日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月04日 (土) | 編集 |
さて、私がTRPGを初めてそろそろ二年くらいが経つ。
プレイを重ねていくうち、キャラメイクを重ねていくうちに、誰がどんな傾向のキャラクターを作るのかというのが、だいたいわかり始めるというもの。

私の場合はその場のパーティバランスに合わせてになる場合や、ノリ、ネタに走るといったパターンが多い。
でも、基本的に前衛や攻撃役が多い。
なお、ネタに走った場合は恐ろしくGMさんは扱いにくくなると思われる。

……たまには後衛とかやりたいけど、うちのメンバーは後衛に回りたがる人とかが多いからなぁ。
……ふぅ

で……なんでこんなことを話しているかというと、つまりはその傾向というものは、その人のスタイルであると説明してもいいだろう。

そんなわけで本題……は長くなったから続きへ
[続きを読む...]
スポンサーサイト


2009年04月02日 (木) | 編集 |
このカテゴリも久しぶりだ。

そういうわけで嘘だと思わせといて、本当だった「紅夜兇月譚」の製作再開
というよりはリメイクに近いものなんですがね。

なので、以前のものは前作と呼びます。

前回はF.E.A.R.系(特にアリアンロッド)に近いものとなってましたが、今回はガンドッグやアルアリード・リメイクなどに近いシステムを使用する予定。


では、前作との違いをいくつか紹介


使用システム
DRS(デュアル・ロール・システム)
ガンドッグなどで使われているシステムで、私自身も気に入ってるシステム


世界観の作り直し
前作はまだちゃんとしたプレイがほとんどなされてない状態で、いくつもの世界が繋がってる……など、私の中だけで世界観が大きく膨らんでしまったため、世界観を作り直し。
……今度は走りすぎないようにしよう

目指すは、普通の現代能力者もの……ナイトウィザードとかシルバーレインとかを参考に


種族の削除
世界観の作り直しに伴い、PCの種族は人間のみに統一
じゃないと、現代物ではなかなか難しい

……クラスのほうで人間以外の特殊な存在になれるようなものを入れる、かもしれない


クラス総とっかえ
……ここまでくるとリメイク、というよりも新作だよなぁ~とか思ったら負け

クラスはちょっと特殊な感じになる、かも。
クラスを大きく白兵タイプや魔法タイプ、特殊タイプと分けたスタイルがあって、スタイルごとに得意分野や特徴などで分けられたクラスがある感じか。

まだ詳しいことは考えてない


絆はどうするか
パートナースキルは完全に幻想協奏曲に吸収されたので、こちらではオミット
絆自体はどうするか悩みどころだが……もしかしたら、ダブクロのようにセッション終了時に行う判定に使用するといったものになるかもしれない。
……この作品の場合だと、聖霊の力に呑まれないような意志を保てるか、というところか。

……聖霊の力に呑まれたら、化け物のなるというよりは、聖霊そのものと融合してしまう感じだ。
ようは、なにもすることもできない魂の集合体になって、また新しい宿主の力になるといった説明で、通じるだろうか?


…………やっぱり、これ紅夜というよりは別の作品のような気が、自分でもしてきた。
まぁ、紅夜を元に作り直してみるということで、しばらくカテゴリはこれで。

本当に別のものになってしまったと感じた時には戻します。


2008年12月04日 (木) | 編集 |
世界観を試行錯誤しながら作成中。
いやー、壮大になりすぎてて自分でもなにがなんだか状態になり始めつつあったけど、無理矢理にそれっぽく、やっつけ仕事でやってみたけど……これはなんて、ひどい。

魔霊が世界に現れるようになったのって、第二次世界大戦が原因なんだぜ?
大丈夫かな、この設定。
どっかから苦情でもこないものか……って、別に世間に出すわけじゃねえ。


ちなみに種族の設定も考えておこうかと思う。
まぁ、そのうちにでもここに上げておくとしましょうか。


今回はスキル作成についてはなし。


2008年12月02日 (火) | 編集 |
一言
「最近、このブログが紅夜の製作日誌になってきてる気がする。うん、たぶん、それは間違いじゃない」

製作状況
・スレイヤーのスキル完成
 なるべく元の形がなくならないように製作。

・基本的に使用するダイス 命中判定などはD10で、ダメージロールは基本D6で。

・スキルに関していくつか変更点
 1.以前までにレベル指定されてたスキルは、個別にスキルレベル上限を変更。
   ナイトウィザード2nd、セブンフォートレスM方式を利用。

 2.メインクラス限定スキルを作成
  一つのクラス(聖霊)につき、最低一つはメインクラスにしないと取得できないスキルを追加。
  メインクラスに関してはシルバーレインのジョブチェンジを参考に、クラスチェンジを行い、さらにレベルアップをしなくてはいけないので経験点がバカにならなくなるから、複数取得とか目指すと結構、大変。

今のところはおおまかにこんな感じか。
なお、スキルに関してはまだ暫定的なものであるため、追々、また皆とテストプレイをしてみて適宜、修正を入れていくという感じでOK?
そん時はよろしくお願いします。


2008年11月30日 (日) | 編集 |
今日の一言
「起きたら午後の3時だったんだぜ……orz」

そんな時間に起きると、特にどこかに行こうという気にもならないので、家で紅夜の製作をしてました。
システムの変更により、元の影がどこへやら。
F.E.A.R.のTRPG作成とかもこんなんなのかね。

とりあえず、種族・クラスごとの基本能力値……というか、技能値は決定。
残念ながら種族のアヤカシは導入前に断念。ちょっと多すぎなのと、難しいなぁと思って。


次はスキル作成か。
いくつかはそのまま使えるかもしれないけど、これも一から作り直しかな?
ああ、そうだ、ダメージロールで使うダイスをD6にするかD10にするか決めないとな。


最後に、作業中のBGMとかの紹介と、個人的コメントでも。

・Right hand from behind(赫炎のインガノックBGM)
主に戦闘中に使われてると思われる曲。
盛り上がり方が素晴らしく、どうしても単曲で欲しくて作業用BGMの動画から抽出まで。
喝采せよ! 喝采せよ!

・farewells(アズラエル主題歌)
アズラエルという昔のエロゲーの主題歌……らしい。
原作が死をテーマにしたゲームらしく、なかなかに切ない。

・Adenium(赫炎のインガノックOP曲)
赫炎のインガノックのOPの曲。
落ち着いた雰囲気からサビの盛り上がり方や、歌詞は素晴らしいと言わざるを得ない。
すげーなRita。

・Moving go on~そこから見える未来~(3-daysOP曲)
なんでエロゲーの曲ばっかなんだと思われるかもしれないが、いい曲なのだから仕方がない。
ちなみに基本的に原作は未プレイなものが多い。でも、このゲームだけはあまりやりたくないなぁ。
色々な意味で18禁で、多くの人にトラウマを残したゲームだから。

・VERB(GLAY)
GLAYはあまり聴かないんだけど、MADで使われてたのを聴き、気に入ったのでよく聴いてます。

・lasting the moonlight(東方vocal)
鍵山雛のアレンジ曲。最初のたった一部分だけ聞くと落ち着いた曲かと思いきや、それ以降は激しい曲に。
こういう激しい曲は嫌いじゃないです。気分が盛り上がってくるので。

他にもいくつかありますが、今日はここらで。
またの機会に紹介できたら。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。