日々の出来事を中心に、色々なことを書いていくつもりです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年05月06日 (火) | 編集 |
2日、金曜の仕事が2時過ぎに終わり、午前3時に帰宅してから

熱出して倒れた、俺です。

おかげで3日に予定していた、俺が参加している某PBWのオフ会はキャンセル。
3、4日とずっと寝込んでました。

加えて、4日からは周期的に襲い掛かってくる腹痛と便意が合わさり、更なる地獄に。

そして、6日現在……熱は下がったが

腹痛が治まらない。

大した食事もできないので、トイレに入るには入るが、出るもんもほとんど出ない。
けれど、30分か1時間おきくらいに腹痛は襲い掛かってくる。
落ち着いても2時間。

吐き気はないので…たぶん、これ胃腸辺りになにかしら問題があると思うんよ。


……仕事は休めてるが、散々なGWになった…。
あ、俺、今年、厄年じゃん。後厄。
スポンサーサイト


2010年12月12日 (日) | 編集 |
夏あたりに見つけ、今現在もプレイし、更新を待ちわびてるSRCシナリオ「死神遊戯」
ちなみに、SRCとはなんぞや、という方は検索すれば簡単に見つかると思うので、自分でどんなものか確かめてください。(説明をめんどくさがってます)


死神遊戯は、最近のSRCシナリオの中でもすごい人気ですね。
最初は興味本位でやったわけなんですが、意外と自分ははまりました。

が、しかし…この作品、けっこう序盤で遊ぶ人を選ぶかもしれません。
まず、初っ端から死の描写やそれに類するキャラクターたちの性格……特に、序盤では主人公の「クズ」と形容するのが一番な性格でアウトだったり、色々とテンションのおかしな人たちがいっぱいなので、きっとそういうのがダメな人には向かない。

ただ、今のところ最新話である19話の途中までプレイして、意外と考えさせられる作品である。

ヒーローとはいったい、なんなのか。
ヒーローを目指すのは、いけないことなのか。
正義とは、悪とは。

なかなかに奥深い作品だったりします。
難易度も、そこそこ高かったり。…ボーナス狙うと特にね。

あとは、軽くキャラクターなどの個人的な感想などを続きに置いときます。
(本当に個人的で、独断と偏見もあるのでご注意を)
[続きを読む...]


2008年11月15日 (土) | 編集 |
先に一言
「意外に、対話形式の記事は反響が強かったようで、なによりです」

というわけで、今日は「幻想協奏曲」の主人公について語ろうかと思う。
どれかの作品から主人公を選出するというのもありでしたが、ここは世界が融合したのだから、オリジナルの主人公に頑張ってもらおうと思った。

で、どんな主人公がいいかなーと考える。
その間に他作品のキャラクター選出なんかも行ってて、ずっと後ろで「赫炎のインガノック」のMADとか見ていたわけです。
……よし、これを元にしてみよう。


というわけで、生まれたのが彼です。


「幻想協奏曲」主人公

・ギー
性別:男性
年齢:24歳

幾つもの世界が融合した際に起こった謎の衝撃波――通称、禍風の影響によって一部の人間に起こったイヴィル化と呼ばれる現象。彼はそれを治す方法を探して各地を旅していた。
そんな中で各TRPG作品のキャラクターと出会い、運命に立ち向かうこととなる。

彼自身もまたイヴィル化の影響を受けており、右腕が鉤爪のようなものに変わっている。
また特殊な術式の使い手でもあり、戦闘では右腕と魔術によるオールラウンダー的な戦い方を可能とする。


こんな感じの主人公となりました。
好きだな、俺、こういうキャラ。


さて、彼の物語はどう紡がれるのやら。


2008年11月11日 (火) | 編集 |
幻想協奏曲。
ネタとして出したものだが、ちょっとばかし実際に作れるよう考えてみる。

とりあえず二人ほど配役を立てて、会話仕立てで展開してみようと試みる。
長くなりそうなので、興味ある方はどうぞ続きから

[続きを読む...]


2008年11月05日 (水) | 編集 |
カルディア氏がファイアーエムブレムでアルアリード……もとい、スパロボ的なことを行っているので、ならばこちらはSRCで対抗してみるかなんて思い、考えてみた。


タイトル:幻想協奏曲-Phantasmagoria-


簡単なあらすじ的なもの
その日、世界は変貌した。
数多存在する世界。本来、干渉するはずのないそれらは、何者かの力によって混ざり、一つとなった。
それぞれの世界の住人は、ある者は世界を元に戻すために、またある者は混じり合った世界を自らの手中に収めんという野望を抱き、そしてある者は異変にもかかわらずいつもと同じ生活を送ったりしていた。

だが、彼らは気づいていなかった。
この世界を生み出した者たちが影で暗躍していることに。

そして、この混沌とした世界で、平和な生活を送っていた少年は、一人の少女との出会いを経て、戦いの渦中へと巻き込まれていくこととなる。


……即席で考えた割には意外としっかりしてるな(自分でもびっくり)。
メインはオリジナルで、そこに様々なTRPGの世界や話が関係してくるといったもの。
とりあえず、参戦作品とか考えてみようか。


参戦作品
オリジナル
アルアリード
アルアリード・リメイク
アルシャードガイア
ダブルクロス
りゅうたま(もとい、ヴァイたま?)
ガンドッグ
シルバーレイン(自分のしかいないが)
紅夜兇月譚

以上、9作品。
アリアンロッド・迷宮キングダム・ギガントマキアの3作品は除外。
理由としてはどんなキャラがいたのか覚えてない(←失礼)のと、扱いの難しさ(特にギガントマキア)、作品が多くなりすぎるので。

シルバーレインは私がオンラインセッション&PBW版に登録しているキャラクターのみの登場。


見どころはアルアリードとアルアリード・リメイク両作品の参戦?
リメイクメンバーが過去の英雄であるアルアリードの面々と出会うイベントなんか思いついたので。

もう一つはアルシャードガイアにおいて私が出したNPC「エンデ」とアルアリードの「ミアリード」。
たぶん、この2人は今がどんな状況になっているのか気づいているけど、傍観したり、時には味方を導く存在になったりといった感じになりそう。

ダブルクロスの面々は侵蝕率によるボーナスとペナルティはオミット。
正直、そこら辺をちゃんとやってたらメンドクサイ。


とかいう、妄想でした。
でも、私がその気になる、製作時間ができるといった条件がそろえば、いつかは実現するかも?

しかし、私はあえて言わせてもらおう。

(ずっと)製作中!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。