日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年10月24日 (金) | 編集 |

ナイトウィザード The 3rd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)ナイトウィザード The 3rd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)
(2014/07/30)
菊池たけし、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る



ナイトウィザード The 3rd Edition リプレイ 壊れた世界の聖約(1) 月に願いを (ファミ通文庫)ナイトウィザード The 3rd Edition リプレイ 壊れた世界の聖約(1) 月に願いを (ファミ通文庫)
(2014/07/30)
菊池たけし、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る


しばらく前に発売した『ナイトウィザード The 3rd Edition』のルールブックとリプレイ本。
この二つを買って、帯についてる券を使って応募すると10名に直筆サイン色紙が、100名には栞セットが当たる、というキャンペーンがありました。
購入したのでせっかくだし、ダメ元で、「栞でも当たれば儲けもんかな」くらいに応募してみたんです。

そしたら

色紙

当たりました。色紙。

配達で受け取ったのは母親だったのですが、「色紙みたいだよー」と言われて
「なん…だと…?」とか思いながら配達物を見てみたら、たしかに色紙と書かれている。
で、開けてみたら、これですよ!
正直、予想外でした。
ちょうど、これが届いた日は嫌なこともあったのですが、これのおかげでだいぶ気が晴れました。

しかし、こういうこともあるものだね!
とりあえず保管方法を考えないと…。
スポンサーサイト


2013年06月26日 (水) | 編集 |
はい、というわけで風邪などでちょっと読むのが遅れましたが
ダブルクロスの新作リプレイ『コスモス』の1巻を読みました。


ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・コスモス-1    星のエトランゼ (富士見ドラゴンブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・コスモス-1 星のエトランゼ (富士見ドラゴンブック)
(2013/06/20)
加納 正顕、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る


加納さん、デイズのGM&執筆とナイツのPLが終わったばかりなのに実に頑張ってるなぁ。
で、最近は声優などをゲストに招いてるF.E.A.R.のリプレイですが、今回はBLAZBLUEのノベライズ版などを手掛けてる小説家、駒尾真子さんが参加。
……すみません、あなたの著書を読んだことはなかったです(汗

コンセプトは、多彩なサプリメントが出た後のスタンダードなダブルクロスとのこと。
でも、キャラ作成時点でだいぶスタンダードじゃないって思わされる面子な気がしないでもないが…あえて、何も言わないでおこう。その辺りは本文中でも触れられてるしね。

で、あとは一応、若干のネタバレ含むので続きから。
[続きを読む...]


2013年06月09日 (日) | 編集 |
久々にTRPGのお話。いえ、普段いつもあれこれと考えたりしています。
というか、あれこれと話したりしているのに結局、形にできずに終わってるものばかりでごめんなさい…。
形にしたいんだけど…こう、うまくいかない。
なんか腕、落ちたかもね…もしくは、ちょっとオリジナリティを強めにしようとしてうまくいってない感もあるかも。

以前にカルディア氏に話した、インガノックみたいな場所を舞台にしたものは、時間かかっても形にはしたい。

で、今、別口で考えてるのが…
地球とよく似てるけど、技術発達とかが進んでたり、大陸地図的なものが違う
パラレルワールド的な地球を舞台とした作品。
軍事的な技術の発達が著しく高かった国家が、ある時を境にまず周辺諸国を制圧・吸収して戦力を拡大させて、その後に他の国々に宣戦布告し、侵略行動を開始している的なのを想定。
…んー、FF6のガストラ帝国が近いだろうか。まぁ、ある種の王道な動きではあるよね。
魔法的な文化は存在しない……もしくは限りなく特殊なものとして扱われる世界を想定。

で、その侵略する側の国家は、発達した機械技術で作り上げた無人兵器や、訓練した兵士たちが主な戦力である一方で、極秘裏に開発していたウイルスをばら撒いてバイオテロを起こして、バイオハザード的なクリーチャーを誕生させたりするという感じ。
かなりやってることえげつない気もするが、そんな敵を想定していたりする。

つまるところ…参考にしてる作品の大部分は、メタルギアシリーズやバイオシリーズなど。
最近やってるもの多めですね!

一方で、PC側などは一部の国家が連携して結成した組織があり、戦闘ではパワードスーツを着て基本的な戦闘能力を上げつつ、ウイルス対策などを考えた装備で戦う部隊、という感じ。

たまにはこういう感じの作品を作ってみてぇ、とか思った次第です。
見切り発車感はすごい強いけどな!

とりあえず、色々と考えてみる。


2013年04月23日 (火) | 編集 |
読み終わったの二日ほど前なのに、記事に書くのが遅れた。
色々とあったのさ!

というわけで、今回はこちら


ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・ナイツ-5    ビヨンドザナイト (富士見ドラゴンブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・ナイツ-5 ビヨンドザナイト (富士見ドラゴンブック)
(2013/04/20)
矢野 俊策、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る


ダブルクロスリプレイ…ナイツシリーズ!
デイズに続き、ナイツも無事、完結を迎えました。ヒャッホォーイ!

では、いつも通り感想は続きから
[続きを読む...]


2012年12月20日 (木) | 編集 |
はい、俺がやってる某PBWの一つ「サイキックハーツ」
それのTRPG版のルールブックが本日、発売しました。


サイキックハーツRPGルールブック (富士見ドラゴンブック)サイキックハーツRPGルールブック (富士見ドラゴンブック)
(2012/12/20)
遠藤卓司/F.E.A.R.

商品詳細を見る


文庫サイズで約900円程度で買えます。
ただ、データを見た所PBW版との互換性は弱そう。
TRPG版独自のルールもありますし、ポジション効果などはTRPG用に調整されてます。
あと、SRS(アルシャードなどでも使用されてるスタンダードRPGシステム)を基本骨子にしているところもあり、ダメージ量などもまた色々と違います。
判定はちょっと難しそう…慣れないとサクサクやるのは難しそうである。
あと、攻撃力算出にも時間とかかかりそう。
この辺りはPBWを元に、なるべくやりやすいようにしてるだろうから…うん、しょうがないのかな。

まぁ…正直言っちゃいますと、本家が見切り発車が強くて、調整が必要なところもかなりあるわけですしね。

とまぁ、そんな感じに簡単で、わかりにくいレビューでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。