどね。
ハムスター人間をリンチにするからだ。


***

その後、今月の冊子の綴じ込みをやった後、みんなでシャドウ・ハンターズをやることになりました。
久々だ。ようやく二週間ほど前に買った四面ダイスが日の目を見た。

一回目。
私はシャドウ勢の人狼。
一人に狙われ始めたところでカードを公開。特殊能力の反撃で無闇に攻撃できないようにしようと思った矢先、ハンター勢のエレンの特殊能力によって反撃が仕様不可能に!?
なんだって!? これじゃ、ただのHP高いだけの狼じゃねえか!
なんとかボコられながらも仲間を判別し、チマチマと戦っていたのだが、ここで仲間が恐ろしいことをしてくれました。
『妖刀マサムネ』と『機関銃』の恐るべきコンボ。
マサムネは射程に他プレイヤーが攻撃しなければならない上、絶対にヒットするというもの。
機関銃は射程内の全員を攻撃するというもの。
そのとき、仲間の射程にいたのはハンター一人と、私!!
こうして人狼は仲間に撃たれ、切り殺されましたとさ。

でも、その仲間がワイトで特殊能力を駆使して頑張ってくれたのでシャドウ勢は勝ちました。
それでも、なんだか釈然としないなぁ。



二戦目はカルディアーが選んだキャラによるプレイ。
ニュートラル勢はなし。ハンターとシャドウの血生臭い殺し合いです。

私は楓花。HPはそこそこだが、特殊能力は使いどころが重要になるもの。


だが、このプレイで恐ろしいことが起きる。
「未知なるもの」というキャラが二体も存在し、見事にハンター勢は騙され、同士討ちに近い状態で負けました。
「未知なるもの」……初めて、その恐ろしさを知った。


三戦目はニュートラルだけでプレイ。
ニュートラルは勝利条件が一人ひとり違うので、相手の行動による推理と言葉による駆け引きがとても重要になってくる。

私が引いたのは……キャサリン!!
わーい、このゲームの中で一番のお気に入り。
これまでニュートラルでは成金強欲野郎とか、自殺願望のジジイばっかりだったからなぁ。
キャサリンは一番最初に死ぬか、最後の二人になるまで生き残ることが勝利条件なんだけど。できれば、生き残らせたいと思いつつ、プレイ開始。

ダメージを食らっても、聖者のローブを奪ったりしながら死にたがりじゃないことをアピール。

だがしかし、キャサリンは悲しき運命から逃れられなかった。
御剣(ペンネーム)が引いた黒のカード、『呪いの人形』の標的にされてしまう。しかも、成功すれば死んでしまう状態。
外れろと願うも、無情にも呪いは成功。
キャサリンは死亡。

そしたら、御剣はなにを思ったのか、キャラクターをオープン。
現れたキャラはアグネス!?
え? それって右隣(つまり、私)が勝てば自分も勝ちってキャラじゃん。
なんでキャサリン狙われたの? なんで?


その後、しばらく私は半狂乱化しました。
私は気に入ったキャラに死なれると狂乱したりする性質なので、注意するべし。


あー、今回はあんまり勝てなかったなぁ。
また今度、頑張るとしよう。


2007年06月05日 (火) | 編集 |
なんだろ、この安直なタイトル。
まぁ、いいか。


というわけで、再び部活メンバーでゲーセンに行きました。
今回は更に二人の新兵が入って、計五人に。うはー、部活内だけでこれだけって凄いなー。


とりあえず、まずは前回と同じくファンブルねこ、ラブハートの二人とたまたま一緒になった人と共に出撃。
相手はバンダイナムコ。ようはコンピューター。

楽勝だー、とか思いながら突っ込んだら、返り討ちにあいました。
私だけ。
勝ちましたけどね。

そんで陸戦型ジムゲットー。わーい♪



次は新しい二人も入れて五人で出撃。

でも、相手のレベルが高すぎて負けました。
アッガイ強すぎるんだよ。邪魔するなよ、アッガイ。

もはや、今回はアッガイの独壇場だった気がする。


最後にラブハートが抜けて、四人で出撃。
今度はまたコンピューター戦。

新たに支給されたジム・キャノンを使ってみるが、どうも使いにくい。
やっぱり弾が放射線状に飛ぶからか。
こいつ使わないとスナイパーまで出ないからなぁ。


とりあえず、地道に頑張っていこう。


でも、一番の難題は金がないことか……。
バイトでも始めようかなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。